ライターの仕事はつらいからやめとけ?給料や仕事内容、どうやってなるの?

ライターの仕事はつらい Web関連

 

副業、複業という言葉をよく聞くようになってきました。

その中でも副業として、ライターという仕事を目指す人も多いのではないでしょうか?

ですが、実際に仕事を探してみると単価の低いものが多い、単価が良い仕事を受けようとするとそもそも応募しても仕事を受けることができないということもありますよね。

今回はライターの仕事についての給料や仕事内容、なり方についてご紹介します。

 

ライターの仕事内容や1日の流れ

 

ライターの仕事内容についてご紹介します。

まず、ライターを本業にしているか、副業にしているかによって1日の流れは大きく異なります。

 

ライターを本業としている場合

 

ライターを本業としている人の中でも、フリーランスで仕事をしている人と、会社に勤めながらライターの仕事をしている人がいます。

どちらの場合も、一般的な会社員と同じように働いており、仕事内容が文章の作成、文章の修正、取材などライターの仕事になります。

会社に勤めている人も、最近はリモートワークや在宅ワークが増えてきているようです。

ただ、取材がある場合は出張します。

フリーランスの人の場合は会社ではないので、仕事の時間は自分自身で管理しなければなりません。

 

ライターを副業としている場合

 

ライターを副業としている人の場合、基本的にライターの仕事を本業の仕事以外の時間で仕事します。

多くの人が朝の時間、もしくは家に帰ってからの夕方から夜の時間に仕事をしています。

ライターの仕事内容は

・文章の作成

・文章の修正

・取材

・記事の構成

・ウェブサイトの管理

・仕事の営業

・依頼者とのメールのやり取り

・写真の編集

・写真の撮影

・調査

など、仕事内容は幅広いです。

 

ライターに必要な資格や求められるスキルとは

 

ライターには必要な資格は特にありません。

しかし、何か資格を持っている場合、それを強みとして仕事を受けることができますよ。

例えば、英語が得意でTOEICで高得点を持っている人は、英語の記事を日本語の記事に訳す、という仕事を受けることができ、このような何か特定のスキルを使ったライターの仕事は単価も上がります。

求められるスキルは文章力でしょう。

ライターの経験がない人でもライターになることはできますが、日記やブログなどで文章を書いているとライターの仕事をするときの役に立つと思います。

また、調べる能力が高い人も重宝されるでしょう。

ライターは何かを調べて文章を作成することも多いので、しっかりと正しい情報を調べて文章にする必要があるからです。

他にはWordPressやAdobeなどを使えると良いでしょう。

ライターはWordなどで文章を提出することもありますが、直接ブログやサイトに文章を投稿することもあります。

そのような場合、WordPressを使える必要がありますし、基本的なパソコンのスキルを身につけておくと良いです。

 

ライターの給料やギャラの相場はいくら?

 

ライターの給料は駆け出しの頃は1文字1円のお仕事が取れたら比較的単価が良い方であると考えられます。

ですから、ライターになり始めた頃や、これからなろうとする人はまずは1文字1円の仕事を目標にしてみてください。

副業でライターをした場合、お給料は自分が1ヶ月でどのくらいの仕事を引き受けることができるかにより、かなり変わりますので営業することも大切になります。

ライターの副業をしている周りの人は3万円から10万円ほど月に稼いでいる人がいますが、個人差がかなりあると思います。

 

副業が禁止されている会社でライター業をする方法はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗ライターの副業はばれない?webライターを副業禁止の会社でする方法とは!

 

ライターが3000文字にかかる時間は?

 

ライターが3000文字にかかる時間は、依頼された記事の内容によると思いますが、しっかりとした調査が必要な仕事では4~5時間ほどかかることもあります。

特に知らないことに関して書かなければいけない場合は時間がかかるでしょう。

自分の得意なことや専門知識を書く場合、3000文字を1時間ほどで書き上げることもあります。

仕事の内容によっては表の作成、商品を紹介する記事では画像をたくさん必要とする仕事もありますので、画像を用意することも。

仕事内容と、どのくらい自分が書きやすい内容なのかで作業時間はかなり変わってきます。

 

ライターのバイトの評判や口コミは

 

私自身、ライターの仕事をしていますが、とてもやりがいを感じていて楽しいです。

単価に関しては、最初5円などのから始めましたが、続けていくとやはりしっかりとお給料をもらえるようになってきます。

続けられる人は、しっかりと副業として成り立つお仕事だと思いますし、自分自身の能力を高めれば高めるほど、良い単価の仕事を受けることができるようになってきます。

ただ、中にはあまりにも単価が低すぎる仕事などもありますので、自分自身で判断できるようになることが必要です。

 

ライターの仕事はきついしやめとけ?

 

ライターの仕事は基本的に自分で仕事を取ってくるものですので、しんどさは自分で調整することができます。

慣れないうちは仕事を取り過ぎてしまう、予想以上に執筆するのに時間がかかってしまったということもあり、これらはライターを始めた頃は経験する人も多いでしょう。

自分自身でコントロールし、しっかりと自分が納得する単価の仕事を取れるようになれば良い仕事だと言えると思います。

 

ライターはどうやってなるの?

 

ライターになる方法は大きく分けて3つあると思います。

 

1.ライターの仕事がある会社に就職する

 

ライターの仕事がある会社に就職することで、ライターになれます。

雑誌の編集者や、ウェブサイトを運営している会社などにはライターの仕事があるでしょう。

 

2.クラウドソーシングを使う

 

クラウドソーシングを使うことで、ライターの仕事を受けることができます。

副業を考えている人は使いやすいです。

 

3.ウェブサイトに直接連絡する

 

ウェブサイトを見ていると、ライターの求人が載っていることがあります。

そこに直接連絡することで、ライターの仕事を得ることができるようになるということもありますよ。

 

ライターになるのは簡単だけど、単価は自分次第

 

実際、ライターの仕事を受けることはそんなに難しいことではありません。

仕事がもらえるまで営業を続ければ、多くの人が仕事を得ることができます。

しかし、自分が納得する単価の仕事を得るまでがライターの難しいところであると思いますし、お給料と仕事時間が最初は見合わないことがほとんどです。

そこを乗り越えて、仕事にできたときは立派な副業、または本業になっていくと思います。

ライターになりたい人はぜひ今回の記事を参考に、考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました