商社の事務は給料安い?年収やボーナスはいくら?転職に必要な資格や面接の志望動機の書き方とは!

スポンサーリンク
商社の事務は給料安い? 事務職/管理職

 

転職したい!誰もが一度は感じた事があると思います。

その理由は何でしょうか?

人間関係、給与面の不満、それが一番多い理由ではないでしょうか。

人間関係は、正直入ってみないと分からないと思います。

給与面の情報だけでも分かれば有り難いですよね。

当記事では、実際働いている人からの生の声をご紹介します。

転職活動の情報収集のお役に立てれば幸いです。

 

商社の事務への転職に必要な資格やパソコンのスキルとは

 

商社の営業事務に特に必要だと言うスキルは特にありませんが、お客様へたくさんのメールを送ったりします。

書類を作成し、メールに添付してお送りする事もあります。

早く数をこなすためには、基本的な操作や書類作成のスキルは必要です。

筆者は、MOSのExcel、wordのスペシャリストを取得しておりますが、転職の際に「パソコンの基本操作は可能です」と言っても面接官には具体的なスキルは伝わりにくいです。

パソコンの資格があれば説得性があります。

 

商社の事務の給料や年収、ボーナスはいくら?

 

商社の営業事務の給与面は、地域性がかなり色濃く出ますので、金額では地域格差が出てしまい参考になりにくいと思いますが、一般事務よりは給与は少し高いです。

ボーナスは営業の成績によりますが、1年で基本給の4か月程です。

 

商社の事務の給料明細とは

 

商社の事務は給料安い?

 

商社の事務の給料は安い?高い?

 

商社の営業事務は、一般事務よりは少し高い方です。

筆者は一般事務も経験してきておりますので比較しますと、営業事務の仕事は多岐にわたりますし、営業担当者へのサポートも比重が重いので、基本給の設定が若干高めです。

 

商社の事務の給料を上げるには

 

商社の営業事務の給与を上げるには、昇給の査定が良くないといけません。

一般事務と違って、営業事務は、営業担当の成績が上がるようにサポートする事で、目に見えて営業事務の力添えの大きさが表現できます。

営業担当者の必要とする事を先にプラスα仕事して回す、お客様とより良い関係性を築いておくと何かご要望の際にお声掛けして頂けるので、営業事務として努力をしておけば担当営業の成績にも跳ね返り必然的に営業事務の給料に反映してきます。

 

商社の事務の面接時の服装は?

 

商社の営業事務の面接時の服装は、一般的なリクルートスーツや、オフィスカジュアルの様な服装で構わないと思います。

社員に制服があるところもありますが、一般的にオフィスカジュアルな服装指定の私服の会社も多いです。

面接時もその様な服装で大丈夫です。

 

商社の事務の志望動機の書き方や例文とは

 

商社の営業事務として求められるポイントは、周りへの配慮ができ、サポートに徹する事が出来るか、人のために動く事が出来るか、先を見据えて積極的に仕事ができるかだと思います。

お客様への応対、メール等が頻繁なので、ビジネスマナー関係も資格としてアピールできます。

資料作成もたくさんある為、パソコン関連の資格がある方もアピールしてください。

企業理念や会社概要を調べることも必須です。

そこに自分のアピールポイントをからませて、自分の強みをどのように仕事に活かせるかを明確に書くようにしましょう。

 

商社の事務の面接で聞かれることやポイントとは

 

商社の営業事務の面接で聞かれる事は今までの仕事の経験値、これは必須です。

より経験がある方がオールマイティーに働ける事が期待されます。

資格もあれば、他の候補者にも差をつける事ができると思います。

筆者の面接時は、志望動機、資格の有無、前職退職の理由、短所長所の質問と、ストレス解消法の質問、意気込みは、と言う内容でした。

志望動機には会社の理念や方向性に自分の強みを盛り込んでアピールし、資格も子供が小さいときに先を見据えて取得したと言う努力ポイントも盛り込みました。

前職退職理由は、ネガティブ要素のない様に説明しました。

長所短所もネガティブに聞こえないように、アピールする事を心掛けました。ストレス解消法は、簡単に誰でもすぐに出来る事を、ほとんど寝たら忘れてしまう、と言う様にため込まない、前向き思考なところをアピールしました。

意気込みでは、コミュニケーション能力を活かすこと、目配り気配りが大切という事、先を見据えて仕事に取り組める事を具体的に説明し、意欲的に受け取ってもらえるようにアピールしました。

アピールばかりだと自信家にうつってしまうと逆効果なので、企業の求める人材を把握して、それに見合うようにアピールする事が大切だと思います。

「最後に何か質問はありませんか?」に「ないです」と答えがちではありますが、ここで何かを質問した方が前向きと捉えてもらえそうなので、筆者は「中途採用者はどのくらいいらっしゃるのか、どのように活躍されているのか」を質問しました。

結果、採用していただけたので、ご参考までに。

こういう時には「ないです」で終わるより良かったのかもしれません。

 

まとめ

 

転職は、労力も気力も必要です。

転職活動をしてすぐに採用になる事はなかなかないと思います。

気力もどんどん失われてしまうかもしれません。

転職活動を続けていくためにはモチベーションを保つ事も大切ですが、より成果につなげるために情報収集を怠らない事です。

企業の情報も大切ですが、面接への備えも大切です。

当記事が少しでもあなたにとって、背中を押すきっかけとなれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました