宅配ドライバーはきつい?必要な資格や仕事内容、給料や年収はいくら?

宅配ドライバーはきつい 運送業/物流/倉庫

 

近年、宅配ドライバーはAmazonなどネット販売の需要が増えて人手不足の業界です。

皆さんはドライバーという職業について「重労働」「家に帰れない」「拘束時間が長い」といったイメージを持たれていませんか?

それらのイメージの殆どが長距離ドライバーのイメージからきていて、実は宅配ドライバーは毎日家に帰れています。

知っている方もいるかもしれませんが、知らない人の方が多いような気もするので、今回は宅配ドライバーの実態を詳しく解説していきたいと思います。

気になる収入などについても解説していきますので、是非参考にしてください。

 

宅配ドライバーの仕事内容とは

 

本来なら宅配ドライバーとは個人宅に荷物を届けるお仕事です。

しかし、運送業界では宅配ドライバーといってもそれだけを指しません。

例えば大手運送会社の宅配ドライバーといえば、「宅配+企業+工場」などの配達も一緒にこなしますし、集荷も同時に行う場合もあります。

一般的に集配ドライバーとまとめられて呼ばれる事がありますが、大手運送会社の中では宅配の荷物を外部に委託する場合があり、ほとんどが軽自動車や1t車のドライバーさんが配達します。

宅配を専門でやられる人の特徴として車両が小さい事があげられます。

集配ドライバーと宅配ドライバーの違いは車両の大きさと集荷業務の多さぐらいで、配達に関してはそこまでの違いはありません。

 

宅配ドライバーに必要な資格や免許は

 

必要になる免許は乗る車のサイズで変わります。

大手会社の場合だと、企業の配達と個人宅の配達を同じに行う場合もあるので、仕事の内容によっては準中型、中型免許が必要になります。

しかし、軽自動車や1t車などので配達を行う会社もあるので入社時にどの車両の免許が必要になるかを必ず聞いてください。

殆どの場合は募集などの記事に記載されています。

 

宅配ドライバーはきつい?

 

宅配ドライバーも朝早い出勤時間になり、帰宅時間も繁忙期、物量の多い日などは遅くなります。

そして、配達先に個人宅なのどがある場合は日中不在のことが多く、夕方や夜に再配達しなくてはならず、その回数次第では帰宅時間はドンドン伸びていきます。

重量物をそこまで運ぶことはありませんが、長時間の拘束や運転などで体力は消耗していきます。

運転は長時間すると大変に疲れます。

それが毎日続くと体力にある程度自身がないとキツく感じるかもしれません。

 

宅配ドライバーの給料や年収とは

 

平均年収 380万円

平均月収 30万円程

宅配業務で長距離移動をする事はありません。

基本は近場の配達となります。

もしこれ以上収入を上げたいのであれば、車の持ち込みなどの方法もあります。

一般的には認知されている軽急便のような軽貨物で配達を行い、歩合にしてもらえればさらに収入をあげる事は可能です。

但し、持ち込みの場合はかかる経費は全て実費になる事と、休日も思うように取ることができない事を頭に入れておいた方がいいでしょう。

そこまで収入を上げる事に興味のない人は会社員としての勤務をお勧めします。

 

集配ドライバーの仕事内容や給料、年収に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗集配ドライバーはきつい?仕事内容や給料、年収を暴露!

 

宅配ドライバーに向いてる人、向いていない人

 

宅配業務に向いている人は【体質】【性格】の2つからみるとわかりやすいかもしれません。

 

【体質】

夏は暑く、冬は寒い。

ドライバーは外仕事なので当然なのですが、時間がなければ休憩も中々とれない事もあります。

それに耐える体が必要なわけです。

中には、雨に濡れたくない人、運転をすると異常に疲れる人もいます。

この内容に問題のない人は向いています。

 

【性格】

「せっかちな人」「マイペースな人」

宅配の平均移動時間は5~10分ぐらいなんです。

つまり、乗ったり降りたりが異常に早いわけです。

「せっかちな人」は待つ事が苦手なので、配達のペースが早い宅配は向いています。

長距離、中距離ドライバーは荷下ろし場で何十分、何時間待機は当たり前ですので。

「マイペースな人」は、時間が無かろうが荷物の量が多かろうが、自分の能力を理解しているので決して慌てません。

周りに左右されない心の持ち主は向いていると思います。

会社からのプレッシャーとかも普通にありますから。

この内容に問題なければ向いています。

 

宅配ドライバーを辞めたい原因は?

 

拘束時間が長く、それに見合っただけの収入ではないと感じて、辞められる人が多いです。

毎日家に帰れる仕事ですが、拘束時間が長く家に帰っても寝るだけの生活!というような会社もあるのも事実です。

大手運送会社は働き方改革と銘打って労働環境の改善に取り組んでいますが、忘れてはいけないのが、運送会社の多くが零細企業です。

まだまだ、末端の方には労働環境改善の波は届いていないのです。

 

まとめ

 

トラック業界の中でもドライバーの数が多いジャンルの宅配ドライバー。

その仕事内容は、企業や店舗、個人の家に荷物を配達する仕事です。

毎日家に帰れる仕事ですが、拘束時間は長くなりやすく繁忙期などは毎日帰宅時間が遅くなってしまう場合もあります。

しかし、どこの会社も人手不足から未経験者を採用してくれるので、始めやすい職業でもあります。

タイトルとURLをコピーしました