便利屋の開業方法とは!必要な資格や資金はどれくらい?

スポンサーリンク

記事内にプロモーションを含む場合があります

便利屋の開業方法とは サービス業/販売/飲食
スポンサーリンク

 

便利屋として開業したいときにどうしたらいいか、便利屋の開業に必要な資格や資金を書いていくので最後まで読んでみてください!

 

スポンサーリンク

便利屋の開業までの流れとは

 

便利屋で開業するためには、まず作業の知識と技術を身につけなければいけません。

正社員でもアルバイトとしてでもいいので、便利屋もしくは専門業者で数年ほどは経験を積んだ方がいいでしょう。

その中で意識するといいことがいくつかあります。

 

①得意作業を作る

 

開業する上でメイン作業として推すための得意作業を複数持っておくといいでしょう。

自分でできる作業の種類が多ければ、人に教えることもできるし、自分が苦手な作業を得意としている人を雇う数を減らすことができ、最低限の人件費でスタートできます。

 

経営のノウハウを学ぶ

 

集客の仕方、客単価の決め方から事務作業まで自分が開業する際に何が必要かを実際のお店の運営を見ながら学びましょう。

社員との人間関係の作り方も勉強するといいです。

 

③便利屋の需要がありそうなエリアを探す

 

自分で開業する場合、立地がとても重要になってきます。

競合他社の少ないエリアで開業するのが一番いいので、これも同時進行で進めましょう。

これらの経験を経て開業する場所を決め、税務署に開業届を提出して実際にオープンするという流れになります。

 

便利屋の開業に必要な資格は

 

便利屋として開業すること自体には資格は必要ありません。

しかし、実際に行う作業の中で必要な資格が出てきます。

 

電気工事士

 

エアコン脱着や、コンセント工事など小さな規模の作業は第2種の電気工事士の資格が必要になります。

 

古物商・産業廃棄物収集運搬業

 

不用品処理の作業で持っているといい資格です。

 

探偵

 

人探しや浮気調査などの依頼が来たとき必要になります。

 

貨物運送届出

 

引っ越しや運搬作業で必要です。

 

 

細かな資格はまだありますが、これらを取っておけばかなりの作業をカバーできるので取っておくことがおすすめです。

 

便利屋の開業に必要な資金はいくら?

 

便利屋で開業する際、1人でやっていくのか、従業員を雇ってやっていくのかによって開業資金が大きく異なります。

立地などでも大きく異なるので参考程度の金額になります。

 

1人でやる場合

 

車両費50~150万、資機材費40~70万、広告費30~50万

 

数人でやる場合

 

上記車両費の台数分、資機材費と広告費は同じ金額

 

もしフランチャイズで開業する場合、加盟金・研修費・保証金等が別途発生します。

数十万の所もあれば数百万かかる所もあるので事前に調べておくといいでしょう。

 

便利屋の開業届の書き方は

 

便利屋での開業届の書き方ですが、便利屋に限らずどの事業でも書く書類は同じです。

簡単にポイントをまとめていきますね。

 

職業欄に便利屋と記入

屋号は登録されていなければどんな名前でもOK

事業の概要は具体的な作業名でもいいですし、わからなければ便利業で大丈夫です。

 

その他必要事項を記入すれば開業届はOKです。

実際細かい所は見られないことが多いので、多少の数字のズレなどがあっても問題ないです。

また同時に青色申告承認申請書も一緒に提出することをおすすめします。

難しい項目はないので必要事項を記入して提出してください。

 

便利屋の仕事の取り方は

 

便利屋での仕事の取り方ですが、大きく3つあるので紹介していきます。

 

①便利屋で経験を積んでいた時のお客様を引き込む

 

これは下積み時代のエリアと近いエリアで開業する際に有効な方法です。

お客さんもこの人に作業してもらいたいという気持ちからリピーターになることがほとんどなので、そこで丁寧な接客をして自分のファンを増やしておくといいスタートダッシュができるでしょう。

 

②チラシをエリアで配ったり、お店に載せてもらう

 

一番オーソドックスな方法です。

エリア内の人たちに名前を知ってもらう確率がかなり高い方法です。

一番ネックなのはチラシ代がかなりかかることと、それをエリア内でくまなく配る労力がかなりかかります。

それでも大丈夫な場合、チラシで宣伝するといいでしょう。

 

③SNSやYouTubeを作って宣伝する

 

一番コストパフォーマンスがいい方法です。

特にネットの情報は広まりやすさが異常に早いので、いい投稿や発信ができれば名前を知ってもらうには一番いい方法だと思います。

 

便利屋で仕事がない時の解決方法とは!

 

便利屋で開業する時に、同時にYouTubeチャンネルを開設する方法があります。

作業動画や、普段の様子を動画で残しておいて、動画を上げるといいでしょう。

そもそも宣伝効果があるのと登録者数が増えていけば広告収入も見込めるので、依頼が少ない時でも安定した収入を得ることができます。

今の時代にはぴったりなのでとてもおすすめです。

 

便利屋はビジネスチャンスでもある!

 

便利屋は需要が高まっているのは間違いないです。

きちんとした知識を身につけて開業すれば儲けることも可能だと思うので、興味のある人は是非やってみてください!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました