石川県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
石川年収ランキング エリア別

 

日本の北陸地方に属する石川県は人口115万人と規模が大きい都道府県です。

山と海に面しており観光地としても人気の場所です。

能登半島には有名旅館などもあり、さらには温泉の場所としても人気のある地域です。

漁業や養殖業も盛んで生産額は約219億円となっています。

水産加工品も人気でかまぼこ類などは多く生産されています。

また石川県には建設機械の大手ブランド小松製作所があり国内シェアで1位を誇っている企業があります。

製造業で言えばイメージスキャナも世界トップシェアであり有名な製造業が多い地域です。

世界でも名の知れている石川県で就職や転職を検討している人は参考にしてください。

 

石川県の年収ランキング一覧は

 

石川県の平均年収ランキングをご紹介します。

伝統工芸品が多い石川県は輪島塗りや九谷焼などを36業種の伝統工芸品があります。

今回は、上場企業の年収データをもとにランキングを制作しました。

就職や転職の際にご活用ください。

 

1位:今村証券(平均年収:約693万円)

2位:北國銀行(平均年収:約650万円)

3位:澁谷工業(平均年収:約624万円)

4位:三谷産業(平均年収:約603万円)

5位:コマニー(平均年収:約600万円)

 

石川県の平均年収の中央値は?

 

石川県の平均年収中央値は約383万円です。

第一次産業の執行した人数が約2万5000人で農業を産出額は約600億と規模が大きいことが特徴です。

賃金を他府県と比較すると平均よりも高いことが伺えます。

特に他の地域と異なるのが繊維業の年収が高いことです。

昔から多くの方が従事している繊維工業が今も需要が高く賃金上昇しています。

機械関連事業は二輪車のチェーン部門やスポーク部門では国内トップシェアを誇っています。

そういったこともあり全国よりも少し高い中央値となっていると推測されています。

 

石川県の平均年収 30代

 

石川県の30代の平均年収はおよそ422万円となっています。

男女間では約80万円ほどの差が出ていて、男性の方が多く得ています。

 

石川県の平均年収 40代

 

石川県の40代平均年収は約495万円です。

男女の格差を見ると、約200万円となっています。

女性の多くが家庭に入るためこのような数値になっていると推測されています。

他の県と比べて大きく男女の格差が広がっていないのは、女性が活躍する場が確保されているからでしょう。

繊維工業については他府県どう比べ年収が高いです。

水産加工品などを取り扱っている小売業も多くその需要があり年収が上昇しています。

 

石川県で年収1000万を超える人の割合は

 

石川県で年収1000万円を超える割合は約5.5%です。

全国平均を見ても少し高い水準です。

新幹線が開通してから人の流れが変わり、多くの人が金沢を訪れるようになりました。

間もその人の流動を捉え、経済対策を打ってきました。

その象徴として金沢駅の改装は注目を集め、日本のみならず世界からも注目される場所となりました。

兼六園付近では無料バスなどの観光ルートを強化して様々な施策を作ってます。

そういったこともあり需要と供給のバランスが良く年収を1000万円を超える人が増加しています。

 

石川県の年収は低い?

 

石川県の年収は都道府県ランキングで21位です。

東北・北陸地方の中ではトップの年収となっています。

人口も多く注目され続けている都道府県の1つであり、今後も年収が上昇すると推測されています。

歴史と文化が詰まっており、外国人の方も注目している場所です。

京都に次いで金沢も魅力度ランキング上位を占めています。

インバウンド需要などの更なる期待を見込めます。

 

石川県で年収1000万を狙える職業は

 

石川県で年収1000万円を狙える職業はエンジニアです。

製造業が盛んに行われている石川県だからこそ、エンジニアは非常に重要視されています。

企業誘致も盛んに行われていますので大手企業や老舗企業が多くあります。

首都圏と同様の年収を得られることもあり、石川県でエンジニアすることにメリットが多くあります。

国内シェアも高い企業がありますのでエンジニアとして働くと高年収を狙えるはずです。

 

石川県で年収700万を狙える職業は

 

石川県で年収700万円を狙える職業は製造業で働くことです。

あえて名前を出すなら国内シェアナンバーワンを誇っている建設機械を取り扱うコマツです。

工事現場などでよく目にすることがあると思います。

日本は建設ラッシュになっていますので、今後も建設機械の需要が高まるでしょう。

安定して成長する産業だからこそより高い年収が見込めるでしょう。

 

石川県で年収600万を狙える職業は

 

石川県で年収600万円を狙える職業は建設業です。

伝統技術の詰まった建設業で働くことによって高い年収を狙うことができます。

自然豊富な地域でもありますので、木材や資材がたくさん集まっています。

重要文化財等もありますので修理や修繕の需要があります。

新幹線が開通したことで移住する人も増えています。

歴史が多く趣がある地域だからこそ多くの人の需要に応えるために建設業で働くと良いでしょう。

 

石川県で年収500万を狙える職業は

 

石川県で年収500万円を狙える職業は観光業で働くことです。

石川県は観光業に力を入れています。

新幹線も開通していますので都内からのアクセスも良く多くの人が石川県を訪問します。

観光地やおいしい食事、また日本のリゾート地としても名を挙げている能登半島は、富裕層を中心に人気が高まっています。

需要が高いことで賃金上昇が見込めます。

 

北陸No.1の実力を持っている石川県

 

石川県は製造業で注目が高い都道府県の1つです。

全国から見ても年収は高く、北陸の中ではナンバーワンの年収です。

観光や産業ともに魅力溢れる地域です。

タイトルとURLをコピーしました