茨城県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
茨城年収 エリア別

 

茨城県は全国平均年収と比べても同等の業種が多く人気の場所となっています。

県民の所得は都道府県ランキングで8位と意外と上位にランクインしています。

農業が盛んで全国2位という脅威数値も誇っています。

北海道につぐ2位は意外と感じませんか?

茨城県の農業はカボチャやメロンやさつまいもなど全国でもブランド化されている商品が多いです。

国内でも消費されているので年収が確実に上がっています。

また、水産業も盛んな地域で豊富に魚が取れます。

こんな茨城県で就職や転職を検討している人に参考にしてもらえように年収をまとめました。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

茨城県の年収ランキング一覧は

 

茨城県内に本社を構える企業の平均年収を比較してランキングにしました。

こちらは有価証券報告を参考していますので一部公開されていない企業もありますのでご了承くださいませ。

就職や転職の際にご自身がどれくらい稼ぐことができるのか参考にしてみてください。

 

1位:めぶきフィナンシャルグループ(平均年収:約1,070万円)

2位:CYBERDYNE(平均年収:約660万円)

3位:暁飯島工業(平均年収:約590万円)

4位:助川電気工業(平均年収:約580万円)

5位:筑波銀行(平均年収:約570万円)

 

茨城県の平均年収の中央値は?

 

茨城県の中央値は417万円です。

茨城県といえば納豆が有名で誰もが知っていると思います。

それに加えて、お酒のイメージも持っている人がいると思います。

茨城県は、生成量が日本一を誇っています。

大手ビールメーカーのアサヒビールや麒麟麦お酒があります。

そういったこともあり、平均年収の中央値が高いと推測されます。

また、人口は全国で11番目に多い県でもあります。

 

茨城県の平均年収 30代

 

茨城県の30代平均年収は480万円です。

全国と比べると約50万円ほど高くなっています。

建設業や水産業で若くして活躍している人が多くいます。

建築業については今盛んにおこなわれています。

大型商業施設や住宅建設が増えています。

その重要性もあり、建設業の年収が上がっています。

また、巣産業については昔から有名でしたが、最近メディアの露出が増えています。

都心と比べて安く水産を購入できることもあり注目が集まっています。

 

茨城県の平均年収 40代

 

茨城県の40代平均年収は542万円です。

全国平均と比べると約66万も多いことが特徴的です。

男女の差は約200万円です。

女性が多く従事している繊維業は安い賃金で年収が上がっていません。

働き盛りの世代で役職がついているたり、マネジメントを求められている方も多く年収が高いことが伺えます。

都心から近いこともあり、人口の減少を抑えられていることも大きな理由だと推測されます。

高校卒業してから働くことでより多くの年収を得ている人がいます。

 

茨城県で年収1000万を超える人の割合は

 

茨城県で年収1,000万円以上超える割合は6%です。

意外なことにこの数値は東京都や神奈川県を押さえて関東No.1です。

茨城県は昔から起業する人が多く、また自分が住み慣れた土地で新しいことをする地域性があります。昔は「茨城県=成金」というイメージまでついていたほどです。

 

茨城県の年収は低い?

 

茨城県の年収が全国からみて上位に入りますので決して低いわけではありません。

当然、東京都と比較すると年収は落ちますが、首都圏地域でも十分高い水準を保っています。

その理由として人口減がそこまで大きくないことです。

他府県は人口減がかなり深刻なケースがありますが、茨城県では減少スピードが緩やかです。

そういったこともあり、年収が保てていると推測されています。

 

茨城県で年収1000万を狙える職業は

 

茨城県で年収1,000万円を超えようと思うと、コンサルティング職や研究職が理想です。

特にコンサル業についてチャンスが高く多くの企業が力を入れています。

都心部にも近いことや人口が多いこともあり、マーケティング観点で需要があります。

さらには、研究職は薬剤だけではなく飲料メーカーでも活躍します。

新商品の開発や農作物の安全性などを研究する人の年収は増加しています。

農作物については安心安全の意識が高くなっていますのでより需要が高いと思います。

 

茨城県で年収700万を狙える職業は

 

茨城県で年収700万円を狙える職業としては、金融関係に就くことでしょう。

茨城県と栃木県でシェア率がNo.1のめぶきファナンシャルグループは地域密着型として県民に信頼されています。

常陽銀行と足利銀行の傘下という利点もあり、年収が高くなっています。

若い世代でも高年収を狙えることもあるでしょう。

 

茨城県で年収600万を狙える職業は

 

設備工事関係の職に就くと、茨城県で年収600万円以上狙うことができます。

ビルの診察や保守・管理を行います。

工場が多い茨城県では重要性が高いです。

専門的な知識も必要になりますので簡単にできないこともあり高収入です。

東京都内だと競争企業も多くいますが、茨城県となると競争企業も少ないため設備工事・管理業者に勤めるといいでしょう。

 

茨城県で年収500万を狙える職業は

 

水産業や農産業は茨城県で年収500万円以上を狙えます。

水産業は日本でも有数の港がありますし、農作物については世界でも消費されています。

農作物の代表的なものとしてさつまいもがあげられます。

タピオカについで人気を伸ばしているのは焼き芋です。

タイや中国でも人気であり、茨城産のさつまいもが有名となりました。

需要が高いこともあり、年収500万円以上を狙うことができます。

 

関東でも年収が高く力がある茨城県

 

東京都や神奈川県があるせいで目立ちにくい茨城県ですが、実は魅力がある県です。

年収や仕事や生活面どれも素晴らしいものがあります。

年収をみると1000万円を超える人の割合が東京より多いです。

茨城県もまた働き甲斐のある地域と感じますね。

タイトルとURLをコピーしました