ハウスメーカーの営業はきつい?必要資格や仕事内容、辞めたい理由を元担当者が暴露!

スポンサーリンク
ハウスメーカー営業きつい 営業職

 

私は、あるハウスメーカーに10年ほど勤務していました。

色々な部署を経験し、営業部に配属されたこともあります。

営業と聞くと、きついノルマや残業ばかりしているといったイメージがあるかも…。

確かに、きつくて大変な部分はあります。

でも、やりがいや仕事が生きがいだと感じるようなこともありました。

営業は入れ替わりが激しく…辞めていく人のリアルな理由などもご紹介。

私の経験から、ハウスメーカーの営業の中身、必要な資格や仕事内容などなどをまとめました。

 

ハウスメーカーの営業の仕事内容や1日の流れ

 

ハウスメーカーの営業の仕事とは、もちろん家を売ることです。

家を建てようかなぁと考えているお客様に家を提案し、契約をしてもらいます。

新人営業のある一日のスケジュールですが、朝は上司に行動計画を報告します。

前日までのお客様の動きなどもあれば、朝の会議で伝えます。

作戦会議のような感じです^^

契約していただいたお客様への連絡も忘れません。

契約だけをして終わりというわけではないのです。

家を引き渡した後も長く付き合いは続きます。

モデルハウスでの対応などもお仕事のひとつです。

新人のころは、そのハウスメーカーの特色や性能などを覚えることに必死でした。

間取りや図面の味方なども少しずつ覚えていきます。

ベテラン営業は、なにもかも自分でできるようになってきます。

一か月に何軒も契約するような営業もいましたよ。

 

ハウスメーカーの営業に必要な資格や求められるスキルとは

 

ハウスメーカーの営業に必要な資格は、特にありません。

ただ、あればいいなという資格は、宅建建築士ファイナンシャルプランナーなどがあります。

ハウスメーカーの営業は、住宅を扱う仕事なので、住宅に関わる資格があれば強みになります。

また、家を買う時に大事なのがお金。

大きな買い物をすることになるので、ファイナンシャルプランナーの資格があれば頼りになりますよね。

お客様にも信頼されます。

求められるスキルは、コミュニケーション能力と誠実さだと思います。

お客様は、たくさんのハウスメーカーの中からひとつを選ぶのです。

だから、この人に任せたいと思ってもらえることが大事。

「営業さんが気に入ったから契約したのよ。」というお客様も結構多いのです。

 

ハウスメーカーの営業の仕事はきつい?

 

ハウスメーカーの営業の仕事はきついかどうか…ですが、けっこうきついです。

どんな業界でも営業はノルマがあると思いますが、大きな買い物だからこそノルマをクリアすることが大変^^;

それに、お客様の予定に合わせて行動するので、夜遅くまで帰れないことも度々あり…。

お休みの日に電話がかかってくるなんてこともありました。

でも、お客様に契約していただいて、完成した家を引き渡した瞬間、喜びの声を聞いた時には本当にうれしくてやりがいを感じました。

私は、仕事中心の毎日を過ごしていましたが、本当に生きがいだと思っていましたし、充実した毎日でした。

 

ハウスメーカーの営業の給料や年収などはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗ハウスメーカーの営業の給料や年収はいくら?よくあるトラブルや面接のポイントまで/まとめ

 

ハウスメーカーの営業に向いている人、向いていない人とは

 

ハウスメーカーの営業に向いている人は、家を売りたい、がっつり仕事を頑張りたいという向上心のある人です。

逆に向いていない人は、そういった向上心のない人ですね…。

ガンガン稼ぎたいという人には、ハウスメーカーの営業はぴったりです。

実績が評価されます。

のんびり仕事をしたい、指示されたことしかしたくないという人には難しいかもしれません。

 

ハウスメーカーの営業を体験した実際の口コミや評判

 

ハウスメーカーの営業を体験した実際の口コミは、「競合他社に勝った瞬間はめちゃくちゃ嬉しい。」「売れば売るだけ儲かるから最高!」「間取りを考えたり、建築士になったようで楽しい。」といった良い評価もたくさんあります。

悪い口コミになると、「残業がキツイ…。」「ノルマでノイローゼになりそう。」「売れなければ仕事になりません。」といったように、仕事がうまくいかなかった人は評価も悪いですね。

 

ハウスメーカーの営業のストレスや辞めたい理由とは

 

ハウスメーカーの営業のストレスは、ノルマと対人関係のトラブルでした。

月末に行われていた会議で、営業全員の前で、ノルマが達成できなかった理由などを追及されるのです。

来月はできなかった部分も含めて頑張りますと言ったりしていたのですが、もう何か月も0は許されないですしね。

家が売れないと辞めたくなりますよね。

また、家は大きな買い物、クレームや苦情の対応も大変です。

お客様との間で、一度トラブルが起きると信頼を取り戻すのは大変。

お客様のことを常に考えることで、気疲れしてしまったり、ストレスを感じることもありました。

 

ハウスメーカーの営業は大変だけどやりがいがある

 

ハウスメーカーの営業は、かっこよくてキラキラしているイメージかもしれません。

でも、たくさんやることがあり、大変だしきついこともあります。

その分、やりがいはあるし、自分自身が成長できる素敵な職業だと思います。

タイトルとURLをコピーしました