青森県の平均年収は低い?年収ランキングや中央値、1000万を超える割合は?

スポンサーリンク
青森県の年収ランキング エリア別

本州最北に位置する青森県は、農水産業が盛んです。

青森と聞いてすぐに思いつく食材があるはずです。

また、製造業においては他県とは違います。

非鉄金属や電子部品の割合が多くなっています。

今回は、青森県の年収の現状や県内の高い所得水準にある市町村について解説していきます。

青森県に本社を置く企業もあります。

最近では地域貢献や起業としても注目されています。

青森県で就職・転職を望んでいるはぜひ参考にしてみてください。

 

青森県の年収ランキング一覧は

今回は、青森県に本社を構えている企業のなかからランキング形式で紹介します。

すべての企業情報を網羅しているわけではございませんので予めご了承ください。

上位2企業は銀行と高い水準で安定しています。

安定面を考慮すると銀行が有利となるでしょう。

また、青森の年収で一概に言えないが水産業です。

まぐろ漁が盛んでもありますが、年収といった面でいうと安定しておらず一概に調査することが困難です。

1位 株式会社青森銀行 618万円
2位 株式会社みちのく銀行 577万円
3位 東北化学薬品株式会社 450万円
4位 株式会社サンデ― 420万円

 

青森県の平均年収の中央値は?

青森県の平均年収の中央値は330万円です。

2022年の調査を見ると全国の中央値は396万円でした。

この結果より青森県の中央値は全国から見ても低い水準となっています。

原因は様々ありますが、正社員の人数や男女の賃金さが大きな影響を及ぼしていると推測されています。

また、地域産業でもある農水産業が低い賃金という影響もあるでしょう。

 

青森県の平均年収 30代

青森県の30代平均年収は329万円です。

男女の格差もありこのような結果となっています。

ちなみに男性364万円で女性は271万円と約100万円のほどの差があります。

産業としては鉱業や採石業が426万円と高水準でした。

そのあとは建設業や製造業が続いています。

技術を持っている職人がメインと言えます。

自然豊かな環境だからこそ重要な職業で従事している人が多く見受けられます。

 

青森県の平均年収 40代

青森県の40歳平均年収は348万円です。

こちらも男女の年収の格差があります。

男性は437万円で女性は287万円です。

子育てをしている女性も多くこのような結果となっているのでしょう。

産業別にみてみるとやはり、30代と同様に鉱業や採石業が上位となっています。

40代になると部長職などマネジメント業務も入って責任が伴うので年収も高くなっているのでしょう。

 

青森県で年収1000万を超える人の割合は

年収1,000万円を超える割りは全体の5%です。

全国と比較しても決して高くありません。

首都圏と比較しても低いですが、物価の違いなどありこのような結果になっています。

若年層の人口減が大きな影響を及ぼしているでしょう。

大学から上京するなど地方の過疎化が深刻なっている現状もあります。

 

青森県の年収は低い?

完結にいうと年収は低いと言えます。

2019年の賃金構造基本統計調査で公表されましたが、青森県の年収は全国で47位と最下位でした。

厚生労働省が労働者の賃金について公表したものです。

農業や漁業など第一産業が盛んということもあり、全体的の年収が下がっています。

自然が豊かな青森では鉱業や採石業も盛んです。

県内のみならず日本全国で必要とされている産業もあります。

 

青森県で年収1000万を狙える職業は

青森県内で年収1,000万円を狙うことは非常に厳しい道のりです。

しかしながら、専門職や技術職ならば可能になってきます。

電光工学・医者は非常に高収入です。

特に、地方の医療は人手不足に陥っていますので医者になると高年収となります。

年功序列が残っている青森で1,000万円を狙うには銀行が一番いいでしょう。

青森銀行でキャリアを積んでいけば目指せるでしょう。

ただ、銀行も注意が必要です。

東京など首都圏ではネット銀行が主流になりつつあります。

低金利な時代で銀行が生き残るかは不透明です。

青森で年収1000万超えのコツ

・電光工学
・医者
・銀行員

 

青森県で年収700万を狙える職業は

化学薬品会社だと年収700万円を狙えるでしょう。

薬・機器・医療材料などを取り扱う企業であれば高収入を目指せます。

研究者のみならず営業職でも狙えます。

特に、近年は新型コロナウイルスなど様々な疫病が蔓延しています。

この危機を乗り越えるための需要が高くなっています。

 

青森県で年収600万を狙える職業は

年収600万円を狙える職業として介護業があります。

肉体労働などかなり負担の大きなイメージがありますが、実は高収入な職業になりつつあります。

青森県は特に高齢者の人口も増加していますので仕事は豊富にあります。

青森県のみならず需要がありますので介護職は今後成長できる産業でしょう。

また、介護職と同時に活躍できるのが薬剤師さんです。

薬剤師さんは安定の仕事を求め首都圏で働く人が多く人手不足が深刻な職種です。

そのため、青森県内でも比較的高収入を得られます。

 

青森県で年収500万を狙える職業は

一番は金融業になります。

地方銀行は顧客を囲い込めていますので収入も安定しているでしょう。

林業なども盛んな地域では技術を身につけると年収は500万円になることがあるでしょう。

小売業などは首都圏と違い年収500万円は難しいでしょう。最近では、起業を青森で行う人も増えています。

特に、インターネットを活用したビジネスが活躍しています。

動画撮影などプロモーション広告など広告業としても注目が上がっています。

自然豊かな環境と地域活性するために多くの若者が青森で活躍しています。

農産業でも500万円を狙えるようになっています。

意外と感じる人も多くいますが、今日本の農産業は世界で注目を浴びています

海外流通などを上手に活用すると年収500万円を超えます。

 

まとめ

全国でも最下位になるほど低収入な青森県です。

しかし、物価など他の影響もあります。

高齢化と人手不足も深刻な場所でもあります。

インターネットやITでどのように変化が起きるか楽しみな地域です。

自然豊かな環境を活用できるビジネスで成功できる地域でしょう。

ぜひ、就職や転職を考えている方は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました