西濃運輸軽貨物の委託ドライバーは稼げるの?単価や評判、きつい噂は本当?

西濃運輸軽貨物の委託 運送業/物流/倉庫

 

委託ドライバーの業務に慣れるまでは少し大変ですが、慣れてくれば生活できるくらいの収入はあるようです。

地域によって違いますが、荷物の配送単価で給料が決まります。

なので地域の単価は把握しておく必要があります。

また自分で車両を持ち込む場合は固定費が少なくて済み、売り上げを立てやすくなります。

では西濃運輸軽貨物の委託ドライバーとは、どのような事をするのでしょうか。

そこで今回は、西濃運輸軽貨物の委託ドライバーの仕事内容や評判などについて紹介します。

 

西濃運輸軽貨物の委託ドライバーの仕事内容とは

 

西濃運輸軽貨物の委託ドライバーの仕事は「宅配」がメインとなります。

1日の平均荷物の個数は「70~100個」です。

 

1.委託契約について

 

宅配の仕事は西濃運輸などの大手企業との委託毛薬が必要になります。

個人では直接の契約が出来ないので、法人を通して契約します。

ロイヤリティーや支払い条件など契約前に確認しておく必要があります。

 

2.配達エリアについて

 

基本的に配達エリアは固定です。

同じコースを配達することで道を覚え、効率よく配達できます。

ただし、エリアは同じでも配達先が少し違う場合があります。

配達前に場所を確認しておく必要があります。

 

3.一日の流れ

 

①出社すると担当エリアごとに荷物が仕分けされているので、伝票と荷物の確認

②確認出来たら積込み

③積み込みが完了後、配達ルートの組み立て(地図は用意してあります)

④配達開始

⑤1件の配達完了ごとにお客様からサインを頂き「ハンディターミナル」でバーコード入力

※不在の場合、「不在通知書」を投函し、「ハンディターミナル」でバーコード入力

⑥全ての配達が完了したら営業所に戻り、不在の荷物をデータ入力しながら積下ろし

⑦代金などを預かった場合は、預かった金額を計算し入金を済ませて業務終了

 

4.メリットとデメリット

 

<メリット>

・仕事量が安定している(繁忙期や閑散期は変動します)

・一日の配達距離が短ので燃料代があまりかからない

・配達した分だけ収入になる「出来高運賃」なので、実力次第では高収入が期待できる

 

<デメリット>

・配達先で不在の時は、再度足を運ばないといけないのでロスになる(時間や燃料など)

・最初のうちは、ハンディターミナルなど覚えることが多いので配達に時間が掛かる

・夜間の時間指定があるので労働時間は長めとなる(契約内容によって異なります)

 

西濃運輸軽貨物の委託の単価とは

 

西濃運輸軽貨物の委託の単価は、荷物1個当たり約200円です。

地域によって単価に差があります。

西濃運輸は荷物単価約200円のところ、他の業者では140円~180円とあり、西濃運輸の単価は他の業者に比べて高めに設定されています。

 

西濃運輸軽貨物の委託の給料や年収とは

 

荷物の単価が分かったところで給料や年収はどのくらいになるのでしょうか。

ここでは給料や年収についてシュミレーションします。

 

<給料>

 

◎条件

・単価:200円

・労働日数:22日

・荷物の個数:100個

上記の条件でシュミレーションしてみます。

 

200円(荷物1個当たりの単価)×100個(荷物の個数)=20,000円(日当)

20,000円(日当)×22日(労働日数)=440,000円(月の売上)

月の売り上げに固定費が引かれます。

 

◎車両を持ち込み時の固定費

(合計:8,400円)

・端末貸し出し:月3,000円

・貨物保険互助会費:月5,400円

440,000円(月の売上)-8,400円(固定費)=431,600円(月給料)

※委託ドライバーは、個人事業主なので燃料費や通話料金(会社連絡時使用)は自分で支払わなければいけません。

また車両をリースした場合は、リース料が掛かります。

 

<年収>

 

431,600円(月給料)×12か月=5,179,200円(年収)

※車両持ち込みの場合は、維持費(保険など)を自分で支払わないといけません。

リースの場合は、リース料が掛かります。

 

以上の給料や年収は目安です。

配達荷物の数や労働日数で異なります。

参考程度にしておいて下さい。

 

西濃運輸軽貨物の委託はきついって本当?

 

西濃運輸軽貨物の委託ドライバーは、キツイのでしょうか。

実際に働いている方の中には、キツイと感じている人とやりがいがあると感じている人がいる様です。

ここでは、これらについて紹介します。

 

<キツイと感じる理由>

 

・配達件数で収入が決まる

軽貨物 の委託ドライバーは、配達件数で収入が決まります。

配達件数を増やせば収入は上がりますが、逆に配達件数が少ないと収入が減ってきます。

不安定な収入なので生活する面でキツイと感じています。

 

・体力的にキツイ

収入を伸ばすためには配達件数を増やさないといけません。

配達件数に加え、配達先で階段の多さや荷物の重さなどで体力が削られることが多くキツイと感じている方もいます。

 

<やりがいを感じる理由>

 

キツイと感じる人もいますが、中にはやりがいを感じている方もいます。

 

・働き方が自由

休みを自分で決められるため無理のないように働くことが出来ます。
なので副業として働く人も多いです。

長期休暇を取得したり、日によって早く仕事を終わらせたりワークバランスを意識した働き方が出来ます。

 

・人間関係や就業規則の縛りがない

委託ドライバーは、社内の人間関係や就業規則に縛られることなく働くことが出来ます。

なので精神的には、かなり楽です。

ただし、ドライバーとしての礼儀やマナーなどは仕事をする上では必要です。

 

キツイと感じるのは個人差があります。

参考程度にしておいて下さい。

 

西濃運輸軽貨物の委託業務を辞めたい人の原因について

 

委託ドライバーをやめたい方は中にはいる様です。

辞めたい理由は大きく分けて3つあるので紹介していきます。

 

①稼げない

配達件数を伸ばしても意外に稼げないようです。

エリアによっては、単価が安く配達件数を伸ばしても給料が安い時が有ります。

仕事量と給料を比較した場合、意外にも稼げないので辞めて行く方もいる様です。

 

②体力的にキツイ

辞めたい理由で一番多いのが「体力的にキツイ」です。

特に年齢を重ね、40~50代の男性は、この様に感じています。

配達先での階段の多さや荷物の重さなど体力的にキツイです。

稼げると聞いて頑張ってみたものの、体力的に続かなく辞めて行く方もいる様です。

 

③人間関係

担当エリアのドライバーの中には、気性の荒い人や冷たい人がいます。

単価の低い案件ばかりを渡して来たり、委託ドライバーの配達件数が多くて配達困難な時でも手伝ってくれないなど、人間関係で辞めて行く方もいる様です。

 

この他にも理由がありますが、大きく分けると上記の3つです。

委託ドライバーだけでなく、企業でもこの様な理由で辞めて行かれる方がいるのかもしれませんね。

地域や営業所によって違います。

参考程度にしておいて下さい。

 

西濃運輸軽貨物委託の口コミや評判はどう?

 

ここでは、西濃運輸軽貨物の委託ドライバーのリアルな口コミや評判を紹介します。

 

・正社員の方が丁寧に指導してくれて仕事がやりやすい。また相談にも乗ってくれるので良い関係を築けている

・委託ドライバーは、一人でやっている分大変ですが、自分のペースで仕事が出来て時間も比較的自由に使えるので気に入った職種です

 

・空いた時間で仕事が出来、仕事自体は大変ですが自分で稼げる幅も広げていけ、やりがいを感じる

 

 

などの口コミがありました。

これらの口コミは、副業として働いている方です。

本業として働く場合は大変なのかもしれませんね。

感じ方には個人差があるので参考程度にしておいて下さい。

 

まとめ

 

今回は、西濃運輸軽貨物の委託ドライバーについて紹介しました。

委託ドライバーの業務に慣れるまでは少し大変ですが、慣れてくれば生活できるくらいの収入はあるようです。

しかし、無理なく働こうと考えている場合は副業として働く方法もあります。

今回の記事のポイントは「給料や年収」です。

燃料代などの経費は掛かりますが、配達した分だけ自分の収入になり、やりがいがあるように感じます。

西濃運輸軽貨物の委託ドライバーを考えている方は、参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました