配車係は嫌われる仕事?ストレスや辞めたい理由を暴露!

配車係は嫌われる 運送業/物流/倉庫

 

運送会社の中における配車係は、とても重要な役割をしています。

仕事の依頼を受けて、うまく仕事のスケジュールを組む。

会社の売り上げを上げるポイントは、配車係の腕にかかっているかもしれません。

そんな配車係からは、仕事の責任感の重さ、人間関係におけるストレスなどといった悩みも聞きます。

今回はその配車係の仕事内容や実情をまとめました。

 

配車係は嫌われる職業?

 

配車係が嫌われる職業だと言われるのは、ドライバーとの人間関係のもつれのようなものが原因の場合が多いです。

貨物を運ぶ運送会社の場合、配車係は取引先から仕事の依頼を受けてドライバーへ割り振ります。

この割り振りに対して「気に入らない」といったドライバーが出てくると、その人から嫌われてしまうということでしょう。

取引先からの依頼によって、距離や出発時間、運ぶ荷物などは様々です。

そこで、ドライバーにとってはやりやすい仕事と嫌な仕事というように、仕事内容に差がでてきます。

例えば、「〇〇さんには楽な仕事ばかり渡して、私には嫌な仕事ばかりふってくるなぁ。」みたいなことをドライバーが言い出すことがあるかもしれないのです。

うまく割り振りができていて、ドライバーとの人間関係も良好であれば、特に嫌われることもないのですが…

人が多い会社となると、色々な人が働いています。

色々な人がいるということは、怒りやすい人や文句ばかり言う人など、人間関係によるトラブルも起きてしまう可能性も否定はできません。

 

配車係に必要な資格や1日の仕事内容とは

 

配車係に必要な資格は特にありません。

自分がトラックを運転するわけでもないので、特殊な免許なども必要ありません。

ただ、配車係の仕事内容のひとつにドライバーへの業務を指示するということがあるので、運行管理者の資格を持っていると仕事の効率がよくなります。

配車と運行管理が同時にできるので、会社としても任せて安心です。

1日の仕事内容としては、取引先からの依頼を確認し、依頼を受けたものに対しては取引先に折り返し連絡をします。

配達先や時刻などを調べて、ドライバーへ伝えます。

この作業は会社全体のスケジュールを把握しておく必要があります。

うちの配車係は、取引先と良好な関係を作ってくれたので、依頼が増え会社の売り上げアップにつながりました。

配車係は、ドライバーのスケジュール管理、会社全体の仕事の状況、依頼を受けてからきちんと荷物を運び終わるまでを把握、大切なことをきちんと管理しています。

会社にとって、すごく重要なポジションですよね。

だからこそ、会社としては、信頼できる人に任せたいと考えているでしょう。

 

運送会社の配車業務は女性でも出来る仕事なのか、仕事内容や志望動機の書き方について詳しく書いている記事はこちらから是非ご覧ください。

配車業務は女性でもできる?仕事内容やストレス、きついって本当?志望動機の書き方もご紹介!

 

配車係のストレスや辞めたい理由について

 

配車係のストレスの原因は人間関係がほとんどです。

取引先とのやり取り、ドライバーへの指示など毎日人と関わることになります。

人付き合いが苦手な人にとっては、辞めたくなってしまうかもしれません。

人付き合いのトラブルによって、会社に行くことが嫌になってしまうこともありますよね。

仕事だと割り切ることができればよいのですが。

配車係の仕事は、どうしても人間が相手の仕事なので、ストレスや辞めたい理由についても人間関係がひとつの大きな理由になってくるのではないでしょうか。

 

配車係の給料はどれくらい?

 

配車係の給料は、会社の規模や勤務地によります。

一般職の事務と同じくらいの給料からのスタートになる会社が多いでしょう。

ただし、運行管理者の資格を取得することで給料をアップしてもらえることもあります。

また、配車係のおかげで売り上げがアップしたという会社では、そういった実績を大きく評価してくれる会社もあります。

取引先との関係を良好にしてくれた、新規取引先を開拓したなどの実績が認められて、給料が大きくアップしたという話も聞きます。

経験や実績によって、給料を上げてもらうことも可能な職業と言えます。

 

配車係の志望動機の書き方とは

 

配車係の志望動機の書き方は、運送に関わる仕事がどうしてもしたいということをアピールすると良いでしょう。

配車係は、運転免許がなくてもできる仕事です。

事情があって免許を取得することができないといった人でも、配車係の仕事ならできますよね。

また、将来的にドライバーになりたいという希望があるけれど、まずは運送に関わる仕事からスタートしたいという人もいいでしょう。

ドライバー経験のある人が配車係をするのもおすすめです。

ドライバーの経験があるということで、ドライバーの気持ちがわかります。

ドライバーの気持ちがわかれば、ドライバーとの人間関係をうまくやり取りできる期待が持てます。

運送会社に関わる仕事をしたいという思いや、経験を生かせるといった自分の強みを志望動機に書くといいでしょう。

 

失敗しない配車係の求人の選び方とは

 

失敗しない配車係の求人の選び方は、知り合いからの紹介などが一番安心です。

人間関係のストレスが原因でやめてしまうことが多いと思われるので、会社の内情がわかっていると失敗しません。

知り合いからの紹介などだったら、働きやすさや前にいた人がどうして辞めたのかなど、聞き出すことができます。

定年退職で辞めるから求人している、人間関係以外の理由で辞めたという可能性もあります。

ハローワークや求人誌、求人サイトで探す場合は、なかなか会社の内情までわからないので面接時などに詳しく話を聞くようにしましょう。

会社の雰囲気なども大事ですよね。

実際に足を運んでみないとわからないこともあります。

最近では、運送会社で活躍する女性も増えています。

ホームページでチェックしたり、運送に詳しい知人に声をかけてみるなど、積極的に情報を集めることが大事ですね。

 

まとめ

 

配車係はストレスもあるがやりがいも大きく成長できる仕事です。

配車係は、人間関係に気を使うことでストレスを感じてしまうかもしれません。

でも、人と関わる仕事をしたいという人にとっては、楽しいと感じる仕事。

経験を積んだり、仕事の成果をあげることで給料アップも期待できますし、自分自身を成長させることも可能です。

真面目にコツコツと仕事に向き合い、向上心のある人にはおすすめの職業です。

タイトルとURLをコピーしました