建設会社の経理事務になるには!必要な資格や給料・年収はいくら?履歴書の書き方や面接のポイントまで解説!

 

建設会社の経理事務のお仕事の内容をまとめます。

経理のお仕事というとなんとなくの業務はイメージできる方も多いのではないでしょうか。

実際にどんなお仕事内容で、働くために資格は必要なのか。

給与はどのくらいで、どんな人に向いているお仕事でどんな人には向いていないのか。

面接の際の志望動機や服装についても書いていきます。

建設会社で経理事務として働くことに興味がある方は是非、参考にしてみてください。

 

建設会社の経理事務になるには

 

建設会社の経理事務のお仕事に就くためには、特別な資格などは必要ありません。

基本は正社員での募集が多いです。

募集によっては大卒以上など、条件がある場合もありますので自分が当てはまる募集を見つけて応募する必要があります。

また、正社員だけでなく、パートや派遣などの募集があることもあります。

始めは何も分からない状態から始まる人も多いです。

中途採用の場合ですと、経理事務の経験が求められる事も多いですので注意が必要です。

 

建設会社の経理事務に必要な資格や免許とは

 

先ほども述べましたが建設会社の事務のお仕事に就くために必須な資格はありません。

ですが、持っておくと有利になる資格はありますのでご紹介します。

有名なもので言うと簿記の資格です。

こちらは建設業だけに関わらず、経理のお仕事をするためには持っておくとよい資格になります。

簿記と類似しており、建設業の経理に特化した資格が建設業経理士の資格になります。

こちらを持っていると資格手当がつく会社も多いです。

建設業経理士には1級から3級まであり、3級は合格率が60%程度と比較的合格しやすいです。

2級になると合格率が30~60%、1級は25~30%になります。

中途採用の場合にはこれらの資格が求められる場合もあります。

建設業の経理は簿記とは異なる用語も出てきますので建設業の経理事務をしたい方は建設業経理士の勉強をおすすめします。

 

建設会社の経理事務の給料や年収はいくら?

 

建設会社の経理事務のお仕事の給与は働く会社によって異なります。

正社員で働いて年収が350万円~450万円、月の給与が23万円~30万円程度です。

建設会社の中でも大手の会社で働くと住宅補助があったり、先ほどの資格手当てが充実しています。

建設業経理士を持っている人の人数が多いと、会社の公共工事の入札に有利になるため、この資格に対する手当てが大きくなっている会社も多いです。

また給与の他に年に2?3回程度の賞与をもらえることもあります。

給与は十分に生活できる程度にもらえると考えて良いでしょう。

 

建設会社の経理事務のメリット・デメリット

 

建設会社の経理事務のお仕事のデメリットは単純作業なので人によっては物足りなく感じてしまうところです。

お金を扱うので常に間違いが許されず、緊張してお仕事をしなければなりません。

それから建設業の経理では他業種とは違う勘定科目が用いられるため、他の会社に転職した際に戸惑ってしまうかもしれません。

メリットは建設業には限りませんが、答えが1つしかないところです。

答えとなる数字が決まっていますので、そこに向かってお仕事するのはやりやすいところです。

それから経理のお仕事では働きながら一生使える知識を得ることができるというのもメリットではないでしょうか。

 

建設会社の経理事務に向いている人向いていない人とは

 

建設会社の経理事務のお仕事に向いているのは地道な作業が得意な人です。

細かく丁寧なお仕事ができる人に向いているお仕事です。

お金を扱うお仕事ですので、そこはとても重要になってきます。

人と話す機会はあまりないため、人と話すことが好きな人には向かないお仕事です。

とはいえ、社内では全ての部署と関わりがある部署になりますので社内の方とのコミュニケーションはとれなくてはいけません。

人と話すことがまったく無理だと言う方にはおすすめしません。

責任感がある方でないとつとまらないお仕事です。

 

建設会社の経理事務の面接で聞かれることや服装について

 

建設会社の経理の面接では事務のお仕事の面接で聞かれるような内容の他に経理に活かせる資格の有無や、経理のお仕事の経験などを問われることが多いです。

ですが、建設業は昔ながらの文化が多いためスーツで行くと良いです。

会社によってはオフィスカジュアルなどがオッケーなところもあると思いますので確認してみてください。

 

建設会社の経理事務の志望動機の書き方や例文とは

 

建設会社の経理のお仕事に応募する際の志望動機としては資格や経験がある方はそちらをアピールしていくといいと思います。

そういった経験がない方は、先ほども述べたとおり、経理のお仕事には丁寧さが求められますのでそういった面を長所などでアピールしていくとよいです。

 

建設会社の経理事務への転職はこんな会社がおすすめ

 

建設会社の経理事務として働きたい方は自分に合った会社を探すことをおすすめします。

大きな会社でばりばり働きたい方にはゼネコンなどの大きな会社。

のんびり自分のペースでお仕事をしたい方は下請けなどの会社がおすすめです。

 

役に立つ知識を身につける

 

建設会社の経理事務というと難しそうなイメージを持つ方も多いかもしれません。

もちろん難しいと感じることもありますが、働きながら学ぶことができるお仕事です。

これから先、転職を考えたときにも経理の経験があるとアピールのポイントになります。

今後も役にたつ知識を働きながら得ることができるのはとてもよいと思います。

細かい仕事が苦手ではなく、丁寧なお仕事ができるという方は建設会社の経理事務のお仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました