パナソニック工場の仕事はきつい?辞めたい理由や評判を元工場派遣労働者が暴露!

Panasonic派遣きつい? 工場/製造業

 

工場の派遣の仕事と聞くと、しんどい、きついという印象を持つ人が多いでしょうか?

実際に長時間働くシフトが基本となり、中には体力が必要である仕事もあると思います。

しかし、時給が高いものが多く、単純作業が得意な方やコツコツと仕事をすることが好きな人には安定して続けられる仕事とも言えるでしょう。

今回はパナソニック工場の派遣の仕事や、口コミ情報などをまとめてご紹介したいと思います。

 

パナソニック工場の派遣の仕事内容や1日の流れ

 

パナソニックの工場の派遣の仕事をしている方はどこかの派遣会社に登録し、そこから仕事をする人が多いです。

今回は、とある派遣会社に登録し仕事をする際の1日の流れをご紹介します。

 

出勤する

 

その日出勤する人たちは、基本的にどこか都市の大きな駅に朝集合し、工場までバスで送迎してもらいます。

工場のシフトはいくつかあります。

・朝から夕方過ぎまで

・昼から夜まで

・夜勤

です。

実働時間は残業時間や工場ごとのシフトによりますが、8~9時間ほどになります。

8:30~17:00出勤、45分休憩、残業時間は月に10~40時間などでイメージしてください。

県外に勤務先の工場がない場合、バスで1時間半から2時間かかる工場に行くこともあるため、朝から夜までのシフトの場合は駅での集合時間が6時など早朝になる場合があります。

 

着替える

 

工場ですので、私服ではなく専用の作業着に着替えます。

精密機械を取り扱う場所などでは着替えも決まりがしっかりとあり、全て貸し出してくれます。

 

作業をする

 

工場での仕事は工程ごとに分かれて仕事をするので、単純作業が多いです。

仕事が始まる時間になったら、自分がどこの工程での仕事をするか伝えられ、その場所に行って作業を開始します。

特別な経験が必要という仕事ではないので、初めての人でも安心して仕事ができると思います。

また、丁寧に、正確に仕事する作業も多いので、黙々と単純作業をこなすことが好きな人や、細かい作業が好きな人にとっては時間が過ぎるのも早く感じると思います。

逆に、細かい作業などが苦手な人にとっては少ししんどく感じるかもしれません。

 

パナソニック工場の派遣に必要な資格や求められるスキルとは

 

パナソニック工場の派遣の仕事では特別な資格は特に必要がありません。

ですが、以下のような人は重宝される人材になれるでしょう。

・細かい作業が得意

・単純作業が得意

・集中力がある

 

パナソニック工場の派遣の仕事はきつい?

 

実際にパナソニックの派遣の仕事はきついのでしょうか?

結論を言いますと、県外からパナソニックの工場に仕事に向かう場合、早朝に駅に集まらなければいけませんし、仕事は朝から始まり、夕方に仕事が終わっても家に帰る頃には夜中になることもあります。

ですから、通勤が遠い人にとっては体調管理や朝起きることがしんどくなる人がいるでしょう。

仕事自体は内容によりますが、体力を使う仕事の場合は、やはり疲れも出てきます。

細かい作業をする仕事の場合、集中力を使いますので、体力を使う仕事とは異なる疲れを感じる人もいるかもしれません。

また、工場の仕事は夜勤の仕事もあります。

夜勤でも仕事内容はほとんど変わらないと考えて良いですが、普段の生活が逆転しますので、しんどいと感じる人も一定数いるでしょう。

また、日勤の仕事と夜勤の仕事両方のシフトに入ると、体調管理が難しくなってくる原因になります。

他には、働く中で多くの人と関わるお仕事ですので、人間関係に問題がある場合、それもストレスと感じてしまう人もいるようです。

ですから、通勤時間が短く、仕事に向かい、終わったら家にすぐに帰り休む、ということができることが仕事をしんどいと感じるか、感じないかの違いになるでしょう。

パナソニックは大手ですので、福利厚生や休み時間、仕事時間の管理はとてもしっかりとしているので、残業代が払われない、休みが取れないということはないと考えて大丈夫です。

また、パナソニックの仕事は時給1200~1500円と高時給でもあるので、お給料も考えて自分に合うか合わないか考える人が多いでしょう。

 

パナソニックの工場の時給や福利厚生、面接のポイントは実際に働いていた人がこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗パナソニック工場の派遣の時給は安い?賞与や福利厚生、面接のポイントをご紹介!

 

パナソニック工場の派遣に向いている人、向いていない人とは

 

パナソニックの工場の仕事の派遣に向いている人、向いていない人はどのような人でしょうか?

 

パナソニックの工場の派遣に向いている人

 

・細かい作業が得意

・単純作業が得意

・黙々と作業することが好き

 

パナソニックの工場の派遣に向いていない人

 

・細かい作業が苦手

・常に動いていたい

・協調性がない

 

工場ですので、多くの人と働き、工場ではその日のうちに進めないといけない作業や、出荷しないといけない製品の数や目標が決まっています。

ですから黙々と作業することが得意で、多くの人と働くことが苦でない人が向いていると言えます。

 

パナソニック工場の派遣を体験した実際の口コミや評判

 

パナソニックの工場の派遣の仕事は、作業内容はしんどい、合わないということも人によってはありますが、やはり福利厚生がよく、休憩場所も充実しており、お給料も比較的良いと感じている人が多いようです。

休み時間もしっかりと取れますし、時給もしっかりと働いた分もらえます。

残業があるときもありますが、都合が合わないときは帰ることができます。

仕事内容さえ合えば、しっかりとした制度の中で働くことができる仕事と言えます。

 

パナソニック工場の派遣のストレスや辞めたい理由とは

 

パナソニック工場での派遣でストレスと感じることは、やはり労働時間が長い、夜勤と日勤を合わせて仕事をしようとして生活リズムが崩れた、通勤時間が長過ぎるなどで、体調に影響が出て辞めてしまう人が多いです。

また、工場ですので多くの人と働きます。

多くの人と働くということは、それだけ多くの人と関わることになり、時には人間関係が原因で辞めるという人もいます。

 

パナソニックの工場の仕事は良い?悪い?

 

今回はパナソニックの工場の仕事についてご紹介しました。

まとめますと、高時給で制度も整っているので仕事の環境としては良いでしょう。

しかし、自身の生活リズムに及ぼす影響や、単純作業をしていてしんどくないか、日勤か夜勤かなど、人それぞれ合う、合わないが大きく分かれる要素も多くある仕事と言えます。

自分にとっての優先順位を考えて、この仕事を考えると良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました