エステティシャンになるには!必要な資格や給料・年収はいくら?履歴書の書き方や面接のポイントまで解説!

スポンサーリンク
エステティシャンになるには! 美容/理容/エステ

 

エステティシャンになるためには…何をしておいた方がいいのか?

どんな人でもなれるのか?など、エステティシャンになりたいなと考えている人への疑問がスッキリするような内容になっています!

やっぱり本音のお話、聞きたいですよね!

実際にエステサロンで働いた経験がある私が、気になる髪型やネイル、お給料や面接のコツなど意外と身近にいなくて分からないエステティシャンについてを詳しく説明していきます!!

 

エステティシャンになるには

 

エステティシャンとはボディ、フェイシャル、脱毛などの施術をし、お客様をきれいにしてさしあげる職業です。

それと一緒にエステティシャン側も美容の知識を沢山学べるのでどんどん綺麗になっていけます。

また、練習台になったりもするのでタダでエステを受けれる良さもありますね!

とにかく毎日美容についてお客様やスタッフとお話をするので、美容が大好き!という方にとてもオススメです。

 

エステティシャンに必要な資格や免許とは

 

エステティシャンは基本、国家資格がないので資格や免許がなくても働くことはできます。

でも、独学はなかなか難しいので、もしエステサロンに入社して勉強をするつもりの方は研修制度がしっかりとあるサロンを選ぶのはとても大事です。

基本的に多いのは、エステや美容の専門学校に行きエステのなんらかの資格を取ってからそのままエステに就職するパターンです。

美容専門学校で取れる資格というとAJESTEAEAが主な資格です。

その他にもCIDESCOINFA国際パスポートなど色んな資格があります。

専門学校によって取れる資格が変わってきます。

資格の内容はフェイシャルやボディ以外にもネイル、ヘア、メイクなども全てできて合格!になるのでとても大変だった思い出があります(笑)

個人的にサロンを始めるとなると、美容についての豊富な知識・経験・実績などが必要になってくるかと思うので資格は必須ですね。

資格がなくても個人的にマンションの一室などで始めることもできますが、集客が難しいのでお化粧品会社提携のエステサロンなどになるとやりやすいと思います!

 

エステティシャンの給料や年収はいくら?

 

気になるお給料面ですが、エステティシャン自体のお給料は悪くはないところが多いです。

大体20万前後で、そこから保険料などが引かれて…ということが大体です。

その基本給にプラスして自分の頑張った分のインセンティブがついたり、管理職など昇給していくとだんだんお給料は上がる、という仕組みになっています。

ボーナス自体がほんとにバラバラなので、2.3ヶ月分もらえる会社もあれば、本当にお小遣い程度の何万かがボーナスという会社もあります。

私の個人的な感想ですが、やっぱり大手の会社ほどボーナスは大きいです!

頑張って結果を出せた店舗、などによってもボーナスが変わってくることはよくあります。

 

エステティシャンの給料は安い?

 

基本、美容関係はお給料がお仕事に対して低い印象ですが、エステはその中でも良い方にはなっています。

それでも、拘束時間が長かったり意外と体力仕事なので,仕事に見合ったお給料をもらえていない”と言うエステティシャンは多いです。

私もエステで働く前に調べた時、そのようなことが沢山出てきて一瞬迷いました。

実際のところ正直それは思います。

それでも、うまく結果が出ればどんどんお給料にプラスされていくので、どんどん上に行きたい!って方と体力に自信がある!という方にとってはとてもいいお給料かと思います。

 

エステティシャンの実際の仕事のきつさに関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

エステティシャンはきつい?仕事内容やリアルな口コミ評判、辞めたい理由とは!
エステティシャンといえばキラキラした職業ですが、意外と離職率が高い職業でもあります。 お給料自体も悪くはなく美容に関わるので自分も綺麗になりながら好きなことをして働けるのになんで辞めたくなるんだろう?と私も入社する前は不思議に思ってい...

 

エステティシャンの髪型に決まりはある?

 

エステティシャンの髪型はほとんどが「夜会巻き」と呼ばれる髪型です。

専門学校の時にも練習するのですが、専用のコームを使い、夜のお仕事の女将さんのようにしっかりとまとめた髪型です。

その他にもシニヨンを使って後ろでまとめる髪型や、そのままボブの方もいます。

基本肩につかない長さであればまとめなくてもOKだったりします。

アレンジをしていたりただただ1つに結んでいる方はあまりお見かけしないです。

髪色も、エステティシャンというのは基本落ち着いた印象で、というのが大体なので厳しいところだとトーンが決まっていたり、特に決まりがないところでは明るすぎない自然な茶色であれば大丈夫というところもあります。

カラーで楽しみたい!という方は向いていないです。

 

エステティシャンはネイルOK?

 

基本お客様に触れるので、爪の長さは必ず短くないとダメというところがほとんどだと思います。

でも、サロンによっては派手でなくナチュラルな色であればネイルをOKにしているサロンもあります。

実はわたしのお友達のエステティシャンも大手で働いているのですが、薄めのベージュやピンクにしていて羨ましかったです。

私の会社はネイル一切NGでした…。

お客様とそういうお話によくなるのですが、全然気にならないけどね?!という方が多かった印象です。

ちなみにフットネイルはOKでした!そこで楽しんでいましたね。

 

エステティシャンは英語が必須?

 

外国の方も時々来ていただけます。

でも基本的なサロンであれば日本語が大体は話せる方が来られることがほとんどなので英語ができなくても基本困らないです。

一度あまり日本語が話せない方が来られた時は翻訳アプリを使って会話をしました。

高級サロンだと、もしかしたら英語が話せると採用してもらいやすい可能性もありますが基本なくても大丈夫です。

 

エステティシャンの志望動機の書き方や面接のポイント!

 

エステティシャンはお客様に必ず触れてお仕事をします。

なので、お客様に私の手や技術で癒しを提供したい!施術をするのが好き!お客様のお悩みを一緒に全力で解決したい!というスタッフが採用されているイメージを受けます。

やっぱり見た目が重視されるんでしょ?とよくお客様に言われますが、もちろん身だしなみや清潔感は必須です。

濃すぎるメイクやバサバサの髪の毛だと面接の時の印象はよくないです。

でも、お顔立ちが綺麗でないと、というのはないです。

痩身サロン志望であまりにも太っていると採用される確率は下がると思いますが、身長や体重で判断することはあまりないと思います。

なので、面接の際はどこを受ける時もそうですが、より一層綺麗なメイクでヘアはまとめて、清潔な印象を持ってもらえるような見た目に気をつけるといいかと思います。

面接でも履歴書でもそうですが、お客様に商品やメニューを紹介する時はこの人になりたい!と思ってもらえるようにお話しをしないといけないので、キラキラしてる人が欲しいと思います。

心からエステティシャンになりたいです!ここしかないです!という心持ちで履歴書を書き、面接に臨みましょう!

 

エステティシャンになりたいと考えている方へ

 

エステティシャンは憧れの職業ですよね。

髪型やネイルなど、規定はあり自由ではないですがとても綺麗になれるお仕事なのは間違いないです!

今がコンプレックスがあってもそれを改善できる術がエステには沢山あるし、見た目だけでなく、美容の知識やコミュニケーション能力、人間としての成長までしっかりできるお仕事だと思います。

大変ですがとても魅力的なお仕事なので、ぜひ検討してみてください!

タイトルとURLをコピーしました