佐川急便軽四ドライバーはきつい?給料や年収、口コミ評判まで徹底解説!

スポンサーリンク
佐川軽四ドライバー 運送業/物流/倉庫

 

佐川急便の軽四ドライバーは、配送件数によって給料が変わるので運ぶ荷物が多いとキツイようです。

しかし、仕事のやり方や配送ルートを上手にできれば、ある程度の件数をこなすことが出来、やりがいを感じている人もいる様です。

街中でよく見かける佐川急便の軽四ドライバーですが、職種は「セールスドライバー」です。

配送や集荷だけでなく営業も行うのがセールスドライバーです。

それでは、仕事内容や給料などが気になりますね。

そこで今回は佐川急便の軽四ドライバーとは、仕事内容屋給料などについて紹介します。

 

佐川急便の軽四ドライバーとはなに?

 

ここでは、佐川急便の軽四ドライバーについて紹介します。

佐川急便軽四ドライバーとは軽四ドライバーの職種は「セールスドライバー」です。

一般的なドライバーと何が違うのか解説します。

 

①セールスドライバー

セールスドライバーは、荷物の配達や集荷業務だけでなく営業を行わなければなりません。

具体的な営業内容は「お客様に対しての最適な配送プランの提供」や「自社販売している商品の販売」です。

 

②配送ドライバー

ルート配送ドライバーは、会社で決められているルートで工場や店舗に荷物を配送します。

その為毎日同じルートで配送しないといけません。

 

③宅配・配達・配送ドライバー

ルート配送と違い、自分の好きなルートや順序で配送することが出来ます。

その為、自分が最も良いと思うルートで配送することが出来、ルート配送に比べて自由があります。

 

佐川急便軽四ドライバーは、主に個人向けの荷物の集荷や配達がメインとなるので、取り扱う荷物も比較的小さい物が多いです。

なので体力的負担も少なく女性や年配のかなが多く活躍しています。

 

仕事内容

 

具体的な仕事内容は次の通りです。

 

・荷物の配達や集荷業務

・料金回収
   
・営業活動

 

1日の流れ

 

①出社後朝礼

②積み込み

③配送(配送と同時に営業活動も行います)
 
④集荷(集荷と同時に営業活動も行います)

⑤夜間配達や再配達

⑥事務処理

⑦退社

 

この様な流れで仕事を行います。

個人宅の宅配がメインとなるので、時間指定や再配達があるのがネックとなっている様ですね。

 

佐川急便の軽四はきつい?

 

ここでは、佐川急便の軽四ドライバーのキツイと言われているところや良いところを紹介します。

 

<キツイと感じるところ>

 

①再配達が手間

佐川急便軽四ドライバーは、個人向けの宅配がメインなので、日中は留守にしているお客様が多く、再配達の件数が多くなり手間がかかっているのが問題となっています。

再配達に行っても不在の場合や、指定時間に配送しても不在の場合があり、再配達や再々配達をしないといけないので、これらが手間になりドライバーに負担が掛かっています。

 

②ノルマがある

一般的なドライバーは、配送をきちんとしておけば、ある程度の給料がもらえます。

しかし、佐川急便軽四ドライバーは「セールスドライバー」なので営業活動を行わないといけません。

売り上げのノルマを達成しないと満足のいく給料をもらうことが出来ません。

なので佐川急便軽四ドライバーは、歩合制で売り上げノルマがあることがキツイ理由の一つとしてあります。

 

③体力的にキツイ

佐川急便軽四ドライバーの配送件数は、1日に数十件もあり、これに加えて営業活動があります。

場合によっては住宅地を手で荷物も持って運ぶこともあり、体力的にもキツイ場合があります。

 

<良いところ>

 

①荷物が軽い

佐川急便軽四ドライバーが取り扱う荷物は、小さくて軽いものが多い為、力の弱い女性や年配の方でも安心して働くことが出来ます。

 

②効率的に働ける

佐川急便軽四ドライバーの仕事は、担当エリアが決められており、一度、担当エリアの地理を把握していれば効率的に配達することが出来ます。

仕事に慣れて自分なりの効率の良い配送ルートでテンポよく仕事が出来ることが魅力となっています。

 

③特別なスキルは不要

佐川急便軽四ドライバーの担当する地域は主に住宅地となります。

機動性を重視した軽四自動車で配送するので特別なスキルは必要ありません。

 

④お客様からの感謝の声を直接聞ける

佐川急便軽四ドライバーは地域に密着した仕事なので、地域住民の生活を支えるインフラの仕事となります。

そんなドライバーにとっては配達先のお客様からの感謝の声を直接聞けることや顔なじみになったお客様と何気ないやり取りはモチベーションアップや仕事のやりがいに繋がります。

キツイ面もありますが、良いところもあり、やりがいを感じている人もいる様ですね。

 

佐川急便の軽四の給料や年収はどれくらい?

 

佐川急便の軽四ドライバーは「準社員」や「アルバイト」や「パート社員」で、それぞれ給料や年収が違います。

また労働時間によっても変わってきます。

ここでは、「準社員」や「アルバイト」や「パート社員」別に給料や年収などを紹介します。

 

<準社員>

 

・給料:約20万円前後

・年収:250万円~300万円程度

・労働時間:8:00~17:00、9:00~18:00(定時)

※準社員には早出や残業があり、定時で帰れることは少ないです。

月平均残業時間は40~50時間となっています。

また本人の頑張り次第では、正社員を目指すことも出来ます。

 

<アルバイト・パート社員>

 

・給料:時給1,100円~1,400円程度

月給換算すると19万円~25万円(1日8時間労働で週5日勤務の場合)

・年収:225万円~300万円(1日8時間労働で週5日勤務の場合)

・労働時間:アルバイトの場合は1日8時間労働で週5日勤務から可、パート社員の場合は1日4時間労働で週2日から可となっています。

 

佐川急便の軽四の月収は安い?

 

佐川急便の軽四ドライバーの給料は安いのでしょうか。

他の企業と比較してみましょう。
 

 

企業名     平均給料(定時の場合)            平均労働時間(定時)              平均残業時間

佐川急便     20万円前後(準社員)        8時間                          40~50時間

ヤマト運輸      約24万円(契約社員)            7時間(13:00~21:00)   なし

福山通運         18万円~(契約社員)            8時間(7:30~17:00)     あり(詳細は不明)営業所でバラツキあり

 

上記の結果、給料には若干の差があります。

これらは雇用形態の違いもあります。

労働時間や残業を全体的に見てみると、佐川急便軽四ドライバーは、給料が少ないように感じますね。

 

佐川急便の軽四の給料明細

 

佐川急便の軽四ドライバーの給料は先程紹介しましたが、明細はどのようになっているのでしょうか。

佐川急便では雇用形態によって給料や福利厚生が違います。

ここでは、その違いについて紹介します。

 

<正社員>

 

正社員になる場合は、新卒採用はともかく、中途採用の場合は「準社員」からのスタートとなります。

 

◎手当や福利厚生について

 

・時間外手当

・家族手当

・住宅手当

・通勤手当

・確定拠出年金制度

・健保組合制度

 

など手厚い福利厚生を利用できます。

 

<準社員>

 

正社員を希望する中途採用者のことです。(契約社員という表現も使われます)

※給料は「日給月給制」です。

これに通勤手当や残業手当などが付きます。

 

◎利用できる福利厚生制度

 

・厚生年金保険

・社会保険

・保養所利用

 

などです。

正社員に比べ、待遇が劣ります。

 

<アルバイト・パート社員>

 

アルバイトやパート社員は時給制です。

時給に通勤手当が加算されます。

それ以外はありません。

手当や福利厚生などはありません。

詳しい明細を知りたい場合は、近くの営業所に問い合わせるか、実際に応募した時に面接で聞いてみて下さい。

 

佐川急便の軽四のリアルな口コミや評判とは

 

佐川急便の軽四ドライバーの口コミや評判は様々です。

ここでは、良い評判と悪い評判に分けて紹介します。

 

<良い評判・口コミ>

 

・安定して働くことが出来る

佐川急便は宅配業界の中でも最大手なので倒産して職を失う恐れはないです。研修制度もしっかりしており、働きやすい職場です。

 

・福利厚生などの待遇が充実

佐川急便は大手企業だけあって、福利厚生の待遇はしっかりしています。例えば「無事故手当」や「家族手当」など収入に影響があるものから、研修や保養施設を格安で利用できるなど様々な福利厚生が充実しています。

 

・休みがしっかり取得できる

運送業界は休日が少ないイメージがありますが、佐川急便のセールスドライバーは、月9日休むことが出来ます。業界内でも休日が多いと評判です。この他にも休日制度があるので職場環境は良いです。

 

・女性が働きやすい環境

セールスドライバーは、女性が働きにくいイメージがあります。しかし、佐川急便では女性向けの福利厚生や、子持ちの母親向けの託児所が完備されているなど、女性のセールスドライバーにとって働きやすい環境が整っています。

 

・キャリアアップを目指せる

佐川急便のセールスドライバーは、様々な教育制度や研修制度があります。キャリアアップが目指しやすく、セールスドライバーから主任や係長などへステップアップが出来ます。また自分の適性に合わせて「人事開発」や「営業開発」の仕事も将来担える制度が整っています。
※アルバイトやパート職は除きます。

 

<悪い評判・口コミ>

 

・基本給は低め

佐川急便のセールスドライバーの基本給は東京などの都会では22万円~26万円と良いですが、地方の営業所の基本給は16万円~21万円と低くなります。

また仕事量と給料を比べた時に、非常に少ないという声もあります。

 

・残業は多め

佐川急便のセールスドライバーは、残業が多いという評判です。月に40~50時間の残業があります。一般的に労働基準法では、月40時間以上お労働は違法とされていますが、佐川急便では「36協定」と言われる時間以上の残業を可能にする協定を結んでいる事もあり、他の企業と比べても残業が多いと言えます。

 

・業務の幅が広い

佐川急便のセールスドライバーは、配送や集荷といった肉体労働に加え営業活動など業務の幅が広いという口コミがあります。実際に働いている方の中には、器用に仕事をこなさないと長く働くのは厳しいという口コミもあります。

 

・再配達が手間

佐川急便だけではないと思いますが、セールスドライバーの再配達の手間がかかると口コミがあります。お客様が不在の場合、改めて配達に向かわなくてはいけない手間があり、その分残業となりドライバーの負担が増えます。この再配達が大きな負担になっているという口コミが多いです。

 

これらの口コミや評判は、営業所によって異なります。

参考程度にしておいて下さい。

 

まとめ

 

今回は佐川急便の軽四ドライバーについて紹介しました。

軽四ドライバーの仕事は、比較的キツイようです。

特にキツイと感じるのは先程紹介したように体力的なものや営業活動のノルマがキツイなどです。

歩合制なので営業活動のノルマはキツイのだと感じました。

軽四ドライバーの仕事はキツイようですが、良いところも先程紹介しました。

これから佐川急便の軽四ドライバーを考えている方は、この記事を是非参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました