山梨県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
山梨年収ランキング エリア別

 

山梨県の平均年収ランキングについてご紹介します。

山梨県は、第一次・第二次産業の構成比が高いことが特徴です。

果実の収穫量は全国1位となっており特にぶどうやスモモ、桃は全国でも有名ブランドとなっています。

農業だけでなく製造業にも強い山梨県は、大手電気機器会社などあり、機械製造業が特に成長をしています。

しかしながら、小売業は苦戦しているので賃金格差がでています。

そのようなデータも紹介しながら山梨県内の企業についてご紹介していきます。

ぜひ、転職や就職の際にご活用ください。

 

山梨県の年収ランキング一覧は

 

山梨県の企業別年収ランキングは以下の通りです。

一部非公開の企業もありますので、参考程度にごらんください。

 

1位:ファナック(平均年収:約1364万円)

2位:トリケミカル研究所(平均年収:約742万円)

3位:キトー(平均年収:約635万円)

4位:山梨中央銀行(平均年収:約635万円)

5位:富士急行(平均年収:約574万円)

 

山梨県の平均年収の中央値は?

 

山梨県の平均年収の中央値は、約397万円です。

山梨県の特徴としては業種による年収の格差が目立つことです。

特に低いのが小売業界です。

一方で高いのは製造業が上位になっています。

第一次産業は江戸時代から盛んに行われています。

山梨県は寒暖差が大きく農業に適した地域が少ないですが、果実園などが盛り上がりを見せています。

また首都圏から近いこともあり、観光客誘致に力を入れています。

果物がりなど農園を中心とした食のイベントを豊富に開催しています。

 

山梨県の平均年収 30代

 

山梨県の30代平均年収は、約437万円です。

男女の格差を見ると約220万円の格差があります。

この数値を見ると全国平均でも男女の差が広がっていることが伺えます。

その原因の1つとして、女性が多く働く営業や小売業で年収が低いデータが出ているからです。

その一方で建設業や製造業などでは比較的高い年収となっています。

製造業については他の産業と比較してもずば抜けています。

水質がいい山梨県の特徴と言ってもいいでしょう。

 

山梨県の平均年収 40代

 

山梨県の40代平均年収は、約510万円です。

男女の格差を見ると、30代同様に約220万円の格差となっています。

40代になると役職がついて年収が上がっていきます。

40代の特徴として、建設業での年収が一気に上がっています。

技術と経験を積んだ方がマネージメントをする立場となり高い年収となっていると推測しています。

男女の格差が広がっていない理由としては第二次産業で製糸業での活躍です。

昔から盛んでしたが、若い世代に需要がなく40代後半から60代女性が多く活躍している産業です。

そのため、製糸業では女性の年収が高くなっています。

 

山梨県で年収1000万を超える人の割合は

 

山梨県で年収1000円を超える割合は、約5%です。

全国平均が約6%ですので、そこまで低いわけではありません。

東京の割合が約4.8%なので、首都圏より高いことがわかります。

 

山梨県の年収は低い?

 

山梨県の年収は、全国平均から見て高いと考えています。

全国のランキングを見ると山梨県は14位と上位にランクインしていることがわかります。

全国の中では間位の人口数ですか、経済面から見ると健闘していると思います。

それほど経済のバランスが良くこれからも成長すると注目されている都道府県です。

観光地も多く観光業での盛り上がりもあり、様々な産業で賃金が上昇しています。

日本の象徴とも言える富士山を近くで見ることができ、また昇ることなどもでき耐えないほどの人気です。

 

山梨県で年収1000万を狙える職業は

 

山梨県で年収1000万円を狙える職業は、プログラミング関係や電気機器大手に勤めることです。

まずプログラミングについては高年収と言われていますが山梨県では特に多くのプログラミングが重要視されています。

その理由は電気製造業が成長し続けていますので、ITなどもそのような力が必要となります。

また電気機器大手に勤めることで年収1000万円を超えるだけでなく安定した労働を手に入れることもできるでしょう。

日本の電気機器は、国内のみならず海外でも非常に価値があり評価されています。

 

山梨県で年収700万を狙える職業は

 

山梨県で年収700万円を超える職業は製造業です。

特に飲料やタバコ産業については若い世代から高年収を得られるデータがあります。

果実が豊富な山梨県ではそれを加工した商品などがあります。

県内だけでなく日本各地で販売されていることもあり需要と供給がバランスが良いことが特徴です。

水質もすごく良いので飲料業界にとっては山梨県で事業を行うのはメリットが多いです。

 

山梨県で年収600万を狙える職業は

 

山梨県で年収600万円を狙える職業は銀行員です。

将来的にも安定していることもあり人気の職業でもあります。

しかしながら近年ではメガバンクなど将来に不安視している方もいますが、山形県は銀行への信頼度が高く歴史もありますので今後も期待できる職業です。

多くの起業家や企業から融資を求められることもあり、まだまだ需要がある業界と言えます。

地方ならではの雇用形態と言うこともあり、他の業界よりも高年収となっています

 

山梨県で年収500万を狙える職業は

 

山梨県で年収500万円を狙える職業は、農業家で働くことです。

一般的には低賃金とされている農業ですが、山梨県は果実を中心とした有名なブランドが多数あります。

皆様もスーパーなどでよく目にすると思いますが、自然豊かな環境で育てられた果実は日本全国で親しまれています。

特に果実の旬の時期になると果物がりなど全国から注文が殺到する都道府県です。

 

まとめ自然の恵みが多い山梨県

 

山梨県は農作物が有名ですが、電気製造業などIT業界でも注目を集めている都道府県の1つです。

企業誘致などにも努めており、大手企業も山梨県に在籍しているケースがあります。

そのため高年収の労働者が増え続けています。

成長が著しい山梨県でぜひ就職や転職を検討してください。

タイトルとURLをコピーしました