福島県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
福島年収 エリア別

 

福島県は近年農業など第1次産業が減少傾向となっています。

全国と比較しても減少スピードは速くなっています。

その一方で、サービス業などの第3次産業は年々伸び続けています。

時代の変化で産業も変わっています。

出荷額を基準としてみる、福島県は全国1位の出荷額を誇っているものがあります。

それは、携帯時計側やバリウム塩類などです。

東北でも上位の経済指標を保っています。

その福島県の年収についてご紹介します。

就職や転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

福島県の年収ランキング一覧は

 

福島県の平均年収ランキングをご紹介します。

福島県は、年々第3次産業のシェアが高くなっています。

今回は上場企業の年収データをもとにランキングを作成しました。

転職や就職の際にご参考してくださいませ。

 

1位:ゼビオホールディングス(平均年収:約648万円)

2位:東邦銀行(平均年収:約619万円)

3位:アレンザホールディングス(平均年収:約566万円)

4位:常磐開発(平均年収:約556万円)

5位:アサカ理研(平均年収:約551万円)

 

福島県の平均年収の中央値は?

 

福島県の年収中央値は415万円です。

全国32位と決して高いとは言えません。

東京都とひかくすると約200万円の差があります。

ただ、年々年収がアップしていますので今後も年収が上がっていくと予想されています。

製造業を中心に経済が回ると予想されています。

東日本大震災後、ドラックストアやホームセンターの割合が増加しており、売上も伸ばしています。

さらには、復興することを鑑みると人口および年収は上がってくるでしょう。

また、男女の差は、およそ140~160万円です。

 

福島県の平均年収 30代

 

福島県の30代の平均年収は約390万円です。

男女比をみてみると約130万円の格差があります。

東北の中では比較的男女の格差が浮き彫りになっています。

東北地方有数の工業都市でもありますので、火力発電機などで活躍されている人が多くいます。

さらには、第一次産業が約2,450億円と全国でも10位以内に入る規模を誇っています。

主にお米が強く有名ブランド米があります。

最近では海外で日本米が人気なこともあり、農家でも収入が上がっています。

 

福島県の平均年収 40代

 

福島県の40代平均年収は約456万円です。

男女の格差は約180万円となっています。

あらゆる職種でマネジメント職についている男性が多くこのような格差が生まれていると推測されます。

さらには、女性が働いている繊維業の賃金が上がらず低賃金ということも影響しているでしょう。

男性については、飲料やたばこの製造業は他業種の世代と比べて比較高い年収となっています。

それに加えて、火力発電や原子力発電など工業都市となっているからこそ年収が高くなっています。

 

福島県で年収1000万を超える人の割合は

 

福島県で年収1,000万円を超える割合は約4%です。

全国の平均が約5%ですので、福島県は少し少ないことが伺えます。

東日本大震災で被災した東北のなかでも苦戦しているのが福島県です。

建築や土木業などを中心に仕事の需要が高かったのですが、福島県は年々年収1,000万円以上の方が減少している傾向にあります。

さらには、県内の消費額を減少していることもあり、経済が稼働していないと推測されます。

仙台市内と比較すると大きな格差が生じています。

 

福島県の年収は低い?

 

福島県の年収は全国32位と低迷しています。

東北のなかでも低い年収となっています。

東日本大震災の影響もあり、県内の消費金額の減少も影響していると推測されています。

また、東北の中でも復興に時間を要していることも年収に影響しています。

福島県内の全体は低い年収ですが、「電気・ガス・熱供給・水道業」は他の業界よりも高い年収となっています。

火力発電所や原子力発電所があるためこのような数値になっています。

東北の生活を支えていると言っても過言ではない状況です。

 

福島県で年収1000万を狙える職業は

 

福島県で年収1,000万円を狙うためには、マネジメント職を担うことが一番いいです。

特に、マネジメント職で高い年収を誇っているのがスポーツ用品店です。

日本国内にも店舗がありますし、人気が高い企業があります。

販売色ではなく、デザインや製造する職業に就くと年収1000万円を狙えるでしょう。

特にデザインにおいては非常に重要なポジションです。

 

福島県で年収700万を狙える職業は

 

マーケティング職に就くと福島県で年収700万円を超える事ができます。

その理由は、今後大きく成長する福島県では戦略を立てる必要があります。

日本国内のみならず世界からも注目されている福島です。

復興支援という観点から見ると世界中から注目が集まっていますので、ビジネスで生かすことによって大きな利益を生むことができるはずです。

世界情勢を見て戦略を立てることができるマーケティング職に就くことで年収700万円以上を狙えるでしょう。

 

福島県で年収600万を狙える職業は

 

養殖業をすることで年収600万円を狙えます。

ピンポイントで言うと養殖の鯉です。

日本にいるとあまりイメージはないと思いますが、世界的に見ると恋は高額で取引されています。

中国の富裕層に人気が高く、わざわざ日本に来て購入する人もいます。

そのため福島県の鯉の取引額は年々上昇していきますのでこういった職業に就くことで年収600万円を超えることができるでしょう。

またその他にも養殖業としても年収が高くなっていますのでお勧めの職業です。

 

福島県で年収500万を狙える職業は

 

福島県で年収500万円を狙える職業として銀行員を推薦します。

銀行については賛否両論ありますが、福島県においては重要な職業となっています。

復興支援において中小企業に融資を行なっております。

 

まとめ

 

福島県は全国でも年収が低い位置にランクインしていますが、福島県ならではの企業や仕事で収入が上がっているのもあります。

東日本大震災で被災した地域ではありますが、これからもっと経済が活発になるのではとも期待されています。

タイトルとURLをコピーしました