トレーラー運転手は給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

トレーラー運転手給料 運送業/物流/倉庫

 

大きなコンテナを運ぶ車を見たことはないでしょうか。

大きなコンテナを引っ張って日本の物流を支えています。

運転席部分と荷台を分離することができます。

重たい荷物など運搬することができます。

今回はそのトレーラーの仕事内容や給料についてご紹介します。

転職を考えている方や就職を考えている方に必要な資格についても記載しております。

ぜひご参考ください。

 

トレーラー運転手の仕事内容や1日の流れ

 

トレーラードライバーは荷物の種類によって異なります。

朝方の運転や夜型の運転様々のケースがあります。

働き方も様々で目的で仮眠を取って再度運転などケースバイケースです。

 

5:00 出庫

朝礼を行ってアルコール検査を行います。

その後、トラックの点検を行います。

 

6:00 出発

荷物を確認し目的地まで運びます。

 

12:00 休憩

休憩場所は様々です。

目的地で休憩なのかサービスエリアで休憩かはその日の時間で決まります。

 

13:00 勤務再開

目的に向かいます。

短距離の場合は、何度も往復することになります。

 

16:00 帰社

トラック点検を行って、明日の準備を行います。

 

17:00 退社

基本的に残業なしで勤務終了します。

場合によっては、もっと早く勤務が終了する場合もあります。

 

トレーラー運転手の仕事はきつい?

 

肉体的労働が比較的少ない職業ではあります。

勤めている企業などによってことなりますが、基本的に運転がメインです。

そのため、運転に自信がない人についてはきついと感じることがあります。

さらには、トラックの車内で仮眠をすることもあります。

生活リズムもバラバラです。

そういった環境に適応できる人は問題ないですが、適応できない方はつらい仕事なるでしょう。

夜勤や早朝勤務もありますので勤務体制に理解が必要です。

 

トレーラー運転手に必要な資格や免許は

 

運ぶトラックの大きさや荷物の種類にもよりますが、基本的に必要な免許は「大型免許」と「けん引免許」です。

この二つが必須といっても過言ではありません。

大型免許は取得まで難易度が高いですが、トレーラー運転手を目指している人にとっては必要です。

中型免許の場合は、仕事の幅を狭める可能性があります。

雇用形態にもよりますが、派遣だと中型免許では十分な仕事がありません。

また、けん引免許は必須になります。

車両重量が750kgを越える車をけん引する際に必要となります。

こちらも仕事の幅を広げるために取得することをおすすめします。

こちらも取得まで時間と労力がかかる免許です。

 

トレーラー運転手の給料や年収はいくら?

 

最近、トレーラー運転手は派遣や出来高契約をしている企業が多くなりました。

ただ、正社員で雇用している企業もあります。

正社員の場合は、年収450万円が相場です。

会社によりますが、手当がつくことがあります。

大きな荷物や長距離運転のためトラック運転手の中では高めな給料となっています。

歩合制の企業も多く、そのドライバーだと年収がもっと上がる可能性はあります。

派遣や歩合制では、年収600万円程度稼ぐ方もいらっしゃいます。

 

トレーラー運転手の給料は安い?

 

ドライバー運転手の中では、比較的高い年収を誇っています。

その理由は、長距離運転や特殊免許が必要になるからです。

特に、大型免許が必要になりますので、資格を持っているだけで有利になります。

当然ながら免許を保有していると、給料は高くなります。

そういったこともあり、大型免許やけん引免許は必要といえます。

 

トレーラー運転手の口コミや評判は

 

クチコミについては、意見が分かれます。

高給料で良いという方と勤務体制がきついという方です。

前者では、やはり高給料がメリットで働きがいがあるという意見が多く集まっています。

大型免許やけん引免許を持っていることで優遇されるケースが多いからです。

しかしながら、勤務体制が悪いという意見もありました。

企業体質ということもあります、ドライバー不足の深刻化が影響しています。

特に、大型トラックを運転できるドライバーは少なくなっています。

また、歩合制で働いているドライバーもいますので、ドライバーの取り合いに発展しています。

そういったこともあり、環境が悪いと考えている人も多くいます。

 

まとめ

 

トレーラードライバーは運転が主体業務ですが、高度な運転技術も必要になります。

業務時間もバラバラであり、苦痛に感じる方もいます。

しかし、その分給料も反映されますので、ドライバー職のなかでは高給料の設定となっています。

ただ、大型免許やけん引免許などの取得が必要となります。

就職や転職を考えている方は、免許の取得をおススメします。

タイトルとURLをコピーしました