鹿児島県の年収ランキング一覧!年代別の平均年収や中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク

記事内にプロモーションを含む場合があります

鹿児島県の年収ランキング一覧! エリア別
スポンサーリンク

 

九州地方に位置し、農業県として有名な鹿児島県。

温暖な気候の影響や広大な畑と永井海岸線に恵まれています。

その影響もあり、食品関連企業が多く存在しています。

さらには半導体産業や自動車産業が集積しており、産業と経済を牽引しています。

東南アジアに近いこともあり、グローバルに展開している企業もあります。

桜島など火山があり、温泉源泉や森林があることで多くの観光客が訪れる場所です。

自然豊かな鹿児島県の年収データをまとめましたので就職や転職の際にご活用ください。

 

スポンサーリンク

鹿児島県の年収ランキング一覧は

 

九州地方は半導体産業や自動車産業が賑わっていますが、特に鹿児島県は経済発展に大きな影響を及ぼしています。

豊富な自然資源もあり、農作物がたくさんありますので食品関連産業も発展しています。

今回は上場企業の年収データをランキングにまとめました。

ぜひ、就職や転職の際にご活用ください。

 

1位:鹿児島銀行(平均年収約650万円)

2位:南日本銀行(平均年収約600万円)

3位:マルマエ(平均年収約550万円)

4位:コーアツ工業(平均年収約500万円)

5位:ヒガシマル(平均年収約480万円)

 

鹿児島県の平均年収の中央値は?

 

鹿児島県の平均年収の中央値は404万円です。

日本国内でも有数の農業県として認識されています。

農業産出額は九州では1位です。

全国でみても3位と驚異的な数字を誇っています。

有名なものとしてサツマイモ・サヤインゲン・鹿児島茶があります。

ブランドになっているため、市場でも高値がつくこともあります。

観光業も盛り上がっており屋久島や種子島は日本国内のみならず世界からも多くの人が訪問します。近年は宇宙産業に注目が集まっていることで種子島が注目を浴びています。

 

鹿児島県の平均年収 30代

 

鹿児島県の30代平均年収は約375万円です。

男女の格差を見ると約80万円となっています。

勤続年数の違いがあることからこのような差が生じています。

全国の格差と比較すると格差があまり生じていないと言えます。

農業や加工業なども盛んになっていますので女性が働きやすい環境が整っていることもこのような数値になっていると推測しています。

産業別に見ると工業の数値が高くなっています。

労働者が多くこのような結果になっています。

 

鹿児島県の平均年収 40代

 

鹿児島県の40代平均年収は約450万円です。

男女の格差は約180万円となっています。

勤続年数の違いもありこのような格差となっています。

さらには男性についてはマネジメント職に従事している方も多くいるためこのような格差が生じています。

産業別に見てみると鉱業の年収が高く、次に建設業も年収が高いことが伺えます。

現在30代と違って、建設業が盛り上がっているのは労働者の割合が高いからです。

 

鹿児島県で年収1000万を超える人の割合は

 

鹿児島県で年収1,000万円を超える人の割合は約2%です。

全国の数値と比較しても少し低いことがわかります。

物価の違いや需要と供給のバランスが異なることによって年収が上がっていません。

首都圏と比べて差が生じているのがこのデータからも伺います。

しかし今後グローバル展開していくと高年収の人が増えると推測しています。

東南アジアの経済発展は著しく富裕層が日本に興味や関心を高めています。

鹿児島県は、東南アジアから近く自然豊かな環境ということもあり注目が高い地域です。

 

鹿児島県の年収は低い?

 

鹿児島県の平均年収都道府県ランキングは38位となっています。

このことから年収は低いと言えます。

九州地方の中では真ん中くらいの水準となっています。

平均勤続年数は11.6年です。

離島など人気の観光スポットがあることで注目が高まっている場所です。

人口流出も大きな問題になっていますのでこれからも平均年収ランキングが上昇しないと推測しています。

 

鹿児島県で年収1000万を狙える職業は

 

鹿児島県で年収1,000万円を狙える職業はエンジニアです。

鹿児島県のみならず日本全国で高年収を得られる職業となっていますが、特に鹿児島県を中心とした九州では機械産業が発達していますのでこのように高い年収を得られます。

 

鹿児島県で年収700万を狙える職業は

 

鹿児島県で年収700万円を狙える職業は金融業に勤めることです。

その理由は、県内で絶大な信頼を得ている企業があり、需要が高く安定しているからです。

中小企業も多くあり、融資など地域住民からの需要が高い職業です。

九州の中でも信頼度が高い企業もあり将来的にも安心して働くことができます。

 

鹿児島県で年収600万を狙える職業は

 

鹿児島県で年収600万円を狙える職業は機械製造です。

九州は町工場など昔から多くありますので産業用機械が重要な産業となっています。

勤務している人も多く、県としても大切な産業となっています。

そういった理由もあり、高い年収を得られやすくなっています。

日本の技術は高く世界でも機械の需要が高いこともありますのでこれからも伸びる産業の一つです。

 

鹿児島県で年収500万を狙える職業は

 

鹿児島県で年収500万円を狙える職業は商品製造業で働くことです。

その理由は、鹿児島県は豊富に農作物があるからです。

ブランドになっている農作物を加工することで日本全国に出荷できます。

需要がありますので稼ぐことができます。

日本食に強い関心を抱いている東南アジアをターゲットすることでより多くの稼ぎを得られます。

インターネットで世界でビジネスができますのでこれからも成長を見込める産業となっています。

 

温暖な地域であり、食の宝庫の鹿児島県

 

九州地方に位置しており、世界遺産が多く日本でも有数の観光地となっています。

温暖な気候の影響もあり農作物が豊富です。

農産業で活躍している人も多くこれからも経済発展するでしょう。

こんな鹿児島県で就職や転職を検討してみてはいかがでしょうか。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました