タンクローリーの将来性について!人気のタンクローリー会社ランキングもご紹介!

タンクローリーの将来性 運送業/物流/倉庫

 

タンクローリードライバーの将来性は、勤めている会社が安定していれば将来性があると見てよいです。

タンクローリードライバーは、他の運送業務と違い比較的安定していると言われています。

簡単に言えば、会社の将来性で左右されます。

タンクローリードライバーになる時には、その属する会社を参考にしたら良いかも知れませんね。

そこで今回はタンクローリードライバーの将来性やタンクローリー会社の人気ランキングなどもご紹介していきます。

 

タンクローリードライバーの将来性とは

 

タンクローリードライバーの将来性は、どうなのでしょうか。

ここでは、現在の状況と将来性について紹介します。

 

<現在の状況>

 

1.車両の紹介

 

タンクローリーは、主に重油がガソリンなどの燃料や水を運搬する為の特殊車両です。

液体や固体だけではなく、LPガスや高圧ガスなどの気体の運搬にも使われています。

 

2.仕事内容

 

タンクローリードライバーは、基本的には他のトラックドライバーと大きな違いはありません。

違いと言えば「手積み・手下ろし」がないということです。

後はタンクに荷物を積み込んで、指定の場所で荷下ろしするだけです。

これを1日2~4回程度繰り返します。

※荷物によっては、荷下ろし後にタンク内を洗浄しないといけない場合があります。

ガソリンや重油などの危険物や高圧ガスを運搬する時には、特別な資格が必要です。

用途別の主な資格は次の通りです。

 

用途          ⇒  危険物輸送  高圧ガス輸送

必要な資格 ⇒    危険物取扱者  特定高圧ガス取扱主任者

 

この他にも資格が必要なものがあります。

 

3.給料や年収

 

<給料>

平均給料は約25万円~30万円です。

 

<年収>

平均年収は約350万円です。

これらは会社によって違うので、参考程度にしておいて下さい。

 

以上が現状の状況です。

これから紹介するのが、企業がこれから取り組んでいく内容です。

 

<企業が取り組んでいる内容>

 

1.ドライバー不足解消

 

タンクローリードライバーだけでなく、運送業界でも言えますが、人手不足が課題となっています。

働く人と仕事量のバランスを考えて人材確保に取り組んでいます。

詳しい内容については次の項目で紹介します。

 

2.賃金の見直し

 

賃金が安い為、転職していく人が増えています。

企業によっては賃金体制の見直しに取り組んでいる所もあります。

 

3.労働環境の改善

 

業務の負担を減らし、ドライバーが安心して働けるように労働環境の見直しに取り組んでいます。

例えば、長距離輸送の場合は一般道を通らず高速道路を優先して輸送させたり、ゆとりを持った運行スケジュールを組んだりしています。

以上のことを企業が将来のために取り組んでいます。

勤める会社が安定していれば、将来性があるとみてよいでしょう。

 

タンクローリードライバーは人手不足?

 

先程少し紹介しましたが、タンクローリードライバーは人手不足に悩まされています。

ここでは、主な3つの理由について紹介します。

 

①ドライバー全体の需要が増加

社会環境の急激な変化やネット通販の需要の増加などで、配達の遅配などが現実問題となっており、最近ではドライバー全体の需要が一段と増加しています。

 

②ドライバーの高齢化

タンクローリードライバーの人手不足の理由としては、現役ドライバーの高齢化が進んでいる事です。

現在では、40代~50代が半数以上となっており、保管業種と比較しても非常に高い年代となっています。

また、29歳以下の若い世代のドライバーの割合は10%以下となっており、トラックドライバーの担い手も不足しているのが現状です。

 

③必要な資格を持つ人材が少ない

タンクローリードライバーに必要な資格を持つ人材自体が少なくなってきています。

タンクローリーの大半が「大型車」か「トレーラー」です。それらの車両を運転する場合は、大型免許や牽引免許が必要となります。

また荷物(積載物)によっては別途に資格が必要となり、車両と別途資格の2つの資格を合わせ持っている人は、なかなかいません。

最近では、会社で資格を取得できる「資格支援制度」を取り入れている所も増えてきています。

 

以上がタンクローリードライバーの人手不足の理由です。

考え方を変えれば、転職するには絶好のチャンスだと思います。

これを機会に、タンクローリードライバーが増えることを期待したいものですね。

 

タンクローリーの運転は難しい?

 

タンクローリーの運転は、難しいと言われています。

どこが難しいのでしょうか。

ここでは、タンクローリーの運転に浮いて紹介します。

 

1.運転について

 

タンクローリーには様々な車両の大きさがありますが、中でも一番難しいのがトレーラーです。

 

①直進

直進する時に気を付けなくてはいけないのは、連結状態の長さや幅や高さです。

特に交差点や踏切では注意が必要です。

 

②左折

交差点で左折する時は、前方に深く侵入してから旋回するのがコツになります。

トレーラーでの左折は普通のトラックよりも運転が困難なので、内輪差には注意が必要です。

 

③右折

交差点やカーブでの右折には、対向車に接触しないように確認しないといけません。

ブレーキを強く踏んでしまうと、前輪にロックが掛かり、運転や操縦ができなくなることがあるので注意しましょう。

 

④バック

トレーラーのバックが一番難しいと言われています。

仕組みとしては、連結部に押されてトレーラーが動くようになっているので斜めに押されると、そちらに方向を変えてしまいます。

バックする時は、トレーラーを中心に考えて「自分が乗っているトレーラーヘッドは前輪」だと想像し、トレーラーの方向を変えるにはどちらをむけばよいかを考えると良いでしょう。

運転に関しては、実際に運転して慣れるしかありませんね。

 

2.輸送について

 

タンクローリーは、液体を運搬することがあります。

液体はタンク内で動きやすいので、重心がズレてしまい横転する可能性があります。

また、右折や左折時も同様で急ハンドルを切った時にも重心のズレと遠心力で横転してしまうので注意が必要です。

タンクローリーは、運転だけでなく積載しているものによっても危険性があります。

以上のことでタンクローリーの運転は難しいと言えるでしょう。

 

タンクローリーの人気会社ランキング

 

全国には沢山のタンクローリーの会社があります。

会社選びとなる時、その会社にある特徴や業績を考えて行く必要があります。

ここでは、人気がある会社ベスト10を紹介します。

 

1位:ENEOSホールディングス

2位:東燃ゼネラル石油

3位:コスモエネルギーHD

4位:昭和シェル

5位:出光興産

6位:日本通運

7位:国際石油開発帝石

8位:山九株式会社

9位:ダイセル物流株式会社

10位:センコー

 

一番の売上高を誇っているのが1位の「 ENEOSホールディングス」で71,158億円です。

2位~5位までの売上高は、約22,000億円前後となっており、6位以降の売上高は、約3,000億円前後となっています。

会社を選ぶときの参考にしてみて下さい。

 

まとめ

 

今回は、タンクローリーの将来性について紹介しました。

タンクローリードライバーの将来性は、勤めている会社が安定していれば将来性があると見てよいです。

先程紹介した「企業が取り組んでいる内容」や「人気会社ランキング」を参考にすれば、将来性のある会社が見つかるはずです。

タンクローリードライバーを考えている方は、今回の記事を是非参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました