栃木県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
栃木年収 エリア別

 

関東地方に属する都道府県で人口は約200万人です。

世界遺産にも登録された日光東照宮が有名です。

さらには、江戸時代を再現した日光江戸村は観光スポットとしても人気が集まっています。

農作物の豊富になり、一番に頭に浮かぶのは「いちご」ではないでしょうか。

とちおとめは栃木県の名産品です。

そんな栃木県の年収を細かくご紹介します。

就職や転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

栃木県の年収ランキング一覧は

 

栃木県の年収は関東地方でも高い方です。

東京都、神奈川県、茨城県に次いで4番目の高さとなっています。

今回は本社が栃木にある企業で中心に年収ランキングを紹介します。

企業の公表されている情報に基づいて作成しましたが、一部未公表の企業もありますのでご了承ください。

 

1位:マニー株式会社(平均年収:約742万円)

2位:レオン自動機株式会社(平均年収:約713万円)

3位:藤井産業株式会社(平均年収:約646万円)

4位:仙波糖化工業株式会社(平均年収:約608万円)

5位:株式会社栃木銀行(平均年収:約588万円)

 

栃木県の平均年収の中央値は?

 

栃木県の平均年収の中央値は457万円と都道府県ランキング17位となっています。

産業別にみてもバランスが取れています。

第2産業の産出量が日本一であり、足尾銅山は有名な場所でもあります。

今現在でも採掘が行われています。

水産業においては栃木県内にある養魚場がたくさんあり、一部では観光スポット化しているところもあります。

第3業も有名であり、あらゆる分野で企業を誘致していることで経済を上手に回しています。

工業団地もありますので仕事の需要も高いことが影響していると推測されています。

 

栃木県の平均年収 30代

 

栃木県の30代平均年収は約457万円です。

男女の格差は150万円ほどあります。

産業別でみると製造業が年収が高いことが伺えます。

特に、ハードディスクなどの磁気記録媒体で高い年収が出ています。

その理由は、世界的にみても栃木での生産が強いからです。

そのため、大企業が軒並み栃木に工場を持っています。

雇用が生まれて経済が回っていると推測されます。

活発的な30代が実力をつけて働いていることが年収を上げている要因でしょう。

 

栃木県の平均年収 40代

 

栃木県の40代平均年収は約534万円です。

男女の格差は250万円とかなり広がっています。あらゆる産業でマネジメント職の方が多くなっており、男性が年収で優位になっています。

また、栃木で有名は採掘場などでは若い人の雇用が少なく昔から継続している世代の40代がメインとなっています。

そのため、鉱業や採石業の年収は他の業界よりも高い年収となっています。

製造業は2位となっており、力仕事を担う採石業などが年収が高くなっています。

 

栃木県で年収1000万を超える人の割合は

 

栃木県で年収1000万円を超える割合は約4%です。

県内でみると下野市が割合が高い地域です。

採石業なども盛んな地域ですが、やはり工場団地などもあり、ハードディスク関連事業が高収入となっています。

特に、エンジニアなども多くいますので年収が上がっていると推測しています。

自治体は積極的に企業誘致に努めていることもあり、このような数値となっています。

今後もさらに企業誘致を図ると明言されているのでより高収入になる可能性があります。

 

栃木県の年収は低い?

 

決して安いとはいえません。

農産業や水産業でも年収がある程度保持されていますし、人口の割合の観点から見ても関東で4番目に年収が高いことは大きなポイントです。

近年は企業誘致に力を入れているからこそ、大企業が集まっていたり、工場団地が出ていたりと雇用が増えています。

そのような影響もあり、今後も成長すると推測しています。

都道府県ランキングからみても上位にランクインしていますので決して年収が低いとは言い難いです。

 

栃木県で年収1000万を狙える職業は

 

栃木県で年収1000万円を超える職業はエンジニアです。

企業誘致が成功した栃木県ではエンジニアが不足しています。

急速なデジタル化を求められている企業は多く、雇用が多くあります。

その他にも建設業は狙い目です。

地域活性化に図っているため、移住者などに対して需要が高くなっています。

今は、リモートワークやワーケーションという言葉があるように都内で家を持たず地方で住む人が増えています。

 

栃木県で年収700万を狙える職業は

 

マネジメント職に就くことで年収700万円を狙えます。

工場長などマネジメントできる人材は年収が高くなりますし、需要も多くあります。

企業誘致に成功した栃木県だからこそ、工場で働くマネジメント職の人が重要視されています。

食品メーカーや小売業など倉庫を管理運営するノウハウを身につけると高年収を見込めます。

 

栃木県で年収600万を狙える職業は

 

銀行で働くと栃木県で年収600万円を狙うことができるでしょう。

地方では銀行への信頼度が高いため需要があります。

キャリアを重ねると年収も上がりやすくなりますし、部長職まで昇進すれば年収1000万円も夢ではありません。

将来、銀行が減ると予測されていますが、需要がありますし根強い人気と信頼度もありますのでネット銀行を設立するなど戦略が変わってきてより、高年収になる可能性はあります。

 

栃木県で年収500万を狙える職業は

 

農産業で働くことで年収を500万円以上狙うことができます。

栃木県は農産業でも存在感を示しています。

世界でも人気のとちおとめなどは高価な商品です。

日本国内でも需要が高いのでチャンスがあります。

また、政府は日本の農産業をサポートをする方針です。

物価が上がっていたり、円安で海外食料が値上がりしています。

今後もその影響を強く受けると判断しているため、自給自足に向けて対策が打たれます。

日本の農産業に注目が集まり需要が再度出てくると推測されますので注目の職業です。

 

自治体の企業誘致の波に乗っかる

 

栃木県は企業誘致を成功させている都道府県としても有名です。

大手企業が軒並みに工場を作っていたりと雇用を産んでいます。

鉱業でも高い存在感を示しています。

そんな栃木県で就職や転職してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました