アイリストはうつ病になる!給料や年収、すぐ辞める現実を元アイリストが暴露!

アイリストの給料 美容/理容/エステ

 

アイリストを仕事にしようと考えている人にとって、その給料はいくらか気になるところですよね。

今回はアイリストとして仕事をしていた私が給料はいくらもらえるのか、肩こりうつ病になるのかなどについてお話していきます。

この仕事に少しでも興味がある人は是非参考にしてみてください。

 

アイリストの給料や平均年収はいくら?

 

私が勤めていた会社では、3通りの働き方を選択することが出来ました。

 

◎完全歩合制(委託)

◎月給制(正社員)

◎時給制(アルバイト)

 

私は正社員としての採用だったので月の給料は、税金や年金などもろもろを引かれて15万円程度でした。

単純計算で年収は約180万円台となります。

これに指名料や店販の売上などが加算されると月の給料は変動します。

とはいっても、決して高い金額ではなく、むしろ高い技術を持っているのに安い給料と言えます。

これは美容師にも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

アイリストになるには

 

アイリストになるには、国家資格である美容師免許の取得が必須です。

美容師免許がなければアイリストとして仕事をすることができません。

なので、『将来はアイリスト一択!』という人でも、美容の専門学校へ通い美容師にまつわる技術や知識全般を勉強しなければいけません。

アイリストにはなりたいけど美容師になるつもりは一切ない人にとっては遠回りと感じたり、面倒くさく感じるかもしれませんね。

 

アイリストは肩こりが酷い?

 

肩こり、首凝り、背中の痛みや姿勢の悪さ、腰痛などどれも悩まされます。

施術時は、お客さんはベッドで寝てもらい目元を真上から見る感じで座りながら施術していきます。

マツエクのメニューは、最短のオフのみで15分、長いメニューで2時間ほど仰向けで横になったままです。

それにあわせてアイリストも座りっぱなしとなります。

目元という繊細なパーツに触れる仕事なので、万が一が起きる事は絶対に許されません。

とにかく神経を集中させて仕事をしているので終わったあとの疲労感はかなりすごいですね。

最悪の場合、失明させてしまうということも十分に考えられる仕事なので力が入ってしまう分、とてもしんどいです。

 

アイリストはうつ病になるって本当?

 

私自身、うつ病になったわけではないですが、その可能性も十分あり得ます。

しかしこの問題は、アイリストの仕事に限った事ではなく、どのジャンルのどんな業界の仕事でも考えられることではないでしょうか。

人間の数ほど、いろんな考えや性格があって、そこでも合う合わないは絶対に出てくるはずです。

全員に好かれる人も嫌われる人もいません。

スタッフ間でもお客さんとのやり取りでも不快に思わせないこと、相手を思いやる気持ちや言動に気を付けなければいけないですよね。

 

アイリストになるための必要な資格や仕事内容などに関してはこちらの記事で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

🔗アイリストの仕事はきつい?必要な資格や仕事内容、辞めたい理由とは!

 

アイリストの「あるある」話とは

 

アイリストあるあるは、スタッフ同士でエクステを付け合ったりするので常に顔の印象が変わることです。

エクステにもカラーバリエーションやカールの種類がたくさんあり、付け方次第でどんな風にもなれるのであれこれ試してみたくなるんですよね。

外したければすぐに外せますし、そこはアイリストのあるあるでもあり特権でもあると言えます。

 

アイリストのクレーム処理は大変?

 

私と仲の良かったスタッフがひどいお客さんに当たってしまい、終始大変で本部から責任者を呼ぶほどの騒動が過去にありました。

予約時間に遅れて来ていながら、しっかり本数は付けて欲しいという要望を言い始め、始めた時間が遅いのでそれは保証できないと伝えると更に怒りだしました。

そして最悪なことにそのお客さんが希望していたデザインは、まつ毛の状態が非常に悪く希望通りは難しいと伝えると更に怒りはピークに。

1時間以上施術をしながら文句を言われ続けていたスタッフは、その後しばらく心ここにあらず状態でした。

私自身も、やや面倒なお客さんに当たったことがありますが、その時間て本当に長く終わりがないのではと絶望的になってしまいます。

 

アイリストはすぐ辞める?

 

美容業界は、やはり出入りが激しい業界です。

アイリストもそのひとつと言えます。

定期的な技術チェックや勉強会などもありますが、頑張ってもその技術に到達できない人は最終的に辞めてしまいます。

アイリスト自体は辞めなくとも、店が合わず辞める人もたくさんいます。

 

まとめ

 

アイリストの仕事は美容師免許がある人しか就けない仕事です。

しかし、体力的にも精神的にも大変なことが多く、決して楽な仕事ではありません。

それでも長年悩んでいたコンプレックスをマツエクで解消し感動してもらえた時は素直に嬉しいです。

やりがいはとてもあります。

是非この仕事に興味のある方はチャレンジしてもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました