神奈川県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
神奈川年収ランキング エリア別

 

東京について第二の人口を誇っている神奈川県は、おしゃれで高級なイメージがついているでしょう。

湘南や葉山、鎌倉、逗子などが有名となっており、日本のみならず世界から観光客が集まる場所の1つです。

特に鎌倉については、修学旅行等で訪れた人も多くいるんではないでしょうか。

観光業としても成長を続けて入りますし、日本最大の工業地帯もあります。

そのため、東京都に負けない経済成長を続けている都道府県の1つです。

神奈川県の企業ランキングなど詳細をまとめましたので、就職や転職活動の際にご活用ください。

 

神奈川県の年収ランキング一覧は

 

神奈川県は大手企業の主要生産拠点となっています。

高度経済成長を支えた京浜工業地帯は今でも活発に動いています。

そのため神奈川県に本社を構える上場企業が多数あります。

首都圏に近いからこそ年収も高い傾向があります。

上場企業のデータをもとに県内のランキングを作成しました。

一部、情報公開していない企業もありますのでその点ご了承ください。

 

1位:レーザーテック(平均年収:約1140万円)

2位:クリエイトSDホールディングス(平均年収:約1120万円)

3位:東京汽船(平均年収:約990万円)

4位:日揮ホールディングス(平均年収:約960万円)

5位:マクニカ・富士エレホールディングス(平均年収:約930万円)

 

神奈川県の平均年収の中央値は?

 

神奈川県の平均年収中央値は470万円です。

首都圏に近いからこそ経済活動が活発的です。

また人口も増加傾向にあり、安定した雇用や年収が特徴的な都道府県です。

県内の総生産額は増加していますので安心して暮らせることもあり、平均年収が高くなっています。

昔から工業が盛んな都道府県ですので大手企業などが多数存在しています。

その影響もあり平均年収の中央値が全国平均よりも高い水準となっています。

 

神奈川県の平均年収 30代

 

神奈川県の30代平均年収は約513万円です。

男女の格差を見てみると約140万円となっており、全国の中でも格差が大きいのが特徴的です。

神奈川県の特徴としてこの年代から家庭に入る女性も多くこのような結果が生まれていると推測されています。

 

神奈川県の平均年収 40代

 

神奈川県の40代平均年収は約620万円です。

男女の格差は240万円となっています。

男性の賃金上昇が大きな理由となっています。

この年代であると会社の中心を担っている人も多く年収が上昇傾向にあります。

大手企業もあり、安定した年収と年功序列の年収で他府県と比べて高い水準となっています。

 

神奈川県で年収1000万を超える人の割合は

 

神奈川県で年収1000万円を超える割合は約7%です。

全国平均と比較してもわかるように、高い水準となっています。

富裕層に人気な葉山などがあり高級住宅街も存在していることが大きな理由だと思います。

都会のリゾート地としても人気があるため、会社の経営者などは神奈川県に別荘を所有している人も多くいます。

 

神奈川県の年収は低い?

 

神奈川県の年収は高いと言っても過言ではありません。

日本の工業生産額の3分の2を占めるほど工業が盛んな都道府県です。

また工業だけでなく横浜港間に貿易や卸売といった産業も活発に行われています。

その証拠として、神奈川県の県内総生産と所得は5年連続で右肩上がりとなっています。

県内の経済は現在も上昇傾向が続いていますので、今後の発展に期待ができる都道府県です。

年収も上がっていますので理想的な地域といえます。

 

神奈川県で年収1000万を狙える職業は

 

神奈川県で年収1000万円を狙える職業は総合エンジニアです。

エンジニアについては神奈川県だけでなく日本全体で需要が高い職業です。

しかし神奈川県で特に需要が高いのは大手企業が集結しているからです。

昔から続く、工業地帯も多くありエンジニアが必要とされています。

日本のエンジニアは海外のエンジニアに負けると言われていますが、政府が日本人のエンジニアを育成する方針を出していますので、今後仕事も増え年収も安定することが予想されます。

 

神奈川県で年収700万を狙える職業は

 

神奈川県で年収700万円を狙える職業は貿易関係の仕事に就くことです。

東京湾内の各行に置いてサービスを提供している東京汽船株式会社を中心に航路の産業が活発に行われています。

大型船舶などを運営している企業も多く、輸出入に強い産業です。

最近では、インターネットの買い物が簡単になり、世界各国から荷物を輸入するために東京湾が利用されています。

安定していることもあり、今後も成長を続ける産業となるでしょう。

 

神奈川県で年収600万を狙える職業は

 

神奈川県で年収600万円を狙える職業は観光業に勤めることです。

特に鎌倉や逗子、葉山などは観光業が盛んです。

京急急行電鉄などもあり鉄道事業やバス事業も盛んに行われています。

三浦半島方面まで路線を有していることもあり、雇用も多くあります。

海外でも人気の観光地の日本では今後も観光業の収入が上がると予測されています。

外国人に人気な鎌倉や横浜がある神奈川県は将来性も期待できます。

 

神奈川県で年収500万を狙える職業は

 

神奈川県で年収500万円を狙える職業はドラッグストア事業や調剤事業で勤務することです。

特にドラッグストアは賃金が上昇しています。

地域密着型の健康サポート薬局として幅広く販売を行っていますので雇用も生まれています。

近年は訪日外国人が減少して化粧品や医薬品の爆買いが落ち着いていますが、今後日本の医薬品や化粧品の需要は高まると予想されています。

だからこそ、このような業界で働くと安定した年収を得られます。

 

日本の経済を支えた強い工業団地が特徴の神奈川県

 

神奈川県の年収を中心に活発的な産業をまとめました。

工業団地があり、日本の経済を支えた都道府県の1つでもあります。

近年では、大手企業が本社を構えるなどしており、多くの雇用が生まれています。

そのため経済が上手に回っており、理想的な地域となっています。

タイトルとURLをコピーしました