発毛サロン店勤務の給料はどれくらい?年収や面接のポイントとは!

発毛サロンの仕事給料 美容/理容/エステ

 

発毛サロンの求人をみつけたけど、実際お給料ってどれくらいもらえるの?

一人暮らしだけど食べていける?

今流行りのブラック企業じゃないよね?

など、実態がわからない会社は不安がいっぱいですよね。

なんとなく興味はあるけど受からなかったら嫌だし…となかなか勇気が出なくて諦めていませんか?

もう悩まなくて大丈夫です。

そんなあなたのために元発毛サロンスタッフが実際に経験してきた「発毛サロンスタッフのリアル」をお伝えします!

 

 

発毛サロン店勤務の給料や平均年収はいくら?

 

まず発毛サロンではカウンセラー」と「オペレーター」という2つの役割があって、それは入社する時に自分で選べます。

今回はオペレーターの給料についての説明になります。

※基本的にカウンセラーの方が給料はいいです。

入社して3か月間は試用期間になります。

社会保険などの福利厚生が全くなくて、手取り19万円です。

試用期間が終わると、社会保険と年金が4割引かれるようになり手取りは減ります。

交通費は公共交通機関のみ、2万円を上限にもらえます。

あとは皆勤手当として、休まなければ15,000円を毎月もらえます。

3か月に1度、評価があり、それにクリアしてオペレーターとしてのレベルがあがると、5,000円ずつ月給が上がっていきます。

でも所得税、住民税も引かれるので手取りはあまり増えません。

泊りの出張に行けば出張手当が1日3,000円つきます。

3年目くらいになると、だいたい手取りで22万円程もらえます。

年収は288万円くらいとなります。

でもここは頑張り次第なので、どんどんレベルアップして役職についたりするともっともらえますよ。

 

発毛サロン店勤務は給料安い?

 

月々の給料で言えば、一般的な事務職よりはもらえるイメージです。

仕事量などを考慮すると、多少安いかな…と思います。

でも普通に暮らしていくには全然困らない金額だと思います。

 

発毛サロン店勤務のボーナスや退職金はいくら?

 

残念ながら、ボーナスというものはありません。

何かの報酬として数千円、手当がついたことはあります。

ここの発毛サロンでしか使えない商品券を報酬としてもらったこともあります。

退職金は年数によりますが、4年働いて20万円くらいでした。

 

発毛サロン店で働くには

 

働くために必要な資格やスキルはありません

ただ、ヘアカラーが禁止なので、髪を黒く染めることが入社までの義務となっています。

年齢も不問なので、30歳を超えてから正社員になりたいと思っても、間に合います。

学歴も高卒であれば問題ないので、学歴がないからとか、もう歳だからという理由で正社員を諦めていた人にはチャンスがあります!

 

発毛サロン店勤務の志望動機の書き方や面接のポイント

 

ここで私が発毛サロンに応募したときの志望動機をお教えしますね。

書いた内容そのままです!

『私はコンプレックスを抱えている人の悩みを解消し、内面も明るく前向きになってもらえるような職業に就きたいと思い続けておりました。

事務職を長年続けてきましたが、やはり人に喜ばれる仕事がしたいと思い、理容店でのアルバイトを掛け持ちしております。

そこで感じたことは、薄毛で悩んでいる人が非常に多いということです。

身近にも不安に思いながら過ごしている人がおり、そういう人を1人でも多く救ってあげることができるよう全力で貴社の技術を学びます。』

という感じです。

内容は、素直に自分の気持ちを書いているだけです。

思っていないことを書くのは、質問されたときに答えられないので、これで良かったです。

書類で落とされることはないので、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

面接は応募した店舗で行います。

面接官は上司です。

私の時は上司と1対1でした。

まず印象的だった質問は、「結婚をする予定はあるか」という質問です。

本部には男性もいますが、店舗スタッフは女性だけです。

上司も女性です。

結婚をすると辞めてしまう人が多いからこの質問があるんだと思います。

というのも、就業時間が21時まで、休日は平日のみなので主婦には向かない職場だからです。

次に印象に残っている質問は「生理痛がひどくないか」です。

ただの体調不良と違って、毎月あるものなので、そのたびに休むとなると少し困るからだと思います。

女性なので仕方がないことですが、人数が限られている職場で1人いなくなるということがいかに周りに迷惑がかかるかと考えると、難しい問題ですよね。

かと言って、生理痛がひどいだけで落とされたりはしないので、素直に答えてもらえれば大丈夫です。

最後に印象に残っている質問は、「あなたがこれは誰にも負けないということはなんですか?」です。

これは急に言われて、一番困惑しました。

私はこれに何と答えたかというと…

「仕事をずっと掛け持ちしているので、体力には自信があります!」と…。

だめかな?と思いましたが、そのとき上司は「すばらしい!」と言ってくれました。

あとから聞いた話ですが、「なんだかんだ言って一番大事なのそれだよね」とスタッフみんなで盛り上がったそうです。

どんな質問がきても、何か言おうと一生懸命に考えること、明るく話すことが大事なポイントです。

ここの上司やスタッフはみんなプラス思考に物事を考えるように教育され続けているので、必ずいいところを見つけてくれます。

なので、頑張っていればちゃんと気づいてくれます。

大丈夫です。

 

発毛サロン店の仕事の将来性について

 

発毛サロンは脱毛に悩んでいる人をターゲットに絞っているため、需要はなくならないと思います。

しかし、専門のクリニックで薬が処方されるようになり、日本でも認可される薬も増えてきました。

今は誰にでも効果が出るような特効薬はなく、もしかしたら生えるかも、という期待だけで商売が成り立っている状況です。

医学が更に進歩したときに、発毛サロンのような不確かなものに大金をかけるような人がいったい何人いるのか。

そう考えた時に、残念ながら将来性はあまりないように思います。

とはいえ、そういう時代が来るのはまだずっと先だと思われますので、一定の効果がある以上、万人に効果が出るという魔法の薬が開発されるまでは、悩みを抱えている人に寄り添うという存在は必要だと思います。

 

まとめ

 

せっかく興味を持った仕事をやる前に諦めるのはもったいないですよね。

今回この記事を読んで、少しでもやってみようかな、と思えた人がいたら嬉しいです。

仕事は確かにきついかもしれませんが、人として学べることは多い職場です。

自分の成長のために、やりたいことを諦めないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました