山口県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
山口 エリア別

 

工業県として日本トップクラスとも呼ばれていた山口県。

県内のみならず日本の経済発展の礎となっています。

しかしながら、近年では海外企業の波にのみ込まれており苦戦をしています。

瀬戸内海沿岸では大正時代より様々な工場が進出しました。

行政も積極的に経済活動に参画しています。

地方創生や移住促進に積極的に取り組んでいます。

女性の活躍の推進もしているため、人口流出のスピードが緩らかになりつつあります。

このような山口県で就職や転職を検討してみてください。

 

山口県の年収ランキング一覧は

 

全国で唯一コンビナートが複数で形成されています。

工業県として有名であり歴史が詰まっている山口県。

基礎素材型産業が盛んで経済が活発になっています。

今回は山口県に本社を構える上場企業をランキング形式にまとめました。

企業研究などを行なって給料アップしたい方は参考にしてみてください。

 

1位:ファーストリテイリング(平均年収約900万円)

2位:山口フィナンシャルグループ(平均年収約700万円)

3位:林兼産業(平均年収約600万円)

4位:長府製作所(平均年収約580万円)

5位:チタン工業(平均年収約500万円)

 

山口県の平均年収の中央値は?

 

山口県の平均年収の中央値は373万円です。

業種による年収の格差が目立ちます。

高収入は業種は製造業であり、やはり昔から得意としている業界が高い年収を誇っています。

瀬戸内工業地域は重化学コンビナートを中心に盛り上がっています。

日本で最初の総合石油化学工業もあり、伝統と歴史が詰まっている地域です。

それに伴って流通業も発展しています。

その一方で小売業化や繊維工業は水準は少し低いことがデータから伺えます。

 

山口県の平均年収 30代

 

山口県の30代平均年収は約400万円です。

男女の格差は約140万円となっており、全国平均と比較しても格差が生じています。

その理由として若い女性が九州や関西に出ていく傾向があります。

より繁華街を求めたり、学業の関係が影響しています。

そのため、女性との賃金格差が生じています。

さん義う別にみると製造業の年収が高いです。

山口県全体の数値が示すように30代も同様の結果となっています。

 

山口県の平均年収 40代

 

山口県の40代平均年収は約470万円です。

男女の格差は約180万円となっています。

勤続年数の違いが大きく影響しています。

女性の多くは家庭に入る傾向が強いためこのような格差が生じています。

産業別にみるとやはり製造業の年収が高くなっています。

30代と異なる点としては小売業の数値が伸びています。

ファッション業界大手企業があることが大きいと推測しています。

マネジメント職を担って会社の中枢の人材となっているため年収が高くなっています。

 

山口県で年収1000万を超える人の割合は

 

山口県で年収1,000万円を超える人の割合は約3%となっています。

全国の水準と比較すると低いです。

しかし、物価の違いなども影響していますので全国よりも低くなっています。

工業地域があり、昔は主な産業として大活躍をしていますが、近年は海外との競争に負けている傾向があります。

その影響もあり、年収1,000万円の高年収の割合が減少しています。

 

山口県の年収は低い?

 

山口県の年収は都道府県ランキングで20位となっています。

決して高いとはいえませんが、平均より高いことを理由に年収は高いと言えます。

意外かもしれませんが、九州最大の繁華街もある福岡県よりも年収が高くなっています。

世界でも有名な企業があることも影響していますが、何よりも工業地帯の影響が大きいと推測しています。

この影響で流通業にも良い影響を与えています。

 

山口県で年収1000万を狙える職業は

 

山口県で年収1,000万円を狙える職業はコンサルティング業界です。

山口県は製造業が盛んで日本トップクラスと言っても過言ではありません。

それをどのようにビジネス展開するかコンサルティングすることで高年収となります。

 

山口県で年収700万を狙える職業は

 

山口県で年収700万円を狙える職業は銀行業で勤めることです。

地域密着型銀行として信頼度が高い企業があります。

山口県内だけでなく九州でも事業をしているため多くの人に愛されています。

さらには、工業地帯があることでより融資を求める人が多く県内ではなくてならない大きな存在となっています。

そのため、若い世代から高年収を得られる特徴があります。

安定している職業でもありますので飛躍できる業界です。

 

山口県で年収600万を狙える職業は

 

山口県で年収600万円を狙える職業は物流業界で働くことです。

製造業が盛んなこともあり、物流量が多く安定した需要があります。

九州にも近く様々な都道府県に影響を与えています。

日本の生活を支えると言っても過言ではない物流業界は比較的高年収となっています。

 

山口県で年収500万を狙える職業は

 

山口県で年収500万円を狙える職業は水産農林業に勤めることです。

豊富な自然環境が整っている山口県。

畜産業や水産業も盛んに行われています。

地域から愛されていることで需要も高くなっています。

近年では宅配需要が増加していますので全国でも活躍している企業があります。

大手企業があるからこそ高年収を狙えます。

今後は日本のみならず世界から注目を浴びる結果となるでしょう。

 

日本屈指の工業地帯で経済発展

 

山口県の主な産業は化学工業や輸送用機械製造です。

品目別にみるとソーダ灰やパラフィンの出荷額が全国で1位となりました。

下関市に事業所が多く集まっているため、下関市の経済は活発になっています。

穏やかな瀬戸内海と絶景が広がる日本海に面している都道府県です。

豊富な自然環境も特徴的で美味しい魚とお酒で日本のみならず世界中の人を魅了しています。

このような山口県に就職や転職を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました