新潟県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
新潟年収ランキング エリア別

 

全国各地に陸路や空路、または航路が伸びている新潟県は国内の主要都市からアクセスも良く、多くの業界で盛り上がりを見せています。

さらには首都圏からは新幹線で2時間ほどとなり人口の流動も増えています。

日本海沿岸に位置するため、海産業も盛り上がりを見せています。

新潟県の年収や現状を紹介しますので、ぜひ就職や転職を検討している方は参考にしてみてください。

平均年収が高い新潟県内の企業もご紹介いたします。

 

新潟県の年収ランキング一覧は

 

新潟県に本社を構える企業で年収の高い企業ランキング形式でご紹介します。

上場企業を中心に調査を行っています。

そのため情報を解禁していない企業もあり、ランキングが多少変動する可能性もあります。

参考程度に下記のランキングをご参照ください。

 

1位:株式会社第四北越フィナンシャルグループ(平均年収:約1,100万円)

2位:株式会社新潟放送(平均年収:約830万円)

3位:アクシアル リテイリング株式会社(平均年収:約820万円)

4位:株式会社福田組(平均年収:約810万円)

5位:第一建設工業(平均年収:約750万円)

 

新潟県の平均年収の中央値は?

 

新潟県の平均年収の中央値は414万円です。

新潟県はコシヒカリの収穫量が日本一であり主要な産業として新潟県を盛り上げています。

農業が主力の産業であり、日本国内のみならず海外でもお米需要が高くなっています。

近年では、世界でお弁当ブームやお寿司ブームがあり、お米の需要が高くなっています。

タイなど東南アジアの富裕層には日本の米が評価されています。

そして、お米以外にもせんべいやあられ等の米菓の生産量が日本一となっています。

 

新潟県の平均年収 30代

 

新潟県の30代平均年収は約395万円です。

男女の格差を見ると約120万円となっています。

全国平均と同じくらいの差があります。

女性が多く従事している繊維工業では賃金が低いことも影響を与えているでしょう。

その他の業界をみると、全体的に全国平均と同じくらいの水準を保っています。

しかしここ数年30代の人口が減少していることもあり各業界で苦しい状況となっています。

 

新潟県の平均年収 40代

 

新潟県の40代平均年収は約445万円です。

男女の格差を見ると約150万円の差がついています。

家庭に入る女性も多くこのようなデータとなっていると推測されます。

鉱業や採石業などでは高い年収を誇っています。

また新潟県の特徴として農業では全国平均よりも少し高い年収となっています。

 

新潟県で年収1000万を超える人の割合は

 

新潟県で年収1000万円を超える割合は約5%です。

全国平均が約6%ですので少し下回っていることが伺えます。

しかしながら年収1000万円以上を超える人も多くいますがその一方で年収200~300万円の人口も多く貧富の差が激しいのが新潟県の特徴です。

さらには中間層もおらず、その格差が広がっています。

 

新潟県の年収は低い?

 

新潟県の都道府県ランキングは第31位です。

そのため全国から見ても決して年収が高いとは言えません。

47都道府県がある日本にとって下から数える方が早いランキングに位置しています。

その理由の1つとしては、人口減少と物価安が影響していると推測されています。

首都圏の物価と新潟県の物価を比較すると大きな差があります。

その影響もあり全体的な年収が下降気味になっています。

さらには新幹線もあり、首都圏など人口が流出していることも影響を及ぼしています。

 

新潟県で年収1000万を狙える職業は

 

新潟県で年収1000万円を狙える職業は採掘業です。

その理由としては国内では珍しい原油の生産地として有名な阿賀沖油田があるからです。

現在でも採掘が行われており、今の社会情勢を考えると非常に重要な産業の1つです。

そのため、年収1000万円以上を超える可能性もあります。

 

新潟県で年収700万を狙える職業は

 

新潟県で年収700万円を狙える職業は製造業で働くことです。

その理由は新潟県に有名な米菓子企業が多く本社を構えているからです。

会社名を言うとお菓子の名前をすぐに思い出すことができると思います。

株式会社ブルボンや亀田製菓株式会社などの大手企業が県内に在籍しています。

 

新潟県で年収600万を狙える職業は

 

新潟県で年収600万円を狙える職業は金属食器生産業です。

その理由としては、国内シェアの約9割を占める三条市などがあるからです。

自然豊かな環境と豊富な資源に恵まれた新潟県だからこそ行える産業の1つです。

そのため国内の需要が高く年収が高いと推測されています。

しかしながら、今後懸念しなければいけない事は価格の安い中国製品に負けることです。

 

新潟県で年収500万を狙える職業は

 

新潟県で年収500万円を狙える職業は農業です。

新潟県といえばお米と言うイメージが強いのではないでしょうか。

魚沼産コシヒカリなど有名ブランドがあり、日本のみならず海外からも注目されているブランド米です。

そのため需要が高く、値段が上昇しています。

特に東南アジアなどを急成長を続けているアジア諸国に輸出量が増加しています。

そのため、これまで以上の年収よりも高い年収を得られます。

 

お米の都道府県、新潟県

 

新潟県の年収をまとめてみました。

日本人の主食であるお米を中心に農業や食品加工業が盛り上がりを見せています。

人口流出が大きな問題となっていますが、日本の主力産業が集まっている都道府県の1つです。

ぜひ、就職や転職を検討している人は参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました