製薬会社の品質管理職の給料は安い?年収や給料明細、口コミや評判とは!

製薬会社の品質管理職の給料 未分類

 

この記事では製薬会社の品質管理職の給料や、給料をアップさせる秘訣についてお伝えします。

実際に製薬会社の品質管理職を経験したからこそわかる内部事情、志望動機や面接の対策まで紹介するので、製薬会社の品質管理職を目指すあなたはぜひ最後まで読んでみてください。

 

製薬会社の品質管理職の給料や年収はどれくらい?

 

私は中堅の製薬会社に勤めていました。

製薬会社の平均年収は他の業界と比べて高く、部署に関わらず世間一般的には高めだと思います。

そのため同じような品質管理の仕事でも食品会社や飲料メーカーの品質管理と比べても同等もしくはそれ以上です。

在籍中に人事部の人から聞いた話では、製薬会社は平均年収が高いから人事部で転職を考えている人に人気の業界と聞きました。

私の会社では、係長クラスで残業をして800万円ほど課長クラスで1000万円ほどでした。

一般職は在籍年数に応じて年収300万円代~700万円台に徐々に上がります。

 

製薬会社の品質管理職の給料は安い?

 

製薬会社の品質管理職は、実際に手を動かして製品の品質管理試験をし続ける人と、マネージメント候補の人では同じ部署でも給料の上がり方が違っていました。

私の会社では品質管理部のほとんどが技術職という職種で、技術職は品質試験を日々実施するお仕事です。

一方、新製品の技術移転に対応したり、社内のプロジェクトに参画したりするのが開発職で、マネージメントの候補にもなります。

開発職のほうが高度なトラブルにも対応することがあったり、自ら業務を開拓して進めていったりするので、基本給は高めです。

また残業代やボーナスも全て基本給がベースになるので、開発職の人のほうが技術職の人より年収は高いです。

長年ルーティンワークを続けている技術職であれば、基本給の上がり方は緩やかで給料は安いかもしれません。

 

製薬会社の品質管理職の給料アップの秘訣は

 

ある程度の社歴を積むと、技術職と開発職の差がはっきり分かれていました。

技術職はルーティン業務を担当し、開発職はプロジェクト推進業務を担当していました。

開発職のほうが給料は高いです。

技術職で入社した人でも、日々の努力と社内の試験に合格すれば、開発職に転向することができました。

給料アップを目指すには、開発職になることがおすすめです。

できればルーティン業務を続けながら給料アップしたいなら、ボーナスの査定を上げるのが効果的です。

日々のルーティン業務の中にも改善できる小さなことがたくさんあります。

作業効率が上がる改善を提案できると、ボーナスの査定で高評価が得られやすかったですよ。

 

製薬会社の品質管理職になる方法に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

🔗製薬会社の品質管理職になるには!必要な資格や難易度、仕事内容とは!

 

製薬会社の品質管理職の口コミや評判について

 

私は研究職からのジョブローテーションで品質管理職を経験しました。

ジョブローテーションとは、関連部署に異動して経験を積み多角的な視点を取り入れ、元の部署に戻って経験を生かす目的で行われていました。

何でも自由に変えられる研究職とは違い、製薬会社の品質管理職は全てが手順書で固定されており、変更するのには手続きが必要でした。

そのため、私は異動当初とても戸惑いましたが、慣れると問題なく作業できる環境でした。

製薬会社の品質管理職を経験すると確実に分析技術が身に付くので、製薬業界以外への転職でも有利になります。

製薬会社の品質管理は品質管理の中でも一番難しい業界なので、一度経験しているとどんな会社の品質管理でも重宝されると思います。

 

製薬会社の品質管理職の志望動機の書き方や面接のポイントとは

 

・志望動機の書き方

 

薬は人の病気を治し健康を守る大切なものです。

体内に入れるものだからこそ、製品の品質が劣っていることは許されず、厳しいチェックが必要です。

いかに製薬会社の品質管理が重要な仕事であるかを認識しているかを伝え、その責任のある仕事を誠実にこなせることをアピールできればいいのではないでしょうか。

分析技術をすでに持っている人であれば、即戦力になることをアピールした上で、その会社を選んだ理由を書くことがいいと思います。

 

・面接のポイント

 

学生時代に使ったことのある分析機器や技術について聞かれるかもしれません。

私の会社は人手不足だったので、即戦力になる人は面接でも有利だったと思います。

これまで触ったことのない機器でも、勉強する熱意が伝われば好印象を与えることでしょう。

 

給料アップの秘訣は改善点を提案すること

 

製薬会社の品質管理職の給料や給料アップの秘訣についてお伝えしました。

ルーティン業務が多い製薬会社の品質管理職ですが、給料アップには改善点を提案したり、開発職に転向したりすることです。

毎日同じ作業の中にも改善できることがあるかもしれません。

小さな改善点も見逃さず、日々の業務に誠実に携わっていればきっと給料アップにつながりますよ。

タイトルとURLをコピーしました