個人事業主ドライバーは給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

個人事業主ドライバー給料安い 運送業/物流/倉庫

 

ネットスーパーやオンラインショップなどインターネットを発展が急速になりました。

自宅にいながら買い物をすることが当たり前になりました。

家にいるだけで欲しいものが手に入る時代になりました。

そこで欠かせないのが宅配業者です。

運送業界は今人材不足で深刻ですが、働き方が多様となっています。

その例として個人事業主として運送業を行うことがです。

仕事内容や給料について解説していきます。

 

個人事業主ドライバーの仕事内容や1日の流れ

 

個人事業主なので自分の時間を自由に決めることができます。

ただ、配送となるとある程度時間の制約が発生します。

時間指定があったりと複数の商品を配送すること働く時間を調整することがあります。

参考程度にご覧くださいませ。

 

8:00 出社

スケジュール確認とアルコールチェックを行います。

 

9:00 配送準備(荷積み)

配送ルートの確認や荷積みを行います。

 

9:30 配送開始

指定された場所に運送します。

 

11:00 帰社

午前中指定がある商品を配送したら帰社して休憩です。

 

12:00休憩

 

13:00勤務開始

荷物の整理などを含めて配送を行います。

 

17:00 帰社

レポートを書いて勤務終了です。

 

17:30 勤務終了

 

個人事業主ドライバーの仕事はきつい?

 

基本的に自分の管理のもとは働くので大変な思いをすることはあります。

ドライバーとして業務も当然キツイのですが、なによりもキツいのは管理することです。

経費・スケジュール・維持費などを計算する必要があります。

仕事は、自分のペースで行うことができます。

仕事の量に応じて給料をもらうことができますので、働きたい人はガンガン働いて稼ぐことができます。

生活と仕事を両立にするために管理に時間に取られることになるので心労になります。

そういった意味でいうとキツイです。

 

個人事業主ドライバーに必要な資格や免許は

 

ドライバー職のため、普通免許の取得は必須になります。

ただ、準中型や大型は基本的に必要がないと思います。

自分が担当する商品にも寄りますが、準中型などになると車両の管理が大変となります。

個人事業主で開業する場合は、運送業の許可が必要となります。

「一般貨物指導者運送業」は軽トラックを除いた5両以上の車両と5名以上のドライバーが必要です。

それに加えて、1M里の運行管理資格者と整備管理者が必要となります。

「貨物軽自動車運送事業」は条件が軽くなります。

車両1台以上で軽トラックまたは125cc以上の自動2輪でも問題ありません。

整備管理者は不要でドライバーと運行管理資格者は1名以上のため自分で開業することができます。

 

個人事業主ドライバーの給料や年収はいくら?

 

個人差がありますが、平均400万円が相場となります。

年商は500~600万円程度となります。

経費を差し引くと年収が400万円となります。

フランチャイズ契約の場合は、商標利用料などが別途かかることもありますので、自分が属している形態よって大きくことなります。

 

個人事業主ドライバーの給料は安い?

 

判断の基準が難しいですが、基本的には安くはないです。

その理由は、個人事業主になるため自分の仕事量を決めることができるからです。

営業すれば多くのチャンスを掴むことができます。

就業内容もきめることができます。

また、経費なども自分での管理となります。

ドライバー職の中では安くなる可能性があります。

仕事と量と比較して給料が決まります。

成果報酬なのでやりがいは出てきます。

仕事に力が入るようになります。

 

個人事業主ドライバーの口コミや評判は

 

今は仕事が増えすぎているので大変だという意見を多く見受けることができました。

その理由は、どんな小さな商品でも配送するため物量が多くなります。

最近では、スーパーや小売店で配送を行っています。

普通自動車の場合は、自動車の管理も楽なのでそういった不満は少なかったです。

残業についてはある程度しないとならないことがあります。

個人事業主だからこそプライベートと仕事が一緒になる可能性があります。

そういったこともあり、大変でキツいというクチコミもあります。

 

まとめ

 

個人事業主でドライバーをするために運転免許は必須となります。

また、事業を展開するにあたり許可が必要になります。

物量が多くなっているこのご時世に開業することは多いにチャンスだと思います。

ただ、再配達など多くも問題が発生している業界でもあります。

残業や休暇が少なくなる可能性も十分にあります。

そういったことを理解する必要があります。

年収については、個人事業主になりますので、税金の管理などする必要があります。

経費など適切な処理をすることが望まれます。

タイトルとURLをコピーしました