銀行の事務はきつい?仕事内容や1日の流れとは!辞めたい理由や口コミ評判

スポンサーリンク
銀行の事務はきつい? 事務職/管理職

 

テレビやドラマで、銀行の事務のお仕事は「一円でも合わないと帰れない!」という場面をよくご覧になりますよね。

皆さんにも、銀行はお堅く、きっちりとしたイメージがあるのではないかと思います。

銀行員は真面目で几帳面、ミスは許されないんじゃないか…など事務とはいっても少しハードルの高いお仕事の印象があるかもしれません。

では、事務のお仕事はどんな作業をしているのでしょうか?

実際の銀行の事務のお仕事の内容はどんなものなのでしょうか?

一日のお仕事の流れは?

実際の仕事はきついの?

などなどこの記事ではご紹介していきます。

 

銀行の事務はどんな仕事?

 

銀行のお仕事はいくつもの係に分担されて分かれており、大きく分けて3つあります。

 

窓口業務

 

一つ目が、窓口担当としてご来店されたお客様の入金や出金・振込などを受付する窓口業務です。

皆さんが銀行で一番馴染みがあるのが窓口業務ではないでしょうか。

 

バックオフィス業務

 

2つ目が、窓口の後ろで時間のかかる処理や窓口のサポートをするバックオフィス業務です。

 

現金管理業務

 

そして3つ目が、各店舗にある現金を管理する業務です。

このお金を管理する業務は店舗に付属しているATMのお金を入れたり出したり、数えたり…

また、店舗にある大きな金庫のお金を管理したり、時にはお客様の持ってきた古い硬貨を精査したり、と業務は多岐にわたっています。

 

どの業務も「お金」と直接的に関わらなければならないので、非常にセンシティブなお仕事です。

 

銀行の事務の1日の流れとは

 

ここでは皆さんの一番イメージのしやすい、窓口業務の一日の流れについてご説明します。

銀行の営業開始時間は朝の9時です。

窓口担当者は8時30分前後には出勤し、処理する機械の電源を入れたり等、開店までの準備を行います。

場合によっては全体の朝礼なども実施されるので参加したりもします。

9時、営業開始に伴いお客様が来られます。

そこでは、お客様が持ってきた処理、入金・出勤・税金の納付や振り込みなどのご希望された処理を実施します。

お昼は基本的に交代制を取ります。

なぜなら銀行には昼休みがないからです。

窓口担当者は時間交代でお昼を取ります。

15時までの時間、お客様対応を終えたら窓口業務は終了です。

その後は、精査作業があります。

一日で動いたお金の流れに間違いはないかATMや窓口のお金を精査する作業をそれぞれ実施して、無事に精査が取れたら業務が終了します。

 

銀行の事務はきつい?

 

「お金」を扱う仕事なのでミスは許されません。

間違えてしまった時への銀行の信頼そして個人のミスに対するペナルティ・責任も重大です。

それがたとえ、パート・新入行員であっても責任は同じように取らないといけないので安定して事務をできる分、他の業種に比べ責任が大きい面では銀行の業務はつらいといえるでしょう。

 

銀行の事務職の給料や年収に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

銀行の事務は給料安い?年収やボーナスはいくら?転職に必要な資格や面接の志望動機の書き方とは!
銀行員は安定的にお給料をもらえる!安定していてお給料が高い!そんなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか? でも実際のところの年収は? ボーナスはどれくらいなの? 銀行員の事務としてのお仕事を希望する際に必要な資格や、...

 

銀行の事務はネイルや髪型、髪色や靴は自由?

 

基本的には、それぞれの銀行で服装に関しての「ガイドライン」があります。

銀行は信用が大事ですので、全般的に長い髪は結び、髪色は明るすぎず、ネイルや靴も派手ではないノーマルな指定がされているところがほとんどです。

お客様に不快感を与えない、そのような軸で制定されている銀行が多いでしょう。

 

銀行の事務を辞めたくなる理由とは

 

銀行の仕事は事務作業でも責任は重いですが、お給料はそこまで高いものではありません。

安定してお給料をもらえることは確かですが、その分のお客様対応・事務作業を総合的に判断して、もっと気楽に働きたい!そう思うような方はやめたくなる傾向が多くあります。

また、女性が多い仕事ですので人間関係へのストレス、お給料や仕事に対しての責任感の重さで耐えられなくなって辞めてしまう方も多くいます。

 

銀行の広報部の仕事内容やきつさに関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

404 NOT FOUND | 事務ジョブス
事務職に特化した専門情報発信ブログ!

 

銀行の事務はやめとけ?

 

銀行の事務のお仕事は的確に継続的に事務をこなすことができる人には大変適した職場です。

一方で、センシティブな中で、女性の多い環境で黙々と仕事をしなければならないので、やりがいや楽しさを求める方はやめておいたほうがいいでしょう。

また、ミスをしないのが当たり前であるので、基本的に評価についても減点方式です。

自分の作業に対してしっかりとプラス面を見てもらいたい、そんな方には働いていてストレスを感じてしまう場面が多くあるかもしれません。

 

銀行の事務に向いている人、向いていない人とは

 

銀行の事務に向いている人はまさに「数字に強く、責任感があり、どんな状況下でも的確に事務をこなせる人」です。

窓口ではお客様を待たせてしまい怒られてしまうこともあります。

そのような状況下でもミスは許されません。

いつでも落ち着いて淡々と作業をこなすことができる人、そんな人が銀行の事務には向いていると思われます。

逆に、細かい作業が苦手だったり、数字に向き合うことが不得意でプレッシャー下で焦りやすい人には銀行の事務は向いていないと言えるかもしれません。

 

銀行の事務の離職率はどれくらい?

 

銀行の事務の離職率は低いといえるでしょう。

向いている人にとっては、安定的にお給料を受け取ることができるので、高収入でなくてもよく、プライベートと仕事を分けて充実させたい人には向いている職業です。

そのような方は比較的長く勤務をされる傾向があるので、1年以上仕事をして慣れてきた方の離職率は10~20%ほどです。

 

銀行の事務の口コミ評判とは

 

銀行の事務は大変そう、ミスが許されない、何かあったら帰れない!などというイメージがありますが、まさに本当です。

また、銀行の事務で働いているということを周囲の人に伝えると「真面目でしっかりしている」というイメージをもってもらうことも多いです。

命の次に大事な「お金」を扱う仕事ですから、もちろんミスに対しての責任は多くあります。

その分、しっかりと仕事をこなしていれば安定的にお給料はもらえますし、自分の時間もしっかりとれます。

 

まとめ

 

この記事でお話したように、銀行の事務は一般的なイメージ通りにお固く慎重な現場です。

一方で、この適正にあった方には、安定して働くことのできる職業ですので、責任持って安定的にお仕事をしたい!そんな方はぜひ銀行の事務にチャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました