保健師になるにはどうしたらいいの?必要な資格や難易度とは!

保健師になるには 医療/福祉/介護

 

保健師の仕事は、地域の人々の健康を守り、病気にならないようにサポートすることです。

看護師は、病院で病気の人のケアを行いますが、保健師は逆にその病気にならないための予防ケアをするといった予防医学の視点で人々の健康を守っていきます。

今回は、地域の方々の健康を守る保健師になるにはどうしたらいいのか、必要な資格や難易度についてご紹介をしていきたいと思います。

 

保健師の仕事内容をわかりやすく説明します!

 

保健師の仕事内容は、主に、「健康診断・特定保健指導の実施」「メンタルヘルスの対応」「イベントや啓発活動の企画・実施」に分けられます。

保健師は、主に地域の保健所や保健センターに勤務し、健康診断での個別相談、健康診断表を参考に電話相談、家庭訪問などを行います。

そして、対象者の健康の状態を把握し、より健康状態を良くしたり、これ以上悪化させないように生活習慣の改善方法、アドバイスなどを具体的に提示していきます。

また、企業や健康保険組合で職員の健康管理を行うなど、産業保健の分野でも活動することができます。

産業保健の分野で働く保健師を、産業保健師といい、職員の心身の健康状態の把握、保健指導、疾病の予防を行います。

メンタルヘルスの状態を把握し、仕事量や勤務時間、労働環境など職場環境の改善などを提案することも可能です。

さらに、様々な地域の健康に関するイベントの普及、啓発活動の企画、実施を行い、地域の方々の健康に対する意識を高める活動も行っています。

 

保健師になるにはどうしたらいいの?

 

保健師になるには、看護師の免許取得が大前提です。

ですので、まずは3年制の看護専門学校に入学し、看護師の免許を取得したのちに保健師学校に1年通い、保健師の資格を取得する必要があります。

また、保健師の資格が取得できる看護大学の3年に編入し、保健師の国家試験を受けることもできます。

初めから、保健師の取得できる看護大学に入学し、看護師と保健師の資格をいっぺんにとることも可能です。

 

学校保健師にはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗学校保健師とは!必要な資格や年収、なるにはどうするの?

 

助産師になるにはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗助産師になるには費用はいくらかかる?助産師の資格は働きながらでも取れる?

 

保健師に必要な資格とは

 

先述したように、保健師になるには、看護師の資格取得が大前提です。

保健師の仕事は、対象者の健康を守ることです。

健康診断に基づいて、対象者の指導を行うわけですから、看護の知識がないと出来るはずがありません。

保健師になる前に、まずは看護の基礎を学ぶことが必要となります。

 

保健師免許の難易度はどれくらい?

 

過去5年の保健師国家試験合格率を見てみましょう。

 

107回保健師国家試験(2021年) 94.3%

106回保健師国家試験(2020年) 91.5%

105回保健師国家試験(2019年) 81.8%

104回保健師国家試験(2018年) 81.4%

103回保健師国家試験(2017年) 90.8%

 

104回、105回はいずれも80%代で他の回に比べて低めですが、それでも80~90%以上の合格率です。

保健師になるための勉強をしっかりしておけば、決して低い数字ではないでしょう。

 

保健師の給料や年収、看護師との給料の比較に関してはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗保健師の給料や収入とは!保健師と看護師ならどっちが給料がいいの?

 

公務員の保健師になるには

 

公務員の保健師とは、国や自治体が運営する施設や機関で働く保健師のことです。

保健師の国家試験に合格は必須ですが、もう一つ公務員試験を受ける必要があります。

公務員の保健師は、各都道府県や市町村により、募集人数や年齢制限も違いますので、注意が必要です。

公務員試験は、看護師や保健師の勉強内容とは全く別物。

教養試験や専門試験、小論文、面接などがあり、試験対策はかなり大変です。

確かに公務員の保健師は、雇用の安定、福利厚生面など充実していますが、その分、試験対策もしておかないと厳しい道となるでしょう。

 

未経験の主婦が保健師になるには

 

未経験の主婦が保健師になるには、道のりはかなり厳しいと思います。

まずは、看護師の免許が必要になりますので、看護専門学校か、看護大学に入学する必要があります。

今まで勉強してきていない分野ですし、実習もありますので、家庭との両立はかなり大変だと思います。

看護師の国家試験に合格すれば、次は保健師学校です。

保健師になるためには保健所や保健センターに実習にいかなければなりませんし、地域の方々に健康に対する意識を高めてもらうためにイベントの企画、運営、実施などをしなければいけません。

かなり大変にはなりますが、家族の健康を守るという主婦の仕事として役立つのは間違いないでしょう。

道のりは険しいですが、ご家族の協力のもと、挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

保健師は地域の人々の健康を守る仕事!

 

看護師は、病気の人の看護をするのですが、保健師の仕事は、病院以外の地域の人々の健康を守る仕事です。

私たちが地域で生き生きと活動していくために保健師は必要不可欠な存在。

まさに縁の下の力持ちなんですね!

ぜひ、保健師に興味がある学生さんは、挑戦してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました