追っかけトラック運転手は給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

追っかけトラック給料 運送業/物流/倉庫

 

追っかけトラックは、トラック運転手の中で最も時間に追われる仕事です。

鮮魚・青果・生鮮食品を産地から卸市場まで運びます。

鮮度が命の荷物だからこそ時間に追われることになります。

長距離運転になることもありますので、年収など高いことが魅力の一つです。

時間に追われる仕事内容をご紹介します。

 

追っかけトラック運転手の仕事内容や1日の流れ

 

荷物の種類によって異なります。

鮮魚なのか青果なのかで異なります。

今回は一部紹介します。

 

6:30 車庫出発

⇒ 前日に荷積みしているケースがほとんどです。

 

8:00 荷下ろし

⇒ 肉体労働になります。

朝が早いこともあり、慎重に作業します。

 

12:00 会社に戻って事務作業

⇒ 運行指示書や段取りの確認を行います。

運転手ですが、このような事務作業が大切になります。

時間通りに行動するために確認や計画を徹底して行います。

 

14:00 再度出発

⇒ 長距離や短距離など日によって異なりますが、安全確認を行って出発をします。

当然ながら交通状況も把握しています。

長距離の場合は、複数回SAで休憩を行います。

ある程度距離を進んだら睡眠に入ります。

 

0:30 就寝

⇒ 大型トラックになるとトラック内で睡眠することがほとんどです。

場所や時間帯にもよりますが、比較的0時ごろに睡眠を取ることがほとんどです。

 

8:00荷下ろし

 

11:00荷下ろし

⇒ 場合にもよりますが、2件ほど荷下ろしを行います。

時間通りに到着するように計算しながら走行します。

 

12:00 積み込み

⇒ 多くの場合はピストンではなく、荷下ろししてまた荷積みをするケースがほとんどです。

会社が無駄ないようにスケジュールを組んでくれます。

 

15:00 帰社

⇒ 燃料補給・トラック清掃

 

17:00 退勤

 

追っかけトラック運転手の仕事はきつい?

 

結論から言うときついです。

体力勝負のこともありますので、体育会系の方や運動神経に自信にある方でもきついと感じる仕事になります。

その理由は、運転以外にも重たい荷物を運ぶことになるからです。

重たい氷やたくさん入っている青果などを積み下ろす作業を行うこともあります。

そのため、腰や腕を痛めることになります。

肉体労働は間違いないので疲労困憊になるケースもあります。

 

追っかけトラック運転手に必要な資格や免許は

 

免許は必ず必要になりますが、特別な資格が必要なわけではありません。

特に、大型免許を持っていると給料が上がりやすいです。

物量をたくさん運べることになりますので、その分給料に反映されます。

普通免許だけだと厳しい職種ともいえます。

担当する商品や地域によって異なりますが、大型免許はすべてのトラックを運転することができますので非常にメリットがあります。

 

追っかけトラック運転手の給料や年収はいくら?

 

追っかけトラックの平均年収はおよそ450万円~600万円です。

トラック運転手の中では高い年収となっています。

物量や勤務体系の影響です。

場合によっては、深夜や早朝に配送することもあります。

そのため、高給料になります。

月収でいえば50万以上もらえる企業もあります。

しかし、その分責任は重たくなります。

延着などのペナルティを課されることもありますので、常に時間との戦いになります。

もちろん安全第一のため事故はご法度です。

 

追っかけトラック運転手の給料は安い?

 

結論からいうと安くはないです。

トラック運転手の中では比較的高給料です。

その分、肉体労働や勤務時間がバラバラといった制約はあります。

企業によって異なりますが、ルート配送や短距離配送と比べると高給料が魅力的な職種です。

 

追っかけトラック運転手の口コミや評判は

 

相当なプレッシャーを感じながら仕事をしている方が多く見受けられます。

特に、時間に追われることが最大の難点になります。

交通渋滞など予期せぬ事態も発生します。

体力も使うので腰や足を痛めたとの声も多く上がっています。

しかしながら、高給料のため仕事をやめるにやめれないとの声もあります。

確かにほとんどの企業で追っかけ運転手は高給料になっています。

また、トラックの種類によって昇格するので大型免許を持って一生懸命に働いている人が多くいます。

運転が好きな方は嬉しい職場となっています。

大型トラックを運転できるので乗り物好きが多く働いています。

また、トラック運転手は比較的ひとりの時間が多いので一人が好きな方は働きやすいです。

 

まとめ

 

追っかけトラック運転手は、肉体的・精神的に非常に疲れる職種です。

しかし、給料面でみると他のトラックドライバーよりも高い年収を誇っています。

運転が好きな方や運動神経が高い方が多く勤務されています。

また、日本の生活を支えている仕事であり誇りをもって仕事に従事されています。

長距離トラック運転手となると日を跨いでの仕事となります。

場合によっては、トラック内で睡眠となります。

生活スタイルを犠牲にする必要があります。

タイトルとURLをコピーしました