芸能事務所のマネージャーはきつい?仕事内容や1日の流れとは!辞めたい理由や口コミ評判

スポンサーリンク
芸能事務所のマネージャーはきつい? 芸能/メディア

 

華やかでキラキラしたイメージのある芸能界。

メディアでは、たくさんのタレントさんや俳優さんたちが活躍していますね。

テレビや映画を見て、自分も芸能人になりたい!と憧れる子供たちは多いです。

演技や歌はどこで練習すればいいのだろう?どうやったらテレビに出られるのだろう?と思ったときに、芸能事務所が運営する養成所という場所があります。

芸能人にマネージャーがついているように、養成所にもマネージャーがいて、夢に向かって頑張る子供たちのお世話をしたり、お仕事やオーディションの段取りをしたりしています。

大変なこともあるのですが、嬉しいことも多く、とてもやりがいを感じる職業です。

では、養成所のマネージャーはどのようなお仕事をしているのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

 

大手芸能事務所のマネージャーはどんな仕事?

 

養成所では、週に1回レッスンの日があります。

レッスン前に、名簿の準備やレッスン場の掃除。

欠席連絡を受けたり、オーディションの案内があれば、対象の子に伝えたりします。

レッスン生の時からお仕事を得ることができる子もいますが、実際はなかなか難しいです…

オーディションを受けて合格するのは、書類審査を突破し、オーディションに合格したほんの一握りの子たちです。

なかなか合格できなくて、やる気をなくしたり、落ち込む子もいます。

何がいけないのか、と電話で親御さんに問いただされることもありました。

そんなときは、親身になって話を聞くのもマネージャーの仕事です。

一緒にどうしたらいいかを考えたり、アドバイスをしたりできるように、レッスン中も一人ひとりをしっかり見ておくことが大事です。

オーディションや撮影では、参加するレッスン生に付き添って、制作会社の担当者に挨拶をします。

撮影では、折りたたみ傘や寒ければホッカイロやマフラー。

女性なら飲み物を飲むときに口紅が取れないようにストローなど、必要になりそうなものを準備して、撮影がスムーズに進むようにしておきます。

 

大手芸能事務所のマネージャーの1日の流れとは

 

朝は10時に出勤します。

出勤したらメールをチェックし、オーディションの案内や連絡がきていないかを確認します。

制作会社へ売り込みに行く日もあれば、オーディションや撮影の付き添い、レッスンの運営など、仕事内容はその日によって様々です。

退社は18:30と決まっていますが、退社後に仕事の連絡が来ることもよくあります。

急ぎの連絡の場合は、家にいたとしても外食していたとしても、その日のうちに終わらせなければなりません。

マネージャーは仕事専用の携帯を持っているので、夜は携帯に連絡がきます。

朝が苦手な人には向いていそうですが、撮影の日は現場に朝7時ということもあります。

映画の撮影で、朝の5時ごろ天候が悪いので撮影延期の電話があったこともありました。

めったにないですが、イレギュラーな時間帯もあるので注意しましょう。

 

大手芸能事務所のマネージャーはきつい?

 

仕事の内容は、きつくはないです。

ただお休みのときでも仕事用の電話が鳴れば、出なくてはなりません。

すでに決まっている撮影の連絡や、オーディションのスケジュール確認など大事な業務連絡も入ります。

そのため必ず電話は繋がるようにしておきます。

基本は週休2日ですが、オーディションや撮影が入れば休めないこともあります。

仕事の状況を見ながらお休みをとらないといけないので、プライベートを充実させたい方はきつい仕事と感じるかもしれません。

 

芸能事務所のマネージャーの給料や年収に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

大手芸能事務所のマネージャーは給料安い?年収やボーナスはいくら?転職に必要な資格や面接の志望動機の書き方とは!
芸能事務所のマネージャーに採用される人とは、どのような人でしょうか? 一般企業では大卒が就職に有利と言われていますが、芸能事務所のマネージャーには、大卒、高卒、中途採用で転職する人など様々です。 学歴よりも頭の回転の速さや、コミュニ...

 

大手芸能事務所のマネージャーはネイルや髪型、髪色や靴は自由?

 

すべて自由です。

しかしオーディションや撮影に付き添ったとき、マネージャーが目立つわけにはいきません。

清潔な恰好で、派手にならないように気をつけます。

 

大手芸能事務所のマネージャーを辞めたくなる理由とは

 

レッスン生はお子さんが多いので、連絡をとるのは親御さんになります。

オーディションの話がこない、仕事が決まらない、と厳しいお声をいただくこともあります。

そのようなときは、やはり落ち込みますね。

 

大手芸能事務所のマネージャーはやめとけ?

 

メリットとデメリットをあげるとすれば、

 

メリット

 

・滅多に立ち合いできないオーディション現場、撮影現場を見ることができる

・完成したものを、ひと足早く見ることができる

 

デメリット

 

・プライベートの時間にも仕事が絡んでくる

・オンとオフは完全には分けられないので、覚悟が必要

 

デメリットを許容できなければ、やめておいた方がいいかもしれませんね。

 

大手芸能事務所のマネージャーに向いている人、向いていない人とは

 

向いている人

 

・レッスン生の夢を心から応援できる人

・気が利く人

・縁の下の力持ちになれる人

・営業力のある人

 

向いていない人

 

・自分も芸能界を目指している人

・目立ちたい人

・時間にルーズな人

・面倒くさがりな人

 

実際に自分も芸能人を目指していたマネージャーがいました。

マネージャーになれば自分にもチャンスがあると思ったみたいですが、そんな甘い話はありません。

レッスン生の仕事が決まったときに嫉妬し、辞めていきました。

 

大手芸能事務所のマネージャーの離職率はどれくらい?

 

結構辞めていく方は多いと思います。

現場は華やかですが、マネージャーの仕事は地味です。

もちろん長く続ける方もいますが、女性は出産をすると子供のお迎えの時間など、時間を柔軟に調整できませんよね。

体力の面でも続けるのは難しいと思います。

融通の利く会社なら、短時間勤務で続ける方もいますが、30代、40代を超えると男性マネージャーの方が多いですね。

 

大手芸能事務所のマネージャーの口コミ評判とは

 

マネージャー業ではない方には、面白そうだしタレントに会えていいね、とうらやましがられることもあります。

両親もマネージャーの仕事が決まったときは、運営が大手芸能事務所だったので喜んでくれました。

同僚とは入社当初は愚痴を言い合いますが、慣れてくると楽しいと感じる、ポジティブな会話が多いです。

 

大手芸能事務所マネージャーはやりがいのある仕事

 

覚えることが多くて初めは大変と感じるかもしれません。

しかしレッスンで頑張っている子のお仕事が決まったときは、ものすごく嬉しいし、撮影ではスチール、CM、ドラマに映画と、たくさんの案件があるので毎回、飽きることなくわくわくします。

きっとやっていて良かったと思える仕事なので、興味があれば芸能の世界へ飛び込んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました