光通信はきついしやばいって本当?給料や年収、口コミ評判をまとめてみました。

スポンサーリンク

記事内にプロモーションを含む場合があります

光通信はきついしやばい ITエンジニア
スポンサーリンク

 

光通信に関する評判は様々ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

一部では厳しい労働条件とされ、また別の声では高収入の可能性があるとも言われています。

この記事では、給与体系、年収の実態、そして社員や元社員の生の声を集めて、光通信とはどんな会社なのかを解説していきます。

 

スポンサーリンク

光通信の会社概要

 

項目 詳細
商号 株式会社光通信
設立 1988年2月5日
資本金 54,259百万円
上場証券取引所 東京証券取引所 プライム市場(株式コード:9435)
主要事業 法人サービス、個人サービス、取次販売
役員 代表取締役会長:重田康光、代表取締役社長:和田英明 他
本社住所 東京都豊島区西池袋1-4-10 光ウエストゲートビル
受付時間 10:00 a.m. ~ 05:00 p.m.(土日祝日・年末年始・夏季休業を除く)
交通 JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩1分、各線池袋駅西口より徒歩3分
決算期 3月
定時株主総会 6月

光通信は、1988年に設立された日本の企業で、東京証券取引所のプライム市場に上場しています。

主要事業としては、法人向けサービス、個人向けサービス、および取次販売を行っています。

 

光通信の給料・年収

 

株式会社光通信は、情報・通信業界において日本の先駆者といわれ、業界内での地位は非常に高いことで知られています。

特に注目なのは、同社の平均年収です。

2022年度における光通信の平均年収は、業界トップを誇る1682万円に達しています。

これは全国平均の年収614万円と比較しても、特に高い数字です。

また、光通信の年収は年齢層や役職、勤続年数によって異なり、以下がその金額となります。

 

・25~29歳:平均年収は962万円

・30~34歳:平均年収は1166万円、25~29歳と比較して204万円の増加

・35~39歳:平均年収は1357万円

・40~45歳:平均年収は1538万円

・50~54歳:平均年収は1875万円

・55~59歳:平均年収は2008万円

 

これらのデータは、株式会社光通信が公表している有価証券報告書と、厚生労働省が発表している金構造基本統計調査に基づいて試算されています。

光通信の高い平均年収は、同社が提供する高品質なサービスと、業界内での確固たる地位に裏打ちされています。

その業績と従業員への報酬によって、業界内でのリーダーとしての地位を確立しているとみられています。

 

光通信がやばいと言われる理由8つ

 

光通信が「やばい」と言われる理由をまとめると、以下の8つのポイントが挙げられます。

 

1.安定した利益を上げる大企業

 

光通信は、売上が5000億円を超えるなど、業績が非常に良い大企業です。

この安定した収益は、様々な業種で継続的な利益(ストック利益)を生み出す能力によるものです。

これは、一度顧客を獲得すると、その後も継続して収入を得られるビジネスモデルを意味します。

このような安定した経済基盤が、光通信の強みとなっています。

 

2.厳しい営業ノルマ、GPSで常に行動を監視

 

光通信は営業を主軸としており、営業ノルマが非常に厳しいことで知られています。

営業成績が年収に直結するため、社員は契約を取るために日々努力していますが、この厳しいノルマはプレッシャーになることも。

しかし、達成すれば昇給や昇進のチャンスがあり結果として、成果を出せば報われる環境があります。

ちなみに、社用携帯のGPS機能を使って営業などで外出する際には常に行動を監視されているという声もあるようです。

 

3.高い離職率

 

入社のハードルが比較的低めで、多くの人に高収入を得る機会が提供されています。

これは、企業としての魅力的な側面の一つです。

しかし一方で、この会社では全ての従業員に対して売上目標の達成が厳しく求められます。

このような厳しい職場環境が原因で、社員の中には退職する人も少なくないようです。

高い離職率の背後には、平等に与えられるチャンスと同様に、全員に等しく課される厳しい要求があると考えられます。

 

4.長時間労働で激務

 

過去には、光通信は長時間労働が常態化している「ブラック企業」と見なされていました。

特に営業職の残業が多く、ワークライフバランスが悪かったとされています。

しかし、最近では働き方改革の影響で労働時間が短縮され、労働環境が改善されています。

 

5.激詰め・パワハラ文化

 

以前の光通信では、営業ノルマを達成できないと、上司から厳しい叱責(激詰め)を受けることがありました。

この激詰めには、時に人格否定や暴言も含まれていたと言われています。

しかし、時代の変化と共に、このような文化は減少し、より穏やかな職場環境になっているとされています。

 

6.不祥事や事件

 

光通信では、過去に長時間労働による労災死亡事故が発生しました。

これは、社員が過重な労働により亡くなった事件で、会社の労働環境に対する批判を招きました。

この事件以降、光通信は労働環境の改善に取り組んでいます。

 

7.宗教的な研修合宿

 

以前の光通信では、非常に厳しい研修合宿が行われていました。

社訓を大声で叫んだり、長距離マラソンをしたりするなど、精神的・肉体的に厳しい内容でした。

しかし、最近ではこのような厳しい合宿は行われておらず、より穏やかな研修が行われているようです。

 

8.多くの社長・経営者を輩出

 

光通信は、多くの優秀な社長や経営者を輩出しています。

鎌田 和樹 UUUM 代表取締役CEO
佐藤 健一 ビジョン 代表取締役CEO
剣持 忠 メンバーズ 代表取締役社長
前多 俊宏 エムティーアイ 代表取締役社長

これは、光通信で培われた営業スキルや経営ノウハウが、起業や独立に役立っているためです。

また、光通信には独立支援制度もあり、実力が認められると独立に向けた支援を受けることができます。

部長レベルに達すると、最大で1億円の出資を受けることが可能です。

この制度は、社内での実績と能力が認められた社員に対して、独立への道を積極的にサポートするものです。

このような支援体制があるため、光通信からは多くの経営者が生まれています。

 

光通信の口コミ評判に関する感想

 

以下に良い口コミ、悪い口コミをそれぞれまとめてみました。

 

良い口コミ

 

・残業や休日出勤を厳しく制限しており、過労を防ぐ体制が整っている。

・成果を出せば、高い報酬や昇給の可能性がある。努力と成果が直接評価される環境で、自分の能力を発揮しやすい。

・努力した分だけ評価されるので仕事にやりがいがある。

 

悪い口コミ

 

・残業、休日出勤、連勤のルールが厳格で、少しの違反でも罰則があり給料が減ることがある。

・営業の成績を上げるために、強引な方法を使うことがある。違法すれすれの勧誘方法が問題視されていた。

・社員に対する過度なプレッシャー、体育会系色が強い。

・売上至上主義で、個人によって合う合わないがはっきりする。

・売上目標を達成しないと賞与が低くなる。

 

ブラック企業と言われていたイメージがまだ残っているように感じますが、最近では徐々に改善されてきていることがほとんどだそうです。

頑張りはしっかりと成果として返ってくるとのことでやりがいと感じている方も多い印象です。

あくまでも口コミは一例ですので、参考程度に御覧ください。

 

まとめ

 

光通信は、社員が自分の能力を存分に発揮し、成長できる環境を提供している会社です。

特に、自己実現を目指す人にとっては、挑戦を奨励する文化が魅力的です。

成果主義に基づく報酬体系は、努力と成果が直接給与に反映されるため、モチベーションを高く保つことができます。

また、独立を目指す社員に対する支援制度も充実しており、キャリアアップを目指す人にとっては非常に良い環境が整っていると言えるでしょう。

一方で、体育会系が強くかなり厳しい意見もありましたが、一昔前に行われていたことがほとんどで、現在の光通信は大きく変わりつつあるようです。

時代の変化に伴い、労働環境は大幅に改善され、パワハラなどの問題も解消されてきています。

このような変化を踏まえると、光通信は転職を考える際の魅力的な選択肢の一つと言えるのではないでしょうか。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました