リサイクル工場の仕事はきつい?資格や仕事内容、給料や年収はいくら?

リサイクル工場 運送業/物流/倉庫

 

現代では世に出回る製品の殆どがリサイクルされた素材で出来ており、そのリサイクル製品となるまでの過程で必要不可欠となるリサイクル工場。

リサイクルとなる製品や素材には金属・プラスチック・紙類と様々な分野がありますが、今回記事にするテーマでは、元リサイクル業従業員(金属類)であった私の経験を交えながら進めて行きたいと思います。

まずリサイクル工場の「仕事内容」からの「きつさ」、又どういった「資格」が必要なのかにも着目していきます。

あと収入面においても、誰もが気になる項目として「給料・年収」の実状を暴露します!

 

リサイクル工場の仕事内容や1日の流れ

 

この業種での多くが基本的には「工場勤務」といった位置付けとされており、鉄・紙・プラスチック類などトラックや専用の車両にてリサイクル材の引き取り並び、各中間処理場への運搬以外の殆どが場内作業となってます。

私自身が作業員として勤めてた金属類を扱うリサイクル工場でも、1日の流れは他の工場と殆ど同じです。

作業開始後、程なくして(朝8:00~8:30頃)業者や個人から工場へ持ち込まれる「リサイクル材の整理や寄り分け」、あと「引き取り」を専用車両にて依頼者(工場や個人)のもとへ出向きます。

そのように引き取ったリサイクル材を工場へ持ち帰り、再び整理や寄り分けをしたリサイクル材は会社が取引してる処理場へと運搬していきます。

因みにこの仕事でのトラックや専用車両を使った作業では、殆どが「工場内作業員としての付帯作業」とされてます。

 

リサイクル工場に必要な資格や求められるスキルとは

 

次に、この様な工場内では、多くが「専用機器や重機」などを用いた移動・吊り上げ・積み込み作業を行います。

私自身が過去に行ってた作業では扱うジャンルが金属類となりますので、その殆どが重量物である事から「5tフォークリフト」・「特殊なマグネットでの吊り上げ機器」・「天井式クレーン」等… を主に用い、それらには「国が定めた資格」から、「法に基づいた国家資格」まで様々です。

尚、工場内にてそれらの機器類を使用していく際での資格等は、国家資格以外でも国の安全基準に基づき原則として取得・所持をしなくてはなりません。

又それぞれ在るオペレーティング操作にも緻密な計算が最も要求される事となりますが、その殆どが各工場が取る安全指導の下での「実践訓練」となってます。

 

リサイクル工場の仕事はきつい?

 

まず殆どのリサイクル工場では、通常の工場にあるライン作業とは異なっており、基本的には「決まった作業のみを任される業務」となっておりません。

もちろんそれぞれ在る工場によってはパートタイム人員を用いたライン作業を別途で設けてる場合もありますが、過去の私の場合も含め殆どが「何でもあり作業」であり、その多くが「体を使った肉体労働」であります。

特に金属関係では、資源となるリサイクル材が金属類である故にとにかく何かにつけて全ての扱いが重い!

私の場合はまさに「金属類」でしたので辛かった…(笑)

 

産業廃棄物処理業の仕事内容やきつさに関してはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗産業廃棄物処理業者の仕事はきつい?資格や仕事内容、給料や年収はいくら?

 

リサイクル工場に向いている人、向いていない人は

 

向いている人

 

この仕事に関して私の経験上で言えるのは、体を動かす事が好き・体への過度な負担が掛かる肉体労働でも平気である等、会社側からは体力に自信がある人がもっとも魅力ある人材」として見られます。

補足的なものとしては、作業において用いる重機や機械類の操作に強い人詳しい人などは比較的どの工場においても優遇されます。

 

向いていない人

 

まず先にある事柄(向いている人)から真逆となるタイプ(体力に自信が無い・機械類に疎いなど)であり、何より安全面での意識が薄いタイプの人

リサイクル業での仕事の殆どが危険な作業を伴い、この業種においては常に安全意識が備わってないと不向きと判断されます。

 

リサイクル工場を体験した実際の口コミや評判

 

好きな仕事であれば、たとえリサイクル工場でも仕事に対して不満の口コミ・酷評などは基本見聞きする事も無いといえます。

少なくとも過去の経験者である私自身、性分に合う仕事でしたので楽しく業務に取り組めました。

ただ「雇って貰う会社によって」はそれぞれが持つ雇用条件から給与形態、挙句には業務内容への不満に繋がる口コミもちらほら見聞きしておりました。

ただこれらの多くは「承知の上での入社」となり、結局のところは自己責任の範疇となりますね…(笑)

 

リサイクル工場の給料や年収はいくら?

 

国内のリサイクル工場を総合し、平均値で見た場合ですと「月給は約27~35万円程」、「年収においては360~400万円程」となってます。

給与形態についてはリサイクル工場の多くが各種手当を含んだ「日給制」でありますが、工場によっては時給制や週給制も採用されております。

 

まとめ

 

この仕事で言える事はまず第一条件として肉体労働にて対しての抵抗が無い事。

次に機械類に対しての知識と操作技術の取得能力となって来ます。

リサイクル業の多くが給与面では悪くない待遇と言われておりますので、あとは安全第一とした「興味と好奇心」が最終的に自身の向き・不向きを決定するのです!

タイトルとURLをコピーしました