タクシードライバーは給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

スポンサーリンク
タクシードライバーは給料安 サービス業/販売/飲食

 

交通手段に必要なタクシーのドライバーがどのように仕事されているのか気になりませんか?

給料システムや勤務体制についてもご紹介します。

売上がどのくらいあるのかなど実はあまり知られていない実情があります。

乗車することはあってもタクシー会社のことまでは知らない人が多いと思います。

仕事内容や必要な資格等についてもご紹介していきます。

何かと便利なタクシーについてもっと知ってみてください。

中見出し1:タクシードライバーの仕事内容や1日の流れ

タクシードライバーといっても勤務形態や勤務地によっても異なります。

個人タクシーも流通していますので一概にはいえませんが、今回はある1日についてご紹介していきます。

ご参考程度にご覧くださいませ。

 

13:00 出社

アルコールチェックを行ってから朝礼

 

13:30 出庫準備

車両点検および車内清掃

 

14:00 出庫

業務開始(自分の都合で休憩を3時間)

 

翌10:00 帰社

納金・洗車行います。

 

11:00 業務終了

次回の出勤スケジュールを確認

 

12:00頃 退勤

 

タクシードライバーの仕事はきつい?

 

タクシードライバーは、拘束時間が長いことできついと感じることがあります。

勤務形態にも寄りますが、勤務日はほとんど自由な時間はありません。

体力がある人は問題ないかと思いますが、歳を重ねるにつれて精神的にきつくなります。

また、顧客対応もありますので、きついと感じることもあります。

ニュースでも取り上げられていますが、タクシードライバーに対して悪態をつく方も中にはいます。

そういったことで精神負担になることがあります。

その一方で楽と言われることもあります。

その理由は、二種免許を取得すると働くことができるからです。

運転が好きな人は天職になります。

 

タクシードライバーに必要な資格や免許は

 

普通免許だけではタクシードライバーになることはできません。

タクシードライバーになるには、二種免許が必須となります。

賃金を頂戴して車を運転する仕事には、二種免許が必要となります。

二種免許は注意が必要になります。

条件がありますので、その条件をクリアしないと取得することができません。

それは、満21歳以上、第一免許を取得してから3年が経過していることです。

また場合によっては地理試験に合格する必要があります。

東京都や大阪府など都市部で働く際は合格を求められるケースがあります。

 

タクシードライバーの給料や年収はいくら?

 

雇用形態にもよりますが、平均年収は355万円程度です。

日本の平均年収からすると低い傾向があります。

中には、歩合制で働いていると400~500万円になることもあるみたいです。

個人タクシーなど企業によって異なります。

最近は、タクシー業界にとっても厳しい日々が続いています。

緊急事態宣言で外出する人が少なくなりました。

外食をしないことや夜間の外出がないことで利用率が減っています。

そういったことも今後影響してくる可能性があります。

 

タクシードライバーの給料は安い?

 

基本的に高くはないのが正直なところです。

拘束時間は長いのに給料が高くないことは有名な話です。

しかしながら、勤務形態が多様化していますので、歩合制であったり個人事業主であったりと稼ぐ方法が増えています。

特に、歩合制になると自分の能力次第で大幅な収入を得ることができます。

タクシーの稼働率をあげるために地理を勉強し交通状況を把握することが稼ぐことができます。

時間帯や曜日などあらゆる可能性を把握する必要あります。

 

タクシードライバーの口コミや評判は

 

極端に二極化しています。

その理由は、顧客対応で精神的にダメージを受けた人もいます。

逆に人間関係が苦手な人が運転技術を活用して仕事をすることができる素晴らしい業界とおっしゃっている方もいます。

給料が少ないという意見はあまり見受けられませんでした。

推測される理由は、お金を求めている人は案外少ないからです。

長く働きたいや運転が好きなど年齢を重ねても働くことができます。

また、顧客対応が好きという人もいます。

観光地などになるとガイドのように働くことができることに使命感を持っている方もいました。

街並みが好きなど好きでタクシードライバーに従事している人が多くいます。

 

まとめ

 

タクシードライバーは二種免許の取得が必須になりますが、取得さえすればすぐに働くことができます。

拘束時間は長くなりますが、休みなどしっかりと確保されています。

休みの日はしっかりと休息することができます。

この業界を目指してる人は事故がないように安全運転を心がけてください。

煽り運転など自動車事故が絶えない社会になっていますのでトラブルに巻き込まれないようご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました