第一貨物の給料明細とは!仕事がきついって本当?ドライバーの給料や年収、口コミ評判を徹底解説

スポンサーリンク
第一貨物 運送業/物流/倉庫

 

第一貨物ドライバーの給料は約22万円~25万円です。

他の企業に比べると低いように感じます。

では第一貨物とはどのような会社でどのような仕事をしているのでしょうか。

そこで今回は第一貨物ドライバーの収入や評判、仕事内容について解説していきます。

 

第一貨物はどんな会社

 

まず最初に第一貨物とは、どのような会社なのでしょうか。

ここでは第一貨物について紹介します。

 

1.会社概要

 

商号 第一貨物 株式会社

本社所在地 山形県山形市諏訪町2丁目1-20

設立 1941年(昭和16年)3月15日

資本金 1億円

売上高 706億39百万円(2021年3月期)

従業員数 4,385名(2021年3月末現在)

事業所数 68ヶ所

 

2.所有車両台数

 

全国68ヶ所で、第一貨物の車両台数は約4000台以上トラックがあります。

第一貨物では全国8か所に自社整備工場を全国8か所に持っています。

日々所領が十分に発揮できるように整備・保全を行っています。

 

3.事業内容

 

・貨物自動車運送事業

・貨物利用運送事業

・物流システムの設計や運用及び管理委託に関する事業

・航空運送代理店業

・通関業

・倉庫業

・労働者派遣事業

・荷造梱包業

・警備業

・情報処理サービス業

・不動産賃貸業

・食料品や衣料品や日用雑貨及びこれに関する物品の販売業

などです。

 

第一貨物ドライバーの給料や年収とは

 

ドライバーの種類によって給料や年収が違います。

ここでは、各ドライバーの給料や年収について紹介します。

<給料>

・ドライバー:約24万円

・配送ドライバー:約24.8万円

・5tドライバー:約24万円

・中型ドライバー:約23.5万円

・大型ドライバー:約27.1万円

<年収>

・ドライバー:約320万円

・配送ドライバー:約340万円

・5tドライバー:約320万円

・中型ドライバー:約320万円

・大型ドライバー:約360万円

※完全歩合制なので仕事量などで変わってきます。

参考程度にしておいて下さい。

◎給料制度

 

給料は歩合制です。

基本給は低く賞与も少ないです。

新卒入社社員には会社がアパートを借り上げ社宅として用意してくれます。

光熱費込みで家賃負担は3000円のみなのでお金は貯めやすいです。

「財形貯蓄制度」や「確定拠出年金制度」や「退職金制度」もあり福利厚生は充実しています。

◎評価制度

日々の配達や集荷件数や荷物の容積によって加算された点数によって歩合が決まります。

各点数は事務所のパソコンで確認できますが、点数の基準が明確でないのでどれだけの金額が反映されているのかは不明です。

この2つの制度によって給料や年収が決まります。

完全歩合制なので、キャリアが短くても自分の頑張りしだいでは稼げるのかもしれませんね。

 

第一貨物ドライバーの給料明細

 

第一貨物ドライバーの給料明細を紹介します。

 

1.給料項目

 

支払われる項目は次の通りです。

 

・基本給

・時間外手当

・役職手当

・資格手当

・住宅手当

・家族手当

・通勤手当

・その他手当

 

2.給料明細

 

ここでは管理部門の方の給料明細を参考までに紹介します。

※残業時間は60時間で計算しています。

基本給    時間外手当   役職手当
150,000円   30,000円     0円

資格手当    住宅手当   家族手当
   0円   30,000円     0円

通勤手当    その他手当    合計
0円      10,000円    220,000円

 

ドライバーの場合は基本給に資格手当や歩合給が加算されます。

それに加えて時間外手当や住宅手当などが支給されます。

私の知り合いでドライバー職の人が何人かいますが、聞いてみると「資格手当」は会社によって基準が違う様です。

ドライバーなので「普通自動車免許」を取得しているだけで手当てが出たり、「運行管理者」の様な難しい資格のみしか手当が出ないという会社があります。

私の経験上、資格手当は求人票や募集面接などで内容を確認する事をオススメします。

 

第一貨物の給料は安い?

 

第一貨物の給料は月15万~20万円となっています。

年収にして約250万~300万円となっており、賞与は年二回で1回につき20万~40万円となっています。

一般的な物流ドライバーと比較すると、年収は350万~500万円となっており、給料は25万~30万円となっています。

賞与は年2~3回で1回につき30万~50万円となっています。

このように比較してみると、第一貨物の給料は、かなり安いことがわかりますね。

 

第一貨物のボーナスはいくら?

 

第一貨物のボーナスは年二回で1回につき20万~40万円となっています。

比べて一般的な物流企業のドライバーのボーナスは、年2~3回で1回につき30万~50万円となっています。

ボーナスとしては比較的第一貨物のほうがやすくなっていますが、年収や給料面でも第一貨物は安いことも判明しているので、第一貨物は全体的に給料やボーナスが安い会社と言えます。

 

第一貨物ドライバーの仕事はきつい?

 

第一貨物の仕事はキツイのでしょうか。

ここでは、仕事内容や実際に働いている方の意見などを紹介します。

 

ただ使命感のみで働いている感じ、これがない人は長く務めるのは厳しい。

・運送業にしては休みがきちんと貰えます。福利厚生がしっかりしていて昇給もあります。

運行ドライバーは、集配ドライバーに比べて辞める人が少ない。

・集配業務は、集配だけでなく集貨やセールスなど色々な仕事がある。キツイというよりやりがいを感じる

・完全週休2日制となり、体への負担がかなり軽減された。有休もとりやすい環境で休日はリラックスが出来る

 

などの意見がありました。

仕事への感じ方には個人差があるので参考程度にしておいて下さい。

 

第一貨物ドライバーを辞めたい人の理由とは

 

仕事がきついだけでなく様々な理由で会社を辞めたいと考えている人がいます。

その理由について紹介します。

 

・求人票に内容と実際に働いている内容が全く違い、会社が信用できなくなった。

・求人票の給料額と実際の給料の額が違い過ぎていた。これでは生活設計が出来ないと思い退職した。

・仕事の教え方や初心者に対しての躾の仕方が最低。この会社は自分に向いていないと判断し、退職した。

・給料が労働時間に対して見合わないし、少なすぎる。特に入社して何年かは歩合が余り発生しないので、労働意欲が無くなり退職した。

・人間関係が上手くいかないので退職した。特に事業所内での上司は自分には合わなかった。

 

などの理由がありました。

これらは実際に退職された方の本音の退職理由です。

実際に退職する時は、自分の本音を言える方は少ないのではないでしょうか。

自分も配送ドライバーを退職した時は「家庭の事情で退職」と会社側には伝えましたが、本音は上記の理由の中の「上司と合わない」でした。

この退職理由は事業所や配属先などで違うので、参考程度にしておいて下さい。

 

第一貨物ドライバーのリアルな口コミや評判について

 

ここでは実際に働いている方のリアルな口コミなどを紹介します。

<福利厚生>

・福利厚生はしっかりしている。確定拠出年金や自動車保険や生命保険などは団体扱いで加入できるので給料引きとされ、後から出費することが無く給料自体は扱いやすい。

・住宅補助が少しですがあり借り上げ社宅や寮などが有るので若い人には便利です。しかし自宅から遠いところ離れた場所の人でないと社宅や寮は借りられない印象がある。

 

<給料について>

・勤続年越えても基本給が8万円しかありません。残業代や各種手当、歩合などを含めても手取りが20万円前後です。2月やゴールデンウイークなど稼働日は少ない月は手取りが17万円前後の時がある。

・給料は歩合制なので基本給が他の運送業に比べて低いです。配送コースによっては良いコースと悪いコースがあり、悪いコースに当たると件数が少なく歩合が低くなる。

 

<働き方について>

・勤務時間は運送業なので長くなるのは仕方ないですが、集貨から速く帰ってくる人と遅く帰ってくる人の差が激しすぎる。

また自分の仕事が早く終わってもグループの中の人を待っておかないといけないので残業が増える。しかし残業しないと給料が増えない。複雑な心境です。

・完全週休2日なので体力的には余裕がある。給料は低めですが休日がきちんとしているので、我慢が出来る。

 

以上の様なリアルな口コミがありました。

私が配送をしていた頃は、上記の口コミ同様に勤務時間が長かったです。

またグループ全員が揃うまで、自分の仕事が終わっても待っておかなければいけませんでした。

運送業は、上記の口コミの様な事が多いのかもしれませんね。

上記の口コミは、運送業でも会社によって違うので参考程度にしておいて下さい。

 

まとめ

 

今回は第一貨物について紹介しました。

第一貨物の給料は他の運送業に比べると低いようです。

集配業務の場合、給料は完全歩合制なので自分の頑張り具合では給料を増やすことが出来ます。

今回の記事のポイントは「仕事内容」です。

第一貨物の就職を考えている方は、この記事を参考にチャレンジしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました