リタリコはきついしやばいって本当?給料や年収、口コミ評判をまとめてみました。

スポンサーリンク

記事内にプロモーションを含む場合があります

リタリコはきついしやばい 医療/福祉/介護
スポンサーリンク

 

「リタリコはきついしやばいって本当?」そんな疑問を持つ方々のために、リタリコの給料、年収、そして実際に働く社員の口コミについて調べてみました。

そこから見えてくる職場の雰囲気、キャリアアップの可能性など、リタリコの働きやすさや成長機会などを記事では紹介していきます。

 

スポンサーリンク

リタリコの会社概要

 

項目 詳細
商号 株式会社 LITALICO(LITALICO Inc.)
所在地 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F/20F
資本金 464,103,183円
代表者 代表取締役会長 長谷川 敦弥
代表取締役社長 山口 文洋
代表取締役副社長 辻 高宏
グループ会社 株式会社LITALICOパートナーズ、株式会社LITALICOライフ、プラスワンソリューションズ株式会社、他
従業員数 グループ全体で4,137名(2023年3月時点)

リタリコ株式会社は、障害のある人々に特化したサービスを提供する日本の企業です。

主に、障害を持つ子どもたちや大人たちへの教育支援、就労支援、社会参加促進を目的とした多様なプログラムとサービスを展開しています。

 

リタリコの給料・年収

 

転職サイトdodaによると、社員の平均年収は約374万円で、年収の範囲は240万円から650万円になります。

これは122人の社員のデータに基づいており、その平均年齢は31.5歳です。

また、職種による年収の違いももちろんあります。

営業関連の職種(例えば営業、MR、営業企画など)では、平均年収は約436万円で、従事する社員の平均年齢は30.6歳です。

専門サービス系の職種(医療、福祉、教育、ブライダルなど)では、平均年収は361万円で、平均年齢は31.9歳。

その他の職種(公務員や団体職員など)では、平均年収は321万円で、平均年齢は26.1歳です。

年齢別のデータを見ると、25歳から29歳の社員の平均年収は356万円、最高年収は450万円で、この年齢層の社員数は33人です。

30歳から34歳では、平均年収は376万円、最高年収は900万円で、39人がこの範囲に含まれます。

35歳から39歳のグループでは、平均年収は385万円、最高年収は500万円で、19人が該当します。

最後に、40歳から44歳の社員は平均年収が466万円、最高年収が650万円で、この年齢層の社員数は9人です。

これらのデータから、LITALICOは多様な職種と年齢層の社員に対して、幅広い給与範囲を提供していることがわかります。

また、経験や職種に応じて給与も変動します。

 

リタリコがやばいと言われる理由

 

リタリコがやばいと言われている理由は以下4つです。

 

残業時間の長さ

 

リタリコは教育と福祉の分野で活動しており、一部の従業員からは残業時間が長いとの声が上がっています。

しかし、公式サイトによると、実際の平均残業時間は月に約14.5時間とされています。

この数字を厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査」の結果、全産業平均の所定外労働時間が平均約10.5時間であることと比較すると、リタリコの残業時間はやや長めですが、業種別平均の14時間と比べると大きな差はありません。

残業時間についての印象は、繁忙期や配属された部署によって異なるため、一部の従業員が「残業時間が長い」と感じることもあるようです。

現在、リタリコでは人事評価の一環として残業時間を考慮しており、過度な残業は評価に影響するような仕組みが取り入れられています。

 

低い年収

 

リタリコでは、2018年から2020年にかけての平均年収が約390万円程度であったことが報告されています。

これを国税庁が発表した「令和3年の民間給与実態統計調査」での一般的な正社員の平均年収508万円と比較すると、リタリコの年収はやや低めであることが分かります。

さらに、福祉業界全体の平均年収が407万円であることを考慮すると、リタリコの年収は業界平均を下回っていたと言えます。

しかし、2021年以降に給与体系が見直された結果、2022年のリタリコの平均年収は526万円にまで上昇したとのことです。

この変化は、同社の給与水準の改善を示唆しています。

現在では、能力や頑張りに見合った収入が得られていると思われます。

 

福利厚生が充実していない

 

リタリコでは、退職金や住宅補助などの金銭面でのサポートが少なめであるため、一部の社員からは不満の声が聞かれることがあります。

しかし、特に子育てをしている社員にとって働きやすい環境を提供している点が評価されています。

具体的には、育児休暇の取得がしやすい環境が整っており、時短勤務の制度も充実しています。

また、男性社員の育児休暇取得実績も多く、仕事と育児の両立を目指す親にとっては魅力的な職場となっています。

 

 

離職率の高さ

 

厚生労働省が発表した「新規学卒就職者の離職状況」によると、新卒者の3年以内の離職率は約30%に達しています。

これをリタリコの平均勤続年数と比較すると、リタリコの離職率は若干高めであると考えられます。

リタリコでは、子供向けの学習教室など体力を要する業務が多く、特にミドル・シニア層にとっては継続が困難な場合があるようです。

実際、リタリコの従業員の平均年齢は約32歳と比較的若く、体力的な負担を理由に退職を考える人もいることが確認されています。

一方で、リタリコは若手社員にも責任あるポジションを任せる機会が多く、短期間で多くの経験を積むことが可能です。

これは、キャリアアップを目指す若い人材にとって魅力的な環境と言えるでしょう。

 

リタリコの口コミ評判に関する感想

 

Indeedによると以下の良い口コミと悪い口コミがありました。

 

良い口コミ

 

サポート体制が充実

従業員は会社からのサポートを高く評価しており、特に新人や未経験者に対する指導やサポートが手厚いと言われていて、従業員が安心して職務に取り組むことができる環境を示しています。

新人教育プログラムは、実務に必要なスキルだけでなく、職場でのコミュニケーション能力やチームワークを育むことにも焦点を当てているようです。

また、経験豊富な先輩社員からのフィードバックや指導が、新人の成長を促進する重要な要素となっています。

このようなサポート体制は、従業員が自信を持って業務に取り組み、早期に成果を出すことを可能にしており、結果として高い職場の満足度につながっていると言えます。

 

働きやすい環境

柔軟な勤務体制や働きやすい職場環境が提供されているとの声が多く、ワークライフバランスを重視する従業員には特に好評のようです。

例えば、フレキシブルな勤務時間やリモートワークのオプションが、個々のライフスタイルに合わせた働き方を可能にしています。

これにより、従業員は仕事と私生活のバランスを取りやすく、ストレスを減らしながら効率的に働くことができます。

 

成長機会の提供

社員がスキルアップやキャリアアップを目指せる環境があり、自己成長を促進する文化があると評価されています。

研修プログラムやキャリア開発の機会が豊富にあり、社員は自分の能力を伸ばし、新しい挑戦をすることが奨励されています。

これにより、社員は自己成長を実感し長期的なキャリアパスを描くことが可能になっています。

 

社会貢献への取り組み

会社の社会貢献活動や教育への関与に対して、従業員からの肯定的な意見が見られます。

社会的な意義のあるプロジェクトに積極的に関わり、社員にもその一環として参加する機会を提供しています。

このような取り組みは、社員が仕事を通じて社会に貢献しているという実感を持つことを可能にし、職場のモチベーションを高めています。

 

コミュニケーションの良さ

社内のコミュニケーションが活発で、オープンな雰囲気があるとの評価があります。

社員間の意見交換が頻繁に行われ、新しいアイデアや提案が歓迎される文化もあるようです。

このようなコミュニケーションの良さは、チームワークを強化し社員が互いに協力し合いながら仕事が進められるとモチベーションにも繋がっています。

 

悪い口コミ

 

給与・待遇に関する不満

一部の従業員は給与や福利厚生に不満を持っており、業界平均と比較して低いと感じているようです。

特に、同業他社や市場平均と比較して低いとの意見が見受けられます。

また、昇給の機会が限られている、あるいは昇給の基準が不透明であるという指摘もあります。

福利厚生についても、特に住宅手当や家族手当などの補助が不十分だと感じる声があり、これが従業員のモチベーションや職場満足度に影響を与えている可能性があります。

 

ワークライフバランスの問題

長時間労働や休日出勤が必要な場合があり、ワークライフバランスを保つのが難しいという意見があります。

特に、長時間労働や休日出勤が必要な場合があるという声が多く、これが私生活や健康に影響を及ぼしているとの懸念があります。

また、仕事と家庭生活のバランスを取ることが難しいと感じる従業員もいるようです。

 

管理体制の問題

管理職や上層部の方針に対する不満が見受けられ、コミュニケーションの問題や意思決定の透明性に欠けるとの声もあります。

また、一部の管理職によるサポートの不足や、指導方法に関する不満も見受けられます。

 

キャリアアップの機会の限界

昇進やキャリアアップの機会が限られていると感じる従業員もいるようです。

また、スキルアップや専門知識の習得に関するサポートが不十分であると感じる声もあり、これがキャリアの成長に対する不安を生んでいます。

 

職場環境に関する懸念

一部のレビューでは、職場の雰囲気やチームワークに問題があると指摘されています。

特に、職場の雰囲気やチームワークに問題があると指摘されることがあります。

これには、社内の人間関係の複雑さや、チーム間のコミュニケーションの不足が原因となっている可能性があります。

また、ストレスの多い作業環境や、過度なプレッシャーを感じることも、従業員の不満に繋がっているようです。

 

まとめ

 

リタリコは企業としての社会的責任と貢献に注力している点は高く評価されています。

しかし、従業員からのフィードバックには、給与や福利厚生、ワークライフバランス、管理体制、キャリアアップの機会など、いくつかの改善点も指摘されているのがあります。

特に、給与面での不満や、長時間労働によるワークライフバランスの問題は、従業員の満足度やモチベーションに影響を与える重要な要素です。

一方で、育休取得のしやすさや、若手に責任あるポジションを任せるなど、ポジティブな面も存在します。

これらの点を踏まえると、リタリコは社会貢献度の高い企業である一方で、従業員の働きやすさやキャリア開発に関しては、さらなる改善の余地があると言えるのではないでしょうか。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました