産業廃棄物ドライバーはきつい?必要な資格や給料、年収を元運転手が暴露!

産業廃棄物ドライバー給料安い? 運送業/物流/倉庫

 

産業廃棄物の回収ドライバーの仕事は大変とも言われる仕事です。

年収は高いと言われていますが、どの程度なのかご紹介します。

必要な免許などについても記載します。

年収や就業体制などを含めた仕事内容を記載しています。

企業によって異なりますので、参考程度にお読みください。

業界需要も増加傾向です。

近年、一人当たりのごみの排出量が増加しています。清潔な日本を守る業種でもあります。

 

産業廃棄物ドライバーの仕事内容や1日の流れ

 

産業廃棄物ドライバーの主な1日をご紹介します。

企業によって異なりますし、また、担当するエリアなどにもよっても異なることを理解してお読みください。

出社は早く8時勤務が多いです。

現場で働く人と日々業務確認を行い安全確認を行います。

トラックの安全及び作業員の安全確認です。

最近では、アルコール確認もするようになります。

安全確認が終わると重機で積み込み作業を行い、処分場に持っていきます。

現場の到着時間もある程度決まっています。

交通渋滞や積み込みにトラブルがなければ昼食もゆっくり食べることができます。

その後、業務終了となり事務所に戻ります。

事務作業を一部行いそのまま帰宅します。

大体、17時~18時頃に業務終了します。

 

産業廃棄物ドライバーの仕事はきつい?

 

運搬する産業廃棄物にもよりますが、仕事は体力を使います。

そのため、きついと感じる人は多くいます。

しかし、仕事内容に慣れてしまうとそこまではキツくありません、ルーティン業務でやり方などわかるようになります。

しかし、工事現場などで往復が必要な場合はキツいと感じることはあります。

さらには特殊なトラックなどを運転しますので、運転が苦手な人や慣れていない人は非常に厳しいと感じます。

しかし、運ぶだけでなくマニフェストと呼ばれる不正処理を防ぐ重要な決まりがあります。

規律を守ることも必要で書類の確認なども業務の一部になることもあります。

マニフェストを受け取らず産業廃棄物を運ぶと法律違反になります。

十分に気をつける必要があります。

 

産業廃棄物ドライバーに必要な資格や免許は

 

入社する際は、普通免許があれば問題ありません

2tトラックなど運転が可能ですので普通免許のみで仕事をしている人もたくさんいます。

しかし、大型トラックや中型トラックなど運転する場合もありますので、免許を取得していると仕事の幅を広げることができます。

特に、大型トラックを運転することができるようになれば給料が上がるところもあります。

さらには、免許取得のために助成金などサポートしてくれる企業もあります。

未経験でも働ける業界ですが、運転技術に不安のある人は働くことは厳しいです。

毎日運転することになります。

普通車で自信を持って運転できれば問題ないです。

 

産業廃棄物処理業者に必要な資格や仕事内容などに関しては実際に働いていた人がこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗産業廃棄物処理業者の仕事はきつい?資格や仕事内容、給料や年収はいくら?

 

産業廃棄物ドライバーの給料や年収はいくら?

 

産業廃棄物ドライバーの月収は25~40万円程度が平均的になります。

仕事内容や勤務時間にもよります。

さらには、会社によっては基本給+歩合制というところもあります。

正社員で働いていれば、ボーナスが出る会社もあります。

扱う産業廃棄物によっても異なります。

また、運転できるトラックが多いほど給料も上がります。

大型トラックや特殊トラックは運転できる人が少ないこともあり手当が出ます。

高収入を目指している人ならば大型免許を取得することをおすすめします。

 

産業廃棄物ドライバーの給料は安い?

 

産業廃棄物ドライバーは大変な仕事ということもあり、比較的給料は高くなっています。

他の業種と比べても高いと言われています。

中小企業でも平均年収が500~600万円程度と言われています。

その理由は、危険な一面もあるからです。

肉体疲労なども考慮されている結果です。

会社によっては福利厚生もきちんとされているところもあります。

しかも、業界全体で改革が進んでいるのでホワイト企業が増えていることも事実です。

 

深箱ダンプ運転手の仕事内容などに関しては実際に働いていた人がこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗深箱ダンプドライバーはきつい?必要な資格や仕事内容、辞めたい理由とは!

 

産業廃棄物ドライバーの口コミや評判は

 

ルーティン業務に加えて、一人で黙々と仕事ができるので人間関係にストレスを感じている人でも働きやすい業界です。

また、経験によって給料が上がる企業がほとんどなので公正な給料体制も魅力です。

また、朝は早いこともありますが、残業が少ないこともいい評判を保っています。

最近は、産業廃棄物の需要が高くなっていますので将来性が見込める業界ということも一つのポイントになっています。

 

まとめ

 

産業廃棄物ドライバーは会社によって異なるものの比較的給料が高いです。

特に特別な免許が必要なわけではありませんので、未経験者でも働くことができます。

最近は、ドライバー不足も深刻化していますので働き口が多くなっています。

就職・転職を考えている人には注目してほしい仕事です。

タイトルとURLをコピーしました