生保営業の給料や年収はどれくらい?服装や身だしなみ、成功のヒントとは!

生保営業の給料や年収 営業職

 

生保の営業の給料や平均年収はどれくらい?

 

生命保険の営業に興味がある方に最適な情報をお伝えいたします。

保険営業をやるからには報酬ですよね。

年収はどれくらいもらえるか、給与形態はどうなっているのか?

最初の採用形態で給与が変わってきます。

正社員か、契約社員か、アルバイト、パートかで給与形態が、変わります。

そして国内の生命保険会社と外資系の生命保険会社でも給与形態は違います。

大まかに言いますと、国内の保険会社の給与査定は、保障金額で見ます。

仮に1000万円の保障の終身保険を1件とりました。

その保障額の何%が給与査定に反映されます。

外資系の保険会社は、ご契約をいただいた保険料に対して給与査定されます。

保険料が高額であれば、それに見合う給与が支給されます。

簡単に述べました。生命保険の営業のお仕事につきたい方、やったらやるだけ給与は跳ね上がります。

やりがいのあるお仕事です。

安心してください。

次に男性の平均給与は466万円です。

女性の平均給与は274万円です。

他のお仕事と比較しても高い給与形態です。

年齢からも比較できます。

もっとも高い年収をもらっている年齢は?

 

男性では50歳から54歳です。

年収は628万円です。

女性は65歳から69歳です。

生命保険の会社は未だに年齢が高い方が、給与も高いと言うことです。

 

私の場合は、最初は正社員として採用されました。

あの当時(30年前)は、初任給は16万円でした。

私は大卒なので、初任給は18万円でした。

その後は育成所長年収は(400万円)になり、係長(500万円)、課長(650万円)、次長(700万円)、部長(900万円)、本部長(1500万円)、取締役(3000万円)になりました。

頑張ったらこのように給与は跳ね上がります。

生保営業は10年間頑張りました。

その後は職を転々と変えていました。

今は年金暮らしです。

保険の営業の仕事は楽しい?

保険営業はまず色々なお客様と接して、保険という目に見えないものを販売します。

そのためには売るための保険商品は勉強し、理解しておかないと人に販売できません。

生命保険は万一の時の安心を得るためのものであり、そのことをお客様に確実、丁寧に、分かりやすく伝えることが最重要です。

生半可な説明でお客様が納得していないのに、契約を取ると後で必ずキャンセルが来て、再度、上司と一緒に説明のし直し、二度手間になります。

後は月のノルマが支店ごとにあります。

私の場合は育成所長がいてチームで動いていました。

だいたい5名体制でそのチームでいくらの保障額を取るか?

1件、契約成立すれば給与も跳ね上がります。

そこが楽しく、また一件と気持ちが高まります。

月に一件も取れないと焦って親戚、知人に走り、やっとのことで契約成立。

そのようなことにならないように顧客をたくさん作り、自分自身のファンをたくさんつくってください。

あとは常に保険商品の勉強を毎日3時間は勉強してください。

 

生保営業の成功の秘訣は?

人に親近感を感じるときは、リラックスしている状態の時です。

もし自分が緊張していたら、お客様にもその緊張が伝わってしまい、心を開いていただくことはできません。

だから、まず自分の心を開くことからはじめましょう。

それも難しかったら、ハガキを書いてみることから始めましょう。

相手の方からお声掛けしてもらえるように。

同じ言葉を話していても、その言葉が相手にきちんと伝わる場合と、あまり伝わらない場合があります。

それは、言葉は「耳」ではなく、「脳」で聞かれているからです。

もし相手が緊張していたり、他の事を考えているとその言葉は伝わりません。

だから、相手にきちんと言葉を伝えるためには、どんな言葉を話すよりかよりも、まず「聞く耳」をもっていただくことが大切です。

そして、「信頼関係」が大前提になります。

信頼関係作りには継続訪問に加えてハガキをやってみて、どうせ営業しても見込みにはならないからとか決してそんなことはありません。

それは、「見込みがない」のではなく「見えない」だけなんです。

自分の心が脳を支配して、見えなくさせているだけなんです。

お客様の心も環境も信頼度も変わっていないと思うから見えないだけなんです。

こんな時は、出会った人のところに、ご無沙汰している人のところに行ってみてください。

電話をかけてみてください。

ハガキを出してみてください。

すると、突然に道は開かれます。

「思い込み」を捨てて、「思いつき」を拾ってください。

意味があるから「思いつく」のです。

あとは先にも述べましたが、自分自身のファンをたくさんつくってください。

お客様の誕生日には誕生日カードを送付するとか?

常に契約をいただいたお客様のことを考えること。

契約をいただいたら、あとは(なしのつぶて)ではダメです。

あとはお客様からご紹介をいただけるように信頼関係を築いてください。

それが、成功のヒントです。

生保営業の服装や身だしなみ

特別にお洒落でなくとも、当たり前の装いをきちんとできていることが大切です。

男性営業マンも営業時はしっかり着こなし印象が悪くならないよう注意してください。

女性営業スタッフはきちんと肌着をつけていたり、スーツやシャツが後姿までパリッとしていたりする方はお仕事もきちっとしていそうな印象を持ちます。

後ろ姿は自分ではチェックしにくいですが、他人は必ず目にするものです。

外回りという仕事柄、悪天候の対策が上手な方も、素敵だなと感じます。

靴が磨いていなかったり、ベルトがくたびれていたりするのはもったいないです。

口臭ケアが不十分だったり、香水をつけすぎていたりするのも気になります。

高級でなくても、その人に合った装いがきちんとできている方は尊敬します。

確かに自由度は高いのですが、装いへの意識はとても大切です。

若いスタッフが多く、新規参入も多いからこそ、相手をきちんと敬っていると感じてもらえる服装が大切なんです。

実際に男女に問われず違和感のない服装であること。

清潔感、爽やかさが大事です。

もちろんお洒落を楽しむのはいいことだと思いますし、場の雰囲気が明るくなり、本人に似合っていればベストです。

洒落感にこだわってシャツの下に肌着をつけない人もいますが、汗でベタついている姿は見た目にもあまり好ましくないです。

ビジネスシーンでは、相手から見たときにどう映るか、ちゃんと配慮ができている方に好感が持てます。

お客様にお会いした時の第一印象が大事です。

だらしない服装をして訪問すれば、契約成立はその時点でアウトです。

お客様のところへ行く前に身だしなみチェックが最重要課題です。

みなさん、しっかり考えてください。

生保営業になるには

保険営業とは、個人のお客さまに対して保険への加入を提案し、契約の手伝いをする仕事です。

保険はお客さまの人生設計に大きく関わる商材ですので、それぞれの人生プランをきちんと理解し、その実現に合った保険をオススメすることが重要になります。

保険には生命保険や自動車保険など、さまざまな種類の保険があり、扱う商品について詳しく説明できる専門的な知識が必要となります。

また、保険業界には外資系企業、国内企業がありますが、仕事内容に大きな違いはありません。

それよりも、保険会社に所属して自社の保険を売る営業職と、複数の企業の保険商品を取り扱う保険代理店の営業職とでは、保険営業としての仕事内容に大きな違いがあります。

具体的な違いとしては、保険会社に所属している場合、電話や飛び込み営業でアポイントを取ることが多いのですが、保険代理店の営業職の場合は基本的に店舗に配属となり、来店したお客さまに合った保険を提案していく営業スタイルとなります。

いずれにせよ、お客さまの人生プランや現在抱えている生活の不安などもヒアリングした上で、取扱い商品の中から最適な保険のプランを提案していくことが必要です。

また、お客さまの人生にとって非常に重要な商品のため、お客さまと信頼関係を築き、納得した上で契約してもらえることが大切です。

保険営業の仕事は、お客さまの不安や生活に寄り添うことが大切な一方で、数字にシビアな仕事です。

常に営業としての提案力や行動力も求められる仕事ですので、営業力を身に付けたい人にとって、多くの経験を積める職種と言えます。

 生保の営業のやりがい

1 お客さまの悩みや不安に寄り添える
2 専門知識を自分の人生に活かせる
3 保険や資産運用などの専門知識が身に付く

保険営業は、「保険」という無形商材だからこそ、お客さまの人生に深く寄り添うことが可能な職種です。

お客さまの人生プランや、家族構成、ときには抱えているローンも含めた収支など、他人にはなかなか話さないような情報を打ち明けてもらう場合もあります。

お客さまが安心して日々の生活を送れるよう、万が一の際には不安をなるべく少なく過ごしてもらえるよう一人一人に合った保険プランを提案することで人の役に立つことができます。

そこが、私たちのやりがいを感じる時です。

 まとめ

色々と長々と書きましたが、理解していただけたでしょうか?

現時点で日本は少子高齢化が進んでいます。

一人一人が健康で長生きできるように、生保スタッフは、日夜、頑張っています。

生保の営業を目指す若い方々、これからもインターネット社会の中で、生き残るためには、どうすれば良いかを現時点で模索してください。

また、仕事を通じて身に付く保険や資産運用といった知識は普遍的に必要とされていくため、専門知識を身に付けた市場価値の高い人材になることが可能です。

さらに保険は自身の人生にも大きく関係してくるものなので、自身の人生プランを考える際にも、仕事で身に付けた専門知識を活かすことができることもメリットの一つでしょう。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました