宮崎県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク

記事内にプロモーションを含む場合があります

宮崎県の年収ランキング一覧! エリア別
スポンサーリンク

 

温和な気候で日本のみならず世界に誇れる名産品が揃っている宮崎県。

空気や水も美味しく「南国の楽園」とも呼ばれている場所です。

多種多彩な農畜水産業は日本でもトップクラスとなっています。

世界に誇れるものづくりが詰まっています。

「マンゴー」「キャビア」「宮崎牛」が有名です。

マリンスポーツやリゾート気分を楽しめることもあり、観光業も盛んになっています。

宮崎県の年収データをまとめましたので就職や転職の際にご参考ください。

 

スポンサーリンク

宮崎県の年収ランキング一覧は

 

温暖な気候で知られており、農作物などが豊富にあります。

リゾート気分を堪能できるため観光業も盛んとなっています。

人口は113万人となっていますが、年々人口減少が深刻となっています。

就職先が少ないというイメージがありますが、さまざまな企業があります。

約13,000社以上もあり活躍できる場所も広くあります。

上場企業の年収をまとめましたのでご参考ください。

 

1位:旭有機材(平均年収約611万円)

2位:宮崎銀行(平均年収約600万円)

3位:ハンズマン(平均年収約580万円)

4位:宮崎太陽銀行(平均年収約550万円)

5位:WASHハウス(平均年収約500万円)

 

宮崎県の平均年収の中央値は?

 

宮崎県の平均年収の中央値は380万円です。

全国で見ると平均よりも水準が低いことが伺えます。

九州地方の中でも低い水準です。

宮城県は牧畜業で全国有数の生産高を誇っています。

また、PRにも成功して一躍全国で有名となりました。

あなたもどこかで一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

首都圏でも需要が高くなり、ブランド化に成功しました。

 

宮崎県の平均年収 30代

 

宮崎県の30代の平均年収は約365万円です。

男女の格差は約80万円となっています。

全国の男女格差と比較すると比較的差が小さいことが伺えます。

産業別に見ると飲料製造業や食品加工業が高い年収です。

農作物や畜産業が盛んに行われている結果でしょう。

日本で需要が高まっていますので今後も成長すると推測されます。

 

宮崎県の平均年収 40代

 

宮崎県の40代の平均年収は約427万円です。

男女の格差は約180万円となっています。

全国同様の男女格差が生じています。

これは勤続年数の違いが大きく影響しています。

女性の多くは家庭に入ることで年収が下がっています。

また、男性はマネジメント職を任命されていることが多く、このような高い年収となっています。

産業別に見ると30代同様に製造業が盛んです。

30代と比べて高い年収が出ているのが観光業の年収です。

役職の影響もあり、このような年収となっています。

 

宮崎県で年収1000万を超える人の割合は

 

宮崎県で年収1,000万円を超える人の割合は約2%です。

全国平均と比較しても低いことが伺えます。

物価の違いや需要と供給のバランスが首都圏と異なっていますので低い数値となっています。

しかしながら、経済成長率が高い東南アジアと近くこれからのビジネス相手をグローバルにすることでより多くの年収を得られるでしょう。

 

宮崎県の年収は低い?

 

宮崎県の年収は全国ランキングで43位となっています。

そのことから宮崎県の年収は低いと言えます。

47都道府県のうち43位ですので下から数える方が早いことになります。

物価の違いと人材流出が大きな影響を及ぼしています。

九州最大の繁華街のある福岡県などに人口が流出する傾向があります。

行政も対策していますが、苦戦をしている状況にあります。

 

宮崎県で年収1000万を狙える職業は

 

宮崎県で年収1,000万円を狙える職業は大学教授です。

大学の需要はありますので勉強しこのような職業になることで年収が高くなります。

一般企業で年収1,000万円を狙うことは難しいのが宮崎県の特徴です。

役職につくと年収は高くなり年収1,000万円の可能性がありますが、入社してから時間がかかります。

 

宮崎県で年収700万を狙える職業は

 

宮崎県で年収700万円を狙える職業は公務員です。

行政で働くことで高年収になるでしょう。

安定していることもありますので、将来的にも安心して働けるでしょう。

しかしながら、人口流出という課題に向き合って仕事をしなければいけません。

以前、PRで成功した影響もありますので、ノウハウはあるはずです。

最大限に活用して公務員の年収を上げましょう。

 

宮崎県で年収600万を狙える職業は

 

宮崎県で年収600万円を狙える職業は金融業で働くことです。

宮崎県には信頼度が高く大手地方銀行が2つあります。

そのため、比較的年収が高くなる傾向があります。

さらには、13,000社ほどの企業がある宮崎県にとって銀行は必要不可欠な企業です。

地元の人からも絶大な信頼を得られているからこそ、将来的にも安定している業界です。

 

宮崎県で年収500万を狙える職業は

 

宮崎県で年収500万円を狙える職業は製造業で働くことです。

宮崎県はものづくりのノウハウが高いです。

また、ブランド化に成功していますので日本で需要が高いです。

特に畜産業においては日本のみならず世界も注目しています。

東南アジアでも日本食に注目が集まっています。

富裕層がお金を惜しまず日本食を楽しんでいます。

その影響もありますので、グローバル展開していけばより多くの年収を狙えます。

 

温暖な気候で人々が集まる地域

 

一年を通して温暖な地域であり、多くの観光客が訪れます。

冬になるとプロ野球球団がキャンプする場所としても有名です。

畜産業が有名ですが、観光業や小売業も盛んになってきています。

近年の働き方改革の影響もあり宮崎県に注目が集まっています。

ぜひ、宮崎県に就職や転職をしてみてはいかがでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました