役員運転手は給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

スポンサーリンク
役員運転手は給料安い? 運送業/物流/倉庫

 

役員運転手は、会社の役員など社会的な要職にある人のドライバーのことです。

運転技術だけでなく、ビジネスマナーも求められます。

また、コミュニケーションスキルも要求される仕事です。

期待度が高い仕事内容や年収をご紹介します。

 

役員運転手の仕事内容や1日の流れ

 

会社のスケジュールではなく、役員個人のタイムスケジュールに合わせて働くことになります。

役員のスケジュールにもよりますが、1日4時間で勤務が終わる日もあります。

会食などある日は、1日10時間ほど勤務をする可能性があります。

今回ご紹介するスケジュールは参考程度にご覧ください。

ある1日について記載します。

 

7:00 役員宅着

⇒ 役員の自宅に向かい、役員の乗車まで待機します。

 

7:15頃 出発

⇒ 役員のスケジュールを確認して目的地に向かって出発します。

 

8:00 目的地到着後、待機

⇒ 目的地まで送り届けその仕事が終わるまで周辺で待機します。

  役員のスケジュールを確認して次の予定など整理を行います。

 

12:00 再度、目的地に移動

⇒ 昼からのスケジュールに間に合うように移動を行います。

  役員によっては、車内で昼食をとる方もいますので安全運転に配慮します。

 

19:00 役員を自宅まで送る

1日の最後は、役員の自宅まで送り届けることです。

所属会社によってはドライバーが直帰を許されている企業もあります。

 

役員運転手の仕事はきつい?

 

楽な仕事ではありません。

運転手ということで人の命を預かっていますので、気を抜くことができません。

また、役員を乗せていることもあり緊張感を感じることもあります。

また、時間厳守になります。

決められた時間に送迎することがミッションになります。

役員は、会社の顔でもありますので、ちょっとしたミスが重大な事故になります。

その責任を感じながら働く必要があります。

運転技術だけでなく、精神的にも疲労感を感じることがあります。

また、役員によっては予定が変わる人が多数います。

臨機応変に対応できるスキルも必要になります。

例えば、会議が長くなることや会食が増えることがしばしばあります。

その都度、柔軟に対応することが求められます。

そいったことも踏まえてコミュニケーションスキルが高い人が求められます。

さらには、運転手の身なりも大事になりますので、清潔感なども必要になります。

他の職業よりも神経を使うことは間違いなしです。

 

役員運転手に必要な資格や免許は

 

特別な免許は必要ありませんが、ドライバーなので運転免許は必須になります。

もっと言えば第2種免許を取得しておくと採用の際に有利になります。

外資系になるとTOEICなど英語のスキルを求められることもあります。

資格よりも人間性を重視されます。

 

役員運転手の給料や年収はいくら?

 

役員運転手の年収400万円前後が平均年収と言われています。

ただ、年収の幅はかなり広がっています。

雇用形態や勤務時間などが理由に挙げられます。

担当する企業によっても異なりますので参考値としてご参考ください。

深夜手当など発生することもありますので比較的高い年収です。

タクシーの運転手の平均年収が300万円前後と言われています。

それと比べると比較的高給料といえます。

社会的地位が高い人を乗せていることもあり、給料は高い企業がほとんどです。

 

役員運転手の給料は安い?

 

雇用形態によります。

必ずしも安いとは限りません。

例えば、雇用形態では時給制の可能性もあります。

そうなると、4時間で勤務が終了となることもありますので、給料が安くなる可能性があります。

派遣会社などでは、やはり低くなることがあります。

正社員で役員ドライバーとなるとボーナス支給や福利厚生もありますので、メリットは大きくなります。

 

役員運転手の口コミや評判は

 

役員のドライバーということで社会貢献につながっていると感じている人が多く評判の良い業界です。

特に一番大きな声としては、年齢問わず働けるということです。

最近は高齢者ドライバーの問題になっていますが、良識あるドライバーやビジネスマナーを身につけているドライバーを求められているからこそ定年近くまで活躍できる職種です。

そういった面から様々な方が活躍できる業界であり、評判が良い業界です。

コンプライアンス遵守ということもあり、ホワイトな環境で働くことができるものメリットと感じています。

一方で精神的不安を抱える人もいますが、企業がサポートしたりと教育体制も充実している企業が多く悪い評判はあまり聞きません。

ただ、勤務体制が不確定ということが最大のデメリットです。

 

まとめ

 

役員運転手は、精神的にダメージを感じることもありますが、社会を動かしているというやりがいを感じることができます。

また、ドライバー業界の中でも高給料であり働きがいがあります。

地理勉強・ビジネスマナーなど求められることが高いですが成長できる職種です。

楽な仕事ではありませんが、社会的地位が高い人と接触することができます。

タイトルとURLをコピーしました