自営業の職種ランキング一覧!平均年収や高収入を狙える自営業は何?

スポンサーリンク

記事内にプロモーションを含む場合があります

自営業の職種ランキング一覧 自営業
スポンサーリンク

 

自営業と言っても職種は数多くあります。

どのような職種があるのか分からない人もいると思います。

最近では、自営業をやろうと考えている方が増えてきています。

自営業をやるなら高収入を狙いたいものです。

では、どのような職種の自営業が高収入が狙えるのでしょうか。

気になる方も多いと思います。

そこで今回は、自営業に関するお話をしていきますので是非最後まで読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

そもそも自営業とは

 

自営業とよく耳にしますが、そもそも自営業とはどのような職種のことを言うのでしょうか。

自営業とは「自ら事業を営む」ことです。

飲食店や美容院などの経営者をはじめ、農家や漁師、フリーランスのデザイナーやエンジニアなど様々な職種があります。

これらの業種や形態関係なく自分自身で事業をしている人は全て自営業者となります。

 

自営業の平均年収は?

 

自営業の年収は、利益のことを言います。

利益の計算式は次の通りです。

【収入金額(売上高)-売上原価-必要経費=利益】

自営業の平均年収は約380万円です。

※青色申告特別控除を差し引いた後の金額です。

差し引く前の平均年収は400万円前後となります。

意外に少ないようですね。

しかし、自分の頑張り次第では、これ以上の年収を稼ぐことも十分に可能です。

 

自営業の職種別年収ランキングトップ10

 

ここでは、職種別の年収をランキング形式で紹介します。

順位      職種         平均年収

1位     病院・診療所   約2,350万円

2位      弁護士     約1,000万円

3位      歯科医     約960万円

4位   税理士・公認会計士  約700万円

5位      獣医      約530万円

6位  その他法務専門サービス 約450万円

7位   司法書士・行政書士  約360万円

8位   不動産専門サービス  約340万円

9位  その他経営専門サービス 約260万円

10位  土木建築専門サービス  約260万円

 

自営業で高い年収を狙うなら、病院関係か弁護士となっています。

自営業をやるなら、自分のやりたい事や能力で勝負して稼ぐ事をオススメします。

 

参入しやすい自営業は?

 

自営業の職種は色々ありますが、参入しやすい自営業は何なのでしょうか。

ここでは、参入しやすい自営業について紹介します。

 

1.開業しやすい自営業

 

①IT系事業

 

IT系事業は、高度な知識や技術が要求されます。

アプリ開発やプログラム開発などは、パソコンやネット環境が有れば自宅でも開業することが出来ます。

スキルがあれば軌道に乗りやすいでしょう。

 

②クリエイティブ系事業

 

・イラストレーター

・デザイナー

・ライター

 

これらの職種はクリエイティブ事業はIT系事業と同じく、パソコンやネット環境が有れば自宅でも開業することが出来ます。

初期費用も少なく出来るメリットがあります。

 

③小売業

 

実際に店舗を持つと初期費用がかなり掛かってしまいます。

ネット販売をすれば店舗を持たずに開業することが出来ます。

プログラミングの知識が無くても「楽天」や「Amazon」などのモール出店や、その他のショッピングサイト構築ツールを利用すれば簡単にネットショップを開業することが出来ます。

 

2.安定して長期的にできる自営業

 

①不動産事業

 

アパートやマンションなどの不動産関連事業は初期投資額がかなり掛かります。

しかし、優良な借主を見つけ定期的にメンテナンスを行う事で、安定した収益を得ることが出来ます。

 

②建設業

 

建設業界は人手不足に悩んでいます。

特に「建設技術者」や「施工管理技士」などの資格や実務経験が必要な職種は不足しています。

資格を取得し、しっかりとした技術の裏付けと実務経験を積んでいけば、長く安定した収益を得ることが出来ます。

 

3.資格が無くても出来る自営業

 

①修理業

 

少しのスペースがあれば開業できます。

初期費用も少なく、収益率が高いのがメリットです。

修理に関する技術が必要ですが、資格は特に必要ありません。

 

②清掃業

 

ハウスクリーニングをするのに必要な資格はありません。

ただし、ビルクリーニングの場合は「ビルクリーニング技能士」という資格が必要になります。

 

自営業を考えている人は、様々な考えを持っています。

自営業に参入する場合は、上記の職種を参考にしてみて下さい。

 

まとめ

 

今回は、自営業について紹介しました。

自営業の職種は沢山あります。

その職種によって年収も異なります。

職種別の年収をランキングで紹介しているので参考にしてみて下さい。

これから自営業を考えている方は、参入しやすい自営業についても紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さい。

自営業をやる場合、収益よりも自分のやりたい職種や能力などを考えて選ぶと良いでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました