西濃運輸の口コミ評判とは!年収や給料安いって本当?路線の大型ドライバーはきつい?

西濃ドライバー給料 運送業/物流/倉庫

 

カンガルーの西濃でお馴染みの西濃運輸。

群雄割拠の運送業界でもその知名度と地位はかなりのもです。

こちらの会社の特徴としてオフィス街で働いている人達よりも、製造工場など働いている人達の方が身近な存在として感じているのではないでしょうか?

それってどういう意味なの?

と疑問に持たれた人に答えをいいます。

それは取り扱っている荷物に秘密があるからです。

今回は西濃運輸の取り扱っている荷物の秘密やドライバーの給料の話まで色々と解説していきたいと思います。

最後まで読んで参考にしてください。

 

西濃運輸はどんな会社

 

西濃運輸は工場関係の顧客が多く、取り扱う荷物もパレット物といった重量物を取り扱う事から、他社との差別化を図りここまで成長してきた会社です。

重量物を乗せる事をメインとした業務内容から、自社の車両の多くが4t車以上の車両です。

その車両も殆どが【ウィング車】といって横からでも荷物が積めるようにと考えられており、最大積載値を少しでも稼ぐため車両の軽量化のためにトラックの荷台をホロ車(アルミではなく布のようなカバーにしている車)にしているのが特徴的です。

これをすることで車両を軽くした分だけ、最大積載量が増えるので沢山の荷物を積むことが出来るというカラクリです。

ここで1つ面白い話を。

物流業界では困った時の西濃運輸としてのポジションがあります。

具体的な例を言うと…

「こんな大きな荷物を引き取って貰いたいけど、ヤマトがダメ佐川もダメって全部断られた。どうしよう・・・・そうだ西濃さんに頼もう!」といった感じで顧客の最後の砦です。

危険物免許など特殊な資格などが必要としない荷物以外は、なんでも受け取るイメージです。

昔の話ですが、老夫婦が北海道に移住するので飼い犬を飛行機で届けてほしいという話があり、なんと引き取ったことがあったらしいです(汗

 

西濃運輸ドライバーの給料や年収とは

 

ドライバーの平均年収は440万円程となっています。

それでは細かく見てみましょう。

 

     年齢       年収      月給   ボーナス

20~24歳  239.2万円  15.8万円  49.4万円

25~29歳  348.3万円  23.0万円  72.0万円

30~34歳  395.7万円  26.2万円  81.8万円

35~39歳  425.7万円  28.1万円  88.0万円

40~44歳  438.1万円  29.0万円  90.5万円

45~49歳  469.7万円  31.1万円  97.1万円

50~54歳  490.4万円  32.4万円  101.4万円

55~59歳  469.1万円  31.0万円  96.9万円

60~64歳  310.1万円  20.5万円  64.1万円

 

という割り振りになります。

年齢とともに収入も増えていき将来設計を立てやすい会社といえます。

西濃運輸は大手運送会社とあって、福利厚生も他社と比較した場合でも見劣りするレベルではありません。

但し、ボーナスに関しては背広組と言われている幹部候補を除外として、各営業所の売り上げに応じて支給金額が決まっているので、赤字の営業所では0円となります。

これが西濃運輸が「利益至上主義」と言われる所以です。

私の知っている営業所の従業員たちは、この金額の半分も貰えていませんでしたからね(苦笑)

 

西濃運輸ドライバーの給料明細

 

こちらは中途入社の26歳独身男性の入社3年未満の明細です。

基本給      時間外手当   残業代     残業時間
170,000円        50,000円    0円      30時間/月

健康保険    厚生年金保険   雇用保険     住民税    所得税
8,510円    17,250円         1,380円    9,398円    4,699円

総支給      控除合計    差引支給額
230,000円    41,237円    188,763円

定期賞与(2回) インセンティブ賞与  決済賞与(0回計) 賞与(ボーナス)合計
470,000円         0円         0円       47,0000円

 

こちらは残業が0となっていますが、現場のドライバーで残業が0ということはあり得ませんので収入はこれ以上だと思って大丈夫です。

但し、現場のドライバーと他の業務を兼任している人は、ボーナスが各営業所の収益で決まる場合があるのでご注意ください。

例をいうと、たまにドライバーとして働くが基本は事務所の中といった人や、ドライバー兼営業マンのような人が対象となります。

 

西濃運輸ドライバーの仕事はきつい?

 

西濃のドライバーのキツさは佐川急便とヤマト運輸を足して2で割ったようなイメージです。

まずは肉体的なキツさについて説明すると、西濃運輸で取り扱っている荷物には重量物も含まれいて、運ぶ回数も1回だけとかではなく何往復もしなくてはならない場面もあります。

それが原因で身体の至る所を痛めている人が多いのが現状です。

これは佐川急便に近いイメージといえます。

そして、ヤマト運輸のような営業ノルマをかす営業所もあります。

売り上げが悪い営業所なら当然ですが、ドライバー達に荷物の集客が見込める配達先をピックアップさせて、営業マンにその情報を渡すといったノルマを与えます。

ドライバーの1日の大半が集配業務なのに、その時間の合間を縫ってこういった活動を行わなければならないのがキツい!と言えます。

繁忙期や荷物の遅延なので営業所内に大量の荷物がある状況でも容赦ありませんからね。

これらから肉体的にも精神的にもキツイといえます。

 

西濃運輸ドライバーを辞めたい人の理由とは

 

まずは辞める人の大半が研修期間中に辞めます。

その理由は”仕事がキツイから”です。

これは運送会社でよく言われている事ですが、「朝早く、帰るのが夜遅い。肉体労働で腰を痛めたので辞めます」西濃運輸に限らずとも、ドライバー業界ではテンプレ化している言葉です。

次に一人立ちしたドライバーが辞める理由は【お金】と【社風】です。

まず、大手運送会社といっても西濃のドライバーの収入はピンキリです。

2t車ドライバーと大型路線ドライバーとでは給料に大きな差が出ます。

2t車での仕事は宅配のように1日何十軒も配達したり集荷したりする仕事です。

1日中忙しく動き回るイメージです。

毎日毎日そんなに動き回っているのに大型ドライバーとの給料の差が納得できない!と思う人もいます。

実際に基本給から差が出ています。

これは西濃運輸という会社が他社との生存競争の中で、どんな形状の荷物に力を入れてきたかが重要になっていて、ざっくりにいうと西濃で取り扱う荷物はリフトで下ろすような重量物がメインです。

他社が引き取らない重量物や形状の荷物を引き取ってきたから顧客ニーズの差別化が生まれて成長してきたわけです。

ヤマトのように宅配をメインに収益を上げてきた会社と、それがメインじゃない会社とでは宅配部門にそこまで力を入れる事はしません。

よって給料は中小企業の2t車ドライバー達よりも安い場合があります。

 

西濃運輸ドライバーの口コミや評判

 

悪い口コミばかりかと思いきや、好意的なコメントが多いのが印象的でした。

 

・福利厚生

・労働時間

・定年後の再採用

 

といったキーワードでの評価が高く、さすが大手運送会社といます。

ここ数年の間に運送会社も随分と変わってきました。

女性ドライバーを採用しているということ事態が一昔前なら考えられなかったことです。

そんな女性らしいコメントに「建物の老朽化がいやだ」というコメントがあり、なんとも女性らしいコメントだなぁとほっこりとさせてくれます。

勿論、好意的なコメントばかりではなく「ノルマ」「労働時間」「パワハラ」といった悪いコメントもあります。

しかし、全体的に見ると長く働くと将来が安心できるといった好意的なコメントが多かったように感じます。

 

まとめ

 

他社との差別化を図り成長してきた西濃運輸。

どんな荷物でも引き取って配達してくれる事から、工場関係の会社との繋がりが強い運送会社です。

しかし、取り扱う重量物の全てがリフトで下ろせる荷物ばかりではなく、手下ろし作業での納品も含まれています。

それはドライバーの作業事態が過酷になり、身体を痛める事に繋がっていきます。

そんな労働環境ですが、収入面や福利厚生、定年後の再雇用制度などが魅力的な会社です。

将来を見据えた場合には大手企業での仕事が一番安定しますからね。

タイトルとURLをコピーしました