タンクローリー運転手は給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

スポンサーリンク
タンクローリー運転手給料 運送業/物流/倉庫

 

タンクローリーは、町中で見かけたことがあると思います。

特に、ガソリンスタンド付近などよく目にします。

大型で特殊というイメージを持っている人がいると思いますが、実は大型免許で運転できる種類もあります。

そのドライバーの年収や仕事内容についてご紹介します。

危険物などを運搬することがあるタンクトレーラーについて解説していきます。

基本情報など踏まえご紹介します。

転職や就職を考えている人は参考にしてみてください。

 

タンクローリー運転手の仕事内容や1日の流れ

 

企業によって異なりますし、運ぶものによっても異なります。

参考程度として閲覧くださいませ。

 

6:00 出社

アルコールチェックを行います。

その日の確認事項や注意事項を運行管理者と確認します。

 

7:00 点検

車両点検を行います。

基本的に運転手本人が行います。

 

7:30 出発

指示の油槽所に向かいます。

ルールを順守して作業を行います。

 

8:30 輸送

交通ルールを順守して安全に輸送を行います。

 

10:00 引渡

荷受人の指示のもと安全に作業を行います。

 

12:00 昼食

ランチタイムです。

これも交通状況などを見てどこで食事するのか、いつ取るかは日によって異なります。

 

13:00 業務開始

午前中と同じ流れです。

 

16:00 帰社・退社

基本的に帰社して退社という流れです。

時間がある場合は、タンクローリーの確認をします。

 

タンクローリー運転手の仕事はきつい?

 

基本的に肉体労働がありません。

そういった意味でいえばきつくないです。

しかし、徹底されたルールを順守する必要がありますので、気をつかうことで精神面に疲労を感じることがあります。

安全第一であり、ちょっとしたミスが大きなトラブルに発展します。

運転が主な仕事になりますので、交通状況によっては精神的な負担になる可能性もあります。

また、荷受人との時間調整も必要になります。

そのスケジュール管理が大変だと感じる人も少なくはないです。

 

タンクローリー運転手に必要な資格や免許は

 

タンクローリーの運転手なる場合は、大型免許が必須と言っても過言ではありません。

中には、中型や小型のタンクローリーもありますが、企業としては大型免許を持っている人を採用します。

また、より仕事の幅を広げたい方は、けん引免許を取得しておくとスムーズです。

入社後に取得可能ですが、研修などありすごく大変な思いをします。

大型免許やけん引免許は事前に取得しておくことをおススメします。

給料や待遇にも影響されますので、免許は必要で大切です。

資格については、「危険物取扱者」「高圧ガス移動管理者」を保持していると優遇されます。

ガソリン・灯油などを運ぶ際に必要になります。

事前に取得しているとスムーズに採用してもらうことができます。

 

タンクローリー運転手の給料や年収はいくら?

 

一概にいうことができないのが難しい職種です。

その理由は、運搬するものによって年収が異なるからです。

特に、タンクローリーの中には危険物を取り扱うことがあります。

そういったこともあり、年収に幅があります。

ガソリンや石油の場合は、平均年収が500万程度と追われています。

ケミカルの場合、平均年収は650万円です。

需要が高いケミカルは年収が高くなること多いです。

その分、運転する機会や頻度も多くなります。

目立った繁忙期や閑散期がないため安定している職業といえます。

特に、車社会の日本にとってガソリンを運搬するタンクローリーは重要な責務を担っています。

ただ、環境問題などへの影響もありますので、将来行く末が気になるところです。

 

タンクローリー運転手の給料は安い?

 

大型トラック運転手と同じもしくはそれ以上と高給料な仕事です。

その分、危険が伴うこともあります。

運搬しているものがガソリンになりますので、万が一のことが起きれば大事故に繋がる可能性があります。

大型免許を取得していると優遇されます。

雇用形態にもよりますが、基本的に安定している職業です。

閑散期などないため生活はしやすい職業です。

 

タンクローリー運転手の口コミや評判は

 

高給料でいい仕事と印象を持っている人が多数です。

運転が好きな人に向いている職業です。

朝は早いですが、17時くらいに帰宅できることでリフレッシュすることができるとの意見でした。

悪い意見としては、夜遅くまで飲むことができないという意見でした。

20時以降にお酒を飲むと仕事ができないなど規制がある企業がありました。

安全遵守のため、厳しいルールがあるという意見もあります。

 

まとめ

 

専門分野になりますので、免許の取得や資格の取得が必要となります。

その一方で、安定した仕事であり、給料も高給料です。

荷物の性質上、力仕事もなく運転のみの仕事がほとんどです。

残業はほとんどありませんので、ストレスなくリフレッシュすることができます。

タンクローリードライバーだけではないですが、人材不足が深刻となっている業界です。

就職や転職を検討している人はチャンスです。

タイトルとURLをコピーしました