2トントラック運転手は給料安い?必要な免許や年収、仕事はきつい?

2トントラック給料安い 運送業/物流/倉庫

 

配送業界は人材不足と言われております。

特に、近年ではインターネットの発達によって物量が増加しています。

人手が厳しい業界ですが仕事の需要が高く将来性がある業界です。

重要な仕事になること間違いなしの業界の給料や仕事内容についてご紹介していきます。

場合によっては普通免許で運転することもできます(免許取得日によって異なる)。

トラックのなかでは小型で扱いやすい乗り物です。

 

2トントラック運転手の仕事内容や1日の流れ

 

2トントラックといっても担当する役割によって1日の流れが異なります。

例えば、短距離トラック運転手・ルート配送・中距離配送など役割によって始業が異なります。

今回は、身近な「ルート配送」についてご紹介します。

 

7:00 出社

⇒ アルコール検査を行って、朝礼開始。

 時間にタイトになる為、配送順などを確認して荷物を積み込むます。

 

7:30 配送出発

⇒ ルート配送はただ配送するだけでなく、顔なじみの取引先に対してコミュニケーションを意識し  ます。

  円滑に配送するテクニックの一つにもなります。

  また、関係性を築くことで働き方が大きく変わります。

 

12:00 昼食

⇒ 基本的に外食で済ますことが多いです。

 中には、トラックで済ませる場合もあります。

 時間の都合にもよります。

 ただ、事務所に帰って昼食を取ることはほとんどありません。

 二度手間になりますので、外食がほとんどです。

 

13:00 配送出発

⇒ 昼食時間は1時間の会社がほとんどです。

 近年では、コンプライアンス遵守を求められているので基本的に休憩はしっかりと取ります。

 しかしながら、繁忙期などは昼食の時間を削ることはしばしばあります。

 物量や交通状況によって異なります。

 

16:00 帰社(伝票整理)

⇒ ルート配送が終了すると帰社して伝票整理を行います。

 ルート配送の場合は、伝票処理など事務作業までが仕事です。

 

18:00 就業

⇒ 残業もほとんどありませんので、決まった時間に帰宅できます。

 繁忙期などは残業はありますが、基本的には残業がない職業です。

 

2トントラック運転手の仕事はきつい?

 

トラック運転手のなかでは、比較的勤務時間が安定しています。

そのため、負担をあまり感じない人が多くいます。

しかしながら、配送商品や会社によっては荷下ろしや荷積みを行う必要がありますので、肉体的疲労はあります。

勤務形態は、会社にもよりますが、基本的に日中がほとんどです。

深夜走行など少ないこともメリットと感じる人がいます。

そのため、生活のリズムを崩さず生活できるメリットがあります。

こういったことを踏まえると、大型トラック運転手よりも負担が少ない仕事です。

 

2トントラック運転手に必要な資格や免許は

 

少し複雑ですので、自分の免許証を見ながら確認することをおすすめします。

違反にも繋がりますので注意が必要です。

まず、普通免許で2tトラックを運転できる人がいます。

その方は、2019年3月11日以前に普通免許を取得した方です。

この方は、問題なく運転することができます。

しかしながら、同年3月12日以降に普通免許を取得した方は、2tトラックを運転することができません。

必要な免許は「準中型免許」です。

最大積載量が4.5t未満のトラックを運転可能となります。

免許が異なりますので、自分が働く企業や募集要項を正しく見ることが求められます。

トラックを運転できるということは、就職や転職で有利に働きますので、2tトラックを運転できることに越したことはありません。

また、資格は特に必要はありません。

安全に運転できるスキルがあればトラックを運転することができます。

 

4トントラックに必要な資格や仕事内容に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗4トントラック運転手の仕事はきつい?必要な資格や仕事内容、辞めたい理由とは!

 

2トントラック運転手の給料や年収はいくら?

 

トラック運転手の給料は、トラックの種類や配送距離によって高くなる傾向があります。

しかしながら、2tトラックは小型トラックに分類されることもあり、トラック運転手の中ではやや低い設定となっています。

平均年収300~400万円です。

小型トラックでも長距離運転を要する会社は高い可能性もあります。

近年は、大型トラック運転手を確保することが困難ということで小型トラックを使い配送をするケースもあります。

そういった場合は、年収が高くなることがあります。

会社によれば大型免許補助制度などもありますので、昇格することもできます。

会社に勤めてから大型免許を取得することも可能であり、年収をアップさせることは簡単です。

 

2トントラック運転手の給料は安い?

 

安いことは間違いありません。

中型や大型トラックを運転する人よりも安いことがほとんどです。

しかし、荷下ろしや荷積みなどの負担が少なく済むメリットもあります。

また、配送する商品によっても給料が異なりますので、参考程度とお考えください。

決して、小型トラックだから給料が安いと断言できるわけではありません。

 

2トントラック運転手の口コミや評判は

 

トラック運転手の評判は極端に分かれます。

その理由は、企業体質を問われるからです。

福利厚生・コンプライアンス遵守など徹底的にされている企業では評判は悪くありません。

しかし、配送業界のほとんどが中小企業です。

大手企業と比べるとブラック企業と感じることも多く口コミでは2つに分かれています。

しかしながら、トラック運転手の需要は高く将来性も高い職種になります。

高度な運転技術を求められますので人柄を重視されます。

 

まとめ

 

2tトラックはトラックの種類のなかで最小であり、比較的給料が低い設定をされています。

しかしながら、ルート配送・短距離配送・長距離配送など自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができます。

生活リズムを崩さないで働けることもメリットです。

平均年収など企業によって異なります。

特に配送業界のほとんどは中小企業になりますので、福利厚生などは事前にリサーチする必要があります。

ECの発達により将来性が高い業界でもあります。

タイトルとURLをコピーしました