深箱ダンプ運転手の給料や年収はいくら?志望動機やなるにはどうする?

深箱ダンプ運転手の給料 運送業/物流/倉庫

 

土砂運搬などを主な業務として活躍されてるダンプカーとは違い、幅広い産業廃棄物類の運搬をメインとされてる深箱ダンプ。

今回ではそんな産業廃棄物類の運搬で活躍されてる深箱ダンプ運転手の給料や年収、あと面接のポイントについてを主に着目していきます。

その中で「深箱ダンプ自体」の豆知識的な事柄や、ダンプやトラックでもお馴染とされてる観点から「女性でも深箱ダンプの運転手になれるのか?」といった内容も細かく検証していきます。

 

深ダンプとは!土砂禁って本当?

 

法律上は「深箱ダンプでの土砂積載は禁止」となっております。

日本では国土交通省により設けられた「ダンプ規制法」によって、専用車両としての手続き無しでは土砂類の積載や運搬は固く禁じられております。

これは土砂積載においての交通事故防止を目的とされる「国が定めた特別措置法」であり、「この規則に違反すれば3万円以下の罰金」という厳しい措置が科せられる事となります。

基本的な構造上からみても深箱ダンプは土砂積載を専用とした作りでは無く、仮に「それらに対して何ら構造変更を行うもの」であれば、必ず「それらに対しての申請」をしなくてはなりません。

現実的な用途としても、深箱ダンプ仕様の車両の多くは「比較的軽量なリサイクル材(木片チップ・発泡スチロール・ペットボトル等)を積み荷とした専用車両で用いられるケースが殆どです。

あとリース業者などでの「貸し出し使用者に対する禁止事項」など一般的にも広く根付いているなど、「そもそも深箱ダンプ以外での使用方法では故障の原因にもなりかねない」という事なのでしょう…

深箱ダンプ運転手の給料や年収はいくら?

 

厳密には「個々の会社によっての業務内容次第」とも言えますが、ごく一般的な深箱ダンプ業務での平均月給は約30~33万円

平均年収の方が390~420万円とも言われております。

これらはあくまで全国的に見た総合数値となっておりますが…

 

深箱ダンプの給料の相場は?

 

次にリアルな月収の相場としては「30万円」、「もしくは30万円を超えるか超えないかぐらい」と言った認識で良いと思います。

手取りとなればそこから諸々を差し引かれ「25~27万円程と言ったところが殆ど」であり、ここら辺りが相場とみていいですね。

私自身が過去貰ってた実際の手取りも「30は満たない額」でしたので…(笑)

 

深箱ダンプ運転手は女性でもなれる?

 

ドライバー職と言えば比較的「男性達の職場」としても広く認知されている中、深箱ダンプを扱った業種においても「多くの女性ドライバー達」が活躍されております。

一昔前とは違い、現在ではさまざまな分野での女性ドライバー進出が当たり前となってきており、それはむしろ「ダンプやトラック類を用いる業種では比較的に多い傾向」とも見れます。

ただ通常にある運転業務と比べ、深箱ダンプでの業務の場合は「どちらかと言えば汚れ物を扱う機会が多い」事からもその様な「業種に対してのイメージに抵抗が無ければ」女性ドライバーとしての活躍は十分に可能でありますよ!

 

深箱ダンプ運転手になるには

 

深箱ダンプ運転手としての業種の大半は産廃廃棄物を取り扱うカテゴリーであり、これは一般的に稼働されてるダンプ運転手の土砂運搬業務と同じ業務形態ともされてます。

操作性においても土砂運搬に用いられる車両と構造上からの類似性が多く、”いきなり深箱ダンプへの挑戦” は少々の無理もありますが「基本的な理屈」を理解しておれば何ら難しくはありません。

つまり通常にある「ダンプカーでの業務スキル」、もしくは「ある程度の研修」を設けて貰える機会があれば「誰でも深箱ダンプ運転手としての業務に就くことは可能」という事でありあます。

 

深箱ダンプ運転手のきつさや仕事内容に関しては実際に働いていたドライバーがこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗深箱ダンプドライバーはきつい?必要な資格や仕事内容、辞めたい理由とは!

 

深箱ダンプの志望動機の書き方や面接のポイント

 

深箱ダンプの場合では積み荷の種類(廃プラ・金属類や木片チップ)によっては仕事内容や、それらに付帯してくる作業においても細かな部分で異なってきます。

志望動機としての内容も「それぞれに在る会社の仕事内容から細かな特徴」までをしっかりと把握しながらまとめ、それを「自分流にシミュレート」していけば自ずと答えも出てきます。

つまり面接においても、そこから「求められる人材としての価値」を自身で作り上げる事が重要なポイントでもあるのです。

 

まとめ

 

「通称:深箱ダンプ」と呼ばれる車両を用いた運転業務…

現に多くの女性らが進出しつつある業種だけに男尊女卑も無く、収入・仕事内容と充実しております。

ただ深箱ダンプでの付帯作業においては「どのダンプ仕事にも無い独特のキツさ(扱う産廃物によっては悪臭がキツイ)」も否めませんが、そこは仕事自体に対して如何に好きでいられるかで自身がクリア出来るものだと私は思います。

人間「慣れないものには常に抵抗」を持つものです。

しかしその「慣れこそが人間最大の強み」とも言えますよね!

タイトルとURLをコピーしました