長野県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
長野年収ランキング エリア別

 

中部地方に属する都道府県で人口は約211万人の長野県。

県内総生産額は8兆240億円です。

海に面していない県ですが、観光地としては有名な場所です。

避暑地としても人気な場所で別荘などリゾートを味わう人が多く訪れます。

農産物も人気があり、りんごや葡萄など特産品が多いことが特徴です。

東日本最大の仏教建築物がある善光寺は日本各地から観光客が訪れます。

そのような影響もあり、観光業も需要が高く産業別に見ても良いバランスが取れています。

そんな長野県の年収をご紹介しますので就職や転職を検討する際にぜひ活用してみてください。

 

長野県の年収ランキング一覧は

 

歴史的遺産や温泉国立公園など豊かな自然資源に恵まれている長野県の平均年収ランキングを作成しました。

首都圏や北陸圏ともアクセスが良いことであらゆる産業が栄えています。

長野県内で編集の疑い上場企業をランキング形式にご紹介します。

 

1位:キッセイ薬品工業(平均年収:約791万円)

2位:HIOKI(平均年収:約780万円)

3位:セイコーエプソン(平均年収:770約万円)

4位:ヤマウラ(平均年収:約740万円)

5位:北野建設(平均年収:約720万円)

 

長野県の平均年収の中央値は?

 

長野県の年収中央値は386万円です。

全国平均よりも少し高い位置にいます。

盛んな産業が多くこのようなデータが生まれていると考えられています。

新鮮な食材を活かし、地産地消にも力を入れています。

別荘地などで人気のリゾートであり、多くの富裕層が長野県を訪れますので経済が回っています。

特に軽井沢ブランドは日本のみならず世界でも人気が集まっています。

 

長野県の平均年収 30代

 

長野県の30代平均年収は約421万円です。

男女の賃金差は120万円程度となっています。

長野県の特徴は飲料製造業の年収が高いことです。

自然が豊かな場所で水がおいしいこともあり、このようなデータが生まれているでしょう。

農業なども比較的高い年収を誇っています。

地産地消を掲げていることで需要が高く、さらには日本各地でも需要があることが影響しています。

しかしながら、繊維業などは賃金が低いことが課題となっています。

 

長野県の平均年収 40代

 

長野県の40代平均年収は約482万円です。

男女の賃金格差は、約200万円です。

女性の多くは一度家庭に入る世代が多くこのような数値になっていると推測されています。

40代になるとマネジメント職など会社の中枢を担う方が多く年収も高くなっています。

自然豊かな長野県では飲料製造業の年収が高くなっています。

さらには建設業など自然を生かした産業も成長している都道府県です。

 

長野県で年収1000万を超える人の割合は

 

長野県で年収1,000万円を超える割合は約4%です。

長野県は様々な産業があり、非常にバランスのとれた都道府県の1つです。

特に農業では農作物がブランド化となっておりますので需要も高く、労働者の賃金が高いです。

しかしながら、全国平均を見ると年収1,000万円を超える人の割合は少し低いです。

別荘地ということもあり、労働者は首都圏で働いていることが1つの要因と思われます。

 

長野県の年収は低い?

 

長野県の年収は全国よりも高いということで低いとは言えません。

年代や性別を問わず年収をみると長野県は445万円です。

全国では約440万円ですので少し高い年収です。

人口が多いことも良い影響を与えていると推測されています。例えば、15歳以上の男性の就業者は全国で1位です。

若い世代だけでなく65歳以上の就業者も全国で1位です。

幅広い年齢層の需要があり、しっかりと稼いでいることで全国よりも年収が高くなっています。

 

まとめ自然豊かで魅力のある長野県

 

長野県は農業や製造業や小売業など様々の業界が盛んな地域です。

そのためバランスのとれた都道府県であります。

長野県は軽井沢を中心にリゾート化やブランド化ができていますので需要も高く、観光業でも賑わっています。

そのため、経済がうまく回っており賃金も高いことが伺えます。

タイトルとURLをコピーしました