バキュームカー(汲み取り屋)の給料は安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

バキュームカー給料安い 運送業/物流/倉庫

 

私たちの生活を影で支えてくれているバキュームカーについてご紹介します。

勤務内容や年収を深堀していきます。

キツい、汚いのイメージがあると思いますが、きちんと理解すれば価値観が変わります。

ドライバーの負担なども加えてご紹介します。

 

バキュームカードライバーの仕事内容や1日の流れ

 

雇用形態や勤務内容によって異なります。

早朝勤務や夜勤勤務などケースバイケースです。

今回は浄化槽のバキュームについてご紹介します。

 

7:30 出勤

朝早く出勤して、トラックの整備などを行います。

 

8:00 出発

指定された浄化槽の清掃を行います。

30~60分程度の作業時間。(1日3・4箇所回ることが多い)

 

12:00 昼食

作業ペースを見計らって1時間の休憩を行います。

 

13:00 作業開始

午前中と同じ作業を繰り返します。

 

16:00 帰社

トラックの清掃と翌日のスケジュール確認

 

17:00 退勤

基本的に残業はなし

 

バキュームカードライバーの仕事はきつい?

 

インターネットや口コミでは、キツいし臭いとの声を多く見受けられます。

しかし、今の時代はバキュームカー自体に消臭器がついています。

車両内外も無臭になります。

清潔に仕事することができます。

昔のイメージとは異なる仕事です。

また、体力を使うとイメージが強いのですが、基本的にマンホールの蓋を外すこととホース運びのみです。

肉体的に疲れることは少ないと思います。

女性ならば肉体疲労を感じることがあると思います。

身体を大きく壊すことはないとは思います。

また、勤務時間も短く残業も少ないので働きやすい環境で仕事をすることができます。

繁忙期や閑散期もないため安定して仕事をすることができます。

企業によりますが、土日は休みのことが多いので休息をしっかり取ることができ、リフレッシュすることができます。

 

バキュームカードライバーに必要な資格や免許は

 

免許は、普通免許と中型免許を持っているといいでしょう。

働き口を増やすには大型免許の取得することをおすすめします。

基本的に中型のトラックが多いので中型免許は必須です。

免許がないと採用されないことがほとんどです。

バキュームカーの仕事を目指している人は、まず免許を取得することをおススメします。

資格でいうと浄化槽管理士を保持していると給料がアップし採用までスムーズです。

浄化槽は定期的な清掃と保守点検が義務つけられており、浄化槽の管理を行うためには資格が必要になるからです。

年に1回の試験に合格するか、13日間の講習を受講して考査に合格する必要があります。

難易度は、高く合格率20%前後です。

講習を受講する方が取得しやすいので資格を目指している方は講習を受講しましょう。

 

バキュームカーの給料や年収はいくら?

 

バキュームカードライバーの平均年収は、320~700万円で幅はかなりあります。

その理由は、年代によって異なるからです。

特に20代では320~400万円が平均的になります。

その一方で、50代になると平均500万円~700万円となります。

年功序列の風習が残っている業界になります。

ドライバーだと高給料が難しく役職がつくごとに給料がアップするような仕組みとなっています。

企業にもよりますが、基本的にボーナスも支給されます。

役職がついているとボーナスも多くなりますので働きがいはある職業です。

派遣・アルバイトでも募集されていることもありますが、正社員として勤務する方が稼ぐことはできます。

 

バキュームカーの給料は安い?

 

高給料とは言いがたいですが、ドライバーとしては高い給料をもらうことができます。

役職など勤務年数が伸びるにつれて給料もあがるようなシステムとなっています。

残業などは少ないので働きやすい環境でもあります。

危険を伴うこともありますので、手当が厚い企業もあります。

福利厚生などしっかりとしている企業が多くとても安心して働くことができます。

 

バキュームカーの口コミや評判は

 

残業が少ないことや勤務時間が短いことが最大のメリットと感じている人が多くいます。

汚いイメージが強かった昔と比べるとものすごく働きやすいとの声が多いです。

技術の進化によって働き方がスムーズとなりました。

また、給料が高いこともメリットと感じている人が多くいます。

安定した仕事でもありますので、評価が高い職種となっています。

働き方、給料含め良いイメージあります。

ドライバーとしても働きやすい環境に置かれていると思います。

一部では、糞尿回収なしと記載しているのに実際にはやらされるなどトラブルも実際にあり、企業情報などを収集することも必要になります。

 

まとめ

 

昔と比べると働きやすくなりました。

安定した給料あり、休暇制度ありと改善されています。

ドライバーにとっては力仕事が少ないこともありメリットがあります。

資格を保持していると優遇されます。

人手不足が深刻な業界でもありますので、働き口もたくさんあります。

ただ、糞尿回収などを担当する可能性もあるということを認識して情報収集しましょう。

タイトルとURLをコピーしました