トラック運転手の派遣は禁止って本当?給料はどれくらい稼げるの?

運送業/物流/倉庫

 

日常でトラック運転手さんをよく見ますよね。

トラックと一言で言ってもかなり種類のトラックがあり、それぞれ色々な物を運んで活躍しています。

トラックの数だけその運転手さんがいて、その運転手さんとトラックのおかげで、私たちの生活は便利になっています。

そんなトラック運転手さんですが、たくさんの運転手さんがいますが、果たしてみんながみんな社員さんなのか?

今回はトラック運転手に派遣はあるのか、禁止されているのは本当か、給料は稼げるのかについて説明していきます。

 

 

トラック運転手の派遣は禁止?

 

街でよく見かけるトラック運転手さんですが、みんながみんな正社員とは限りません。

先に答えをいいますが、派遣は禁止ではありません。

なので、街中で走っているトラックの運転手さんは派遣の運転手さんかもしれませんね!

あなたがトラックの運転手さんに興味があるけど、いきなり正社員だと…と思うようであれば、まずは派遣からでもいいのでないでしょうか?

個人的な意見ですが、今は昔とは違い選べる自由が増えています。

派遣から正社員になれる会社もいくつもあります。

興味があるようでしたら、ぜひまずは派遣から運転手さんを目指してみてください!

 

トラック運転手の派遣の給料はどれくらい?

 

給料は地域や、乗るトラックで変わってきますが、

給料は18万~25万円くらいが調べてみたところの相場だと思います

他の業種の派遣と比べると高いのかなぁと私は感じました。

あくまでも上記の金額は相場なので、もっと高いところもあれば、反対に安くなってしまう所もあります。

正社員だとある程度勤務先を決められてしまいますが、派遣の場合は比較的自由がきくので、派遣会社を選ぶときに、自分の要望の会社を見つけることで求めている給料に近づくことも出来ます。

 

トラック運転手の派遣はぶっちゃけ稼げる?

 

感じ方は人それぞれかもしれませんが、私は稼げるほうだと思います。

しかし、社員と比べると稼ぎはどうしても少なくなります。

社員さんだと、トラックの種類や運ぶ時間帯など、それぞれにつき手当が付くこともあります。

しかし、派遣の場合はいい意味でも、ある程度の制限がかけられているので、残業などのものがないので、その点の手当てが付かず社員さんと比べた場合、給料は下がります。

しかし、先ほども言ったように違う業種の派遣さんと比べれば稼げる方だと思いますよ!

 

トラック運転手の派遣のメリットは何?

 

メリットは先ほども少し触れましたが、派遣の人は社員の方とは違い、拘束時間などの制限があります。

なので、残業などは基本的にないので、仕事とプライベートの両立や、仕事後の計画が立てやすいでしょう。

それに、人間関係に悩みがちな人や、あまりコミュニケーションを取れない方は、社員ほどの横や縦のつながりが薄い分、その点は楽に感じる人もいるのではないでしょうか?

あとは好きな場所で働けるという点もメリットではないでしょうか。

社員になればほとんどの人がそこの場所で長年仕事をします。

しかし、派遣の場合はある程度の期間で区切られるので、色んな場所でお仕事が出来ます。

トラックの運転手のお仕事は基本的には運転なので、場所が変わってもやることは似ているので、その点もスムーズに次に行けます。

仮に嫌な場所に配属されたとしてもすぐにお別れも出来るので、心に余裕も出来ることなどがメリットでしょう。

 

トラック運転手の派遣のデメリットは?

 

デメリットは稼ぎたい人にとっては、区切りが邪魔をしてくるので、自分の思う収入を得られないかもしれません。

それに派遣でボーナスが出るところ、出ないところもあるので、派遣先でも差が出ることもあるかもしれません。

また、社員と派遣さんでは待遇が違うことが多いので、同じ仕事をしているようでも何かしらの不満を感じるかもしれませんね。

それに、派遣で仕事を続けるには、区切りの段階で次の契約をしてもらえるか、もらえないかで、働ける、働けないに直結してきます。

それを考えながら働かないといけないのは少しストレスや、不安を感じるかもしれませんね。

そういったところがデメリットになるでしょう!

 

さいごに

 

トラック運転手さんは今かなり人手不足の職種になっており、どこの会社も今すぐにでも、人が欲しいくらいです。

買い物の多くがネットでの買いものになっていますが、それを可能にしているのがトラックの運転手さんと言っても過言ではありません。

私たちが何気なくネットで購入するものも、それらを配達予定日などに運んでくれるのがトラックの運転手さんです。

荷物だけではありません!

トラックで工事道具や、時には動物なども運んだりします。

私たちの生活を支えてくれている縁の下の力持ちと言っていいでしょう。

これだけ色々なものを今後も、まだまだ運ぶと考えるとやはり人がどれだけいても足りないのがトラック業界の現状です。

運転手さんの高齢化も進みんで、ドライバーさんの人手不足はますます

問題化されていますが、それを阻止するためいい環境も整えられています。

なので、あなたが少しでもトラックの運転手さんに興味があるのであればぜひ前向きに検討してみてください。

ちなみに、普通運転免許は最低でも持っていた方がいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました