群馬県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
群馬年収 エリア別

 

関東の北西部にあり、日本でも有数の温泉地として有名な群馬県。

草津温泉は日本国内のみならず世界からも注目されています。

温泉が有名ではありますが、あらゆる産業が有名な地域です。

特に食料品や業務用機械などの生産業は盛んに行われています。

小売業の製造業としても成長を続けている地域でもあり、輸送用機器も得意としている地域です。

そんな群馬県の年収をご紹介します。

就職や転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

群馬県の年収ランキング一覧は

 

群馬県内にある上場企業の給料を比較しランキングにて紹介していきます。

食料品、業務用機械などの生産も盛んな群馬県の年収を見て、就職や転職に活かしてみてください。

一部の企業では情報が公開されていない企業もありますのでご了承くださいませ。

気になる企業を見つけてください。

 

1位:サンデンホールディングス(平均年収:約830万円)

2位:群馬銀行(平均年収:約710万円)

3位:群栄化学工業(平均年収:約655万円)

4位:ワークマン(平均年収:約611万円)

5位:三益半導体工業(平均年収:約600万円)

 

群馬県の平均年収の中央値は?

 

群馬県の平均年収の中央値は396万円です。

この数値は全国からみても上位にランクインするほど高いです。

群馬県特有の産業構造が影響していると推測しています。

内陸県として流通面でも存在感を示しています。

 

群馬県の平均年収 30代

 

群馬県の30代平均年収は約439万円です。

全国平均からみても高い水準に位置しています。

産業別で比較すると一番年収が高いのが製造業です。

機械や半導体は群馬県が得意としている分野です。

商業向けにビジネスを展開してるので需要は高くなっていると推測されます。

世代的にも転職に抵抗が少ない世代ですので東京の企業から群馬の企業に転職する方も増えています。

ビジネスチャンスが多い企業と中小企業で自分の力を試す人が増加しています。

 

群馬県の平均年収 40代

 

群馬県の40代平均年収は約510万円です。

男女の格差は、約220万円と広がっています。

小売業などが苦戦していることも大きな要因となっています。

男性は昇進などを含めてマネジメント職についている人も多く、年収が上がっています。

女性は一度家庭に入ってから再度仕事についた人の割合が高く年収が低くなっている傾向があります。

女性の活躍の場も増えていますので、今後女性の賃金が高くなっていくことは間違いないでしょう。

 

群馬県で年収1000万を超える人の割合は

 

群馬県で年収1000万円を超える割合は約4%です。

商業年間販売額は全国15位と産業構造が特徴的な都道府県です。

県民所得が305万円で都道府県ランキング11位ということも影響しており、年収が高い傾向があります。

中小企業率が高い群馬県ですが、他府県とは違う産業構造をしているので中小企業でも高い年収が魅力的です。

エンジニアや機械関連事業が盛んだからこそ年収が高くなっていると推測しています。

日本の製造を支えているといっても過言ではない業界が集結しています。

 

群馬県の年収は低い?

 

2019年のデータをみると群馬県の平均年収は約470万円であり全国15位です。

決して低くはなく高い水準にすることがわかります。

内陸県でもあるため、流通業などでも高い年収を誇っています。

近年では女性が活躍する場が増えています。

小売業の革命とも呼び声が高いワークマンでは積極的に女性の活躍する場を増やしています。

そういったこともあり、女性の所得が上がっていることが大きな要因の一つになっているでしょう。

 

群馬県で年収1000万を狙える職業は

 

機械の設計者やエンジニアは群馬県で年収1000万円を超えることができるでしょう。

特に設計者は年収が高くなります。

効率化を促進する新しい機械を生み出すことで多くの注文が入ります。

今の日本は効率的なビジネスを求められています。

人件費の高騰や人材不足に備えて機械で補えることは機械で行う考えが主流になっています。

そんな時代だからこそ新しい機械を製造し企業を支える設計者が必要になります。

 

群馬県で年収700万を狙える職業は

 

製造業で働くことで年収700万円を狙えます。

特に業務用の機械を製造している職人などは高年収になるでしょう。

技術者の人材不足も深刻になっていますので手に職をつけることで年収が高くなります。

業務用の機械は日本のみならず世界でも需要が高く、アジア圏で必要とされています。

中国企業や韓国企業が日本の機械を求めています。

そのようなビジネスを展開しているところは今後も成長していくでしょう。

 

群馬県で年収600万を狙える職業は

 

銀行に勤めることで年収600万円を狙うことができます。

群馬銀行は信頼度も高く人気のある企業です。

中小企業が多い群馬県にとっては銀行はなくてはならない存在です。

融資してもらっている企業も多く今後も必要な企業となるでしょう。

内陸県だからこそビジネスを拡大するチャンスもあります。

起業する際などはぜひ群馬銀行に相談するといいでしょう。

 

群馬県で年収500万を狙える職業は

 

建設業は群馬県で年収500万円を狙える職業です。

土木建設や工事は常に需要があります。

少子化対策としても住宅補助にも力を入れている群馬県では移住者も増加傾向にあります。

このような理由もあり、建設業が盛んになっています。

 

まとめ

 

群馬県は関東圏ということもあってか、平均年収が全国上位にあり働き甲斐のある企業が多くある印象です。

都市部にも近く、田舎もほどよくあるのでリフレッシュしながら仕事ができる良い環境ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました